敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表、と言ってもたった一人。敏腕演劇プロデューサー目指し、観劇評や日々の生活で気になったことを綴ります。

どこにでもいる

2018年06月09日 | 制作公演関連
「どこにでもいるね」
ある人は驚き、ある人は呆れ顔で
劇場の受付に立つ僕に言う。

フリーの演劇制作者だから、
それは当然なのだけれども

例えば先般の俳優座の稽古場公演は、
なるほど専属の制作部がある所ゆえ
外部の制作は違和感があったかも?

で今日「も」レアケース。

月に一度のロングランを続ける
『ROSE』がシアターΧでの
49回目の上演を昼にロビーにて。

(この数はシアターΧでの公演のみ。
ブレヒトの芝居小屋での初演、
大阪公演を含めると55ステージ目)



夜はM.B.E.プロジェクトが、
十月の末にこの劇場で上演する
『喪服の似合うエレクトラ』の
プレ企画として、作者オニールの
短編を紹介するシリーズ第一弾を
独特の雰囲気を持つロビーで。

その二作品ともに制作で参加する。
それぞれ別のプロダクションだから
キャスト・スタッフともに、僕以外
総入替になる……不思議な体験。



とかゆ~てるうちに。
14時開演の一人芝居は終わった。
19時開演の『The Rope』に向け
今、ロビーでぽつねんと独り。
のんびりと準備でもするか……。

準備といえば、ここに来て、
4バックに戻し、スイスに挑んだ
西野ジャパンのそれは「呑気」
というより「迷走」?

勿論、3バックはオプションの一つ。
合宿で試しただけで「それで行く!」
なんて明言はしていない、確かに。
だけどさ、そんな余裕はない。
まったくないんだってばさ!

いかん、いかん。
愚痴りたかったわけじゃない。
そもそも。
世界ランク6位に敵うはずがない。

マスコミは西野Jに苦言を呈しつつ、
商売柄、視聴率や購買数も考慮し、
過去にも本大会前に連敗を重ねたが
決勝トーナメントに進んだ!
などなどデータを示して、
庶民の関心を途切れさせない工夫に
余念がなかったりもする。



攻撃時のチャンス、守備でのピンチ、
そのどちらの局面にも必ずいる選手を
「どこにでも顔を出す」と表する。
このタイプが仕事をするチームは強…
いや勝つことができる

今朝の試合のスタメンでいえば、
その期待が出来そうなのは
大島僚太くらいか?

そんなプレーヤーの出現に
一縷の望みを託すしかない。

ワールド杯開幕まで、なんと
一週間を切っている・・・


※最後の写真は、シアターΧのある
複合ビルの内庭のオブジェ。
旧国技館のあった場所ということで
「まわし」のイメージ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« NIPPAN | トップ | 『喪服~』のプレイベント1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

制作公演関連」カテゴリの最新記事