敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表。敏腕演劇プロデューサー目指し、長らくフリーで活動。2018年11月から修業の場を俳優座に置いた。

宇井さん、さようなら

2019年06月10日 | Weblog
「あれ、Tシャツじゃないの?」
宇井さんを、からかったのは
新婦の父・さだまさし氏。

宇井さんは「会う人会う人に
言われちゃったよ~」と
いつものニコニコ顔で言った。

ゴスペラーズの北山陽一氏、
ピアニストの佐田詠夢氏の
結婚披露宴でのエピソード。
だから四年と少し前の話だ。

そうそう。
宇井さんはいつもラフな服装。
若い役者にもラフに付き合い、
けれど、とても厳しくもあった。



J-Theater主宰の小林拓生氏から、
『風に立つライオン』を
舞台化したいと聞き、まず
「著作権取れるの?」と答えた。

敬愛するまっさんの、しかも
名作『~ライオン』である。
やりたいのは言うまでもない…。

そして「宇井孝司」と出会った。
冒頭の逸話からさらに一年以上
時計の針を戻さねばならない。

さだ家と親交のあった宇井さんが
あっけなく上演許可を得てくれ、
自らが構成・演出を務めた公演は、
上品かつ熱量の高い朗読劇に仕上がり、
とても高い評価を得た。
2014年12月、下北沢の「楽園」。



その後も『東京スタンピード』や
音楽朗読劇集『希望』などで
制作としてご一緒させて戴いた。

劇場以外でも、打ち合わせを兼ね、
拓生さんと三人で酒を酌み交わせば、
必ずや「次はあれをやろう!」と
盛り上がったのは決まって安い居酒屋。

その小林氏からのメールは、
宇井さんが前日に倒れ、
予断を許さない、と6月1日に。
我々には祈るほか手がなかった。

【人気アニメ『タッチ』の演出や
『ジャングル大帝』監督・脚本を
手掛けたアニメーション映画監督の
宇井孝司(うい・たかし)さんが、
5日午後3時2分に死去した。57歳。
家族が宇井さんのSNSを通じて発表】
(スポニチアネックスより)

常に紳士的でありながら、
平和について等、譲れないものには
断固引かなかった宇井さんだから、
志半ばで天に召されることに
抗った120時間超だった。

「(前略)兄の言葉を借りると、
人の希望(のぞみ)の美しさを
信じ抜いた、人生だったのではないか
と思います」と、前述のSNSに
遺族が綴った通りの一生・・・。



手塚治虫氏の右腕として活躍し、
前述のほか『葉っぱのフレディ』等、
代表作にアニメ作品が多い宇井さん。
けれども。
実写映画の監督、オペラや音楽劇の演出、
さらには我々演劇人ともタッグを組み、
そして、それらを横断融合した
独自の世界観を創りあげた
稀有な存在だったことを、
私たち知るものは声をあげたい。
もっと、もっと。

8日通夜、9日告別式。
仕事で東京を離れていて、
両日とも不義理をした。

そして今日の東京は涙雨。

式の前の6日に川口の斎場で
お別れ。その日は快晴で、
夕暮れも美しかった・・・。

さようなら、宇井さん。


コメント   この記事についてブログを書く
« 北へんろ帰京 | トップ | 平和交響曲 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事