敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表、と言ってもたった一人。敏腕演劇プロデューサー目指し、観劇評や日々の生活で気になったことを綴ります。

小さな窓から覗く秋空が薄い青。

2018年10月31日 | 制作公演関連
日韓演劇交流センター主催
「韓国現代戯曲ドラマリーディング
vol.9」のオーディションは、
九回目にして初めて、参宮橋の
国立オリンピックセンターにて。

とはいえ、vol.5からの参加。
かつ今回は「制作」として
関わることができないのだが、
今日だけお手伝いにきた次第。



さて。
毎回思うのだが、俳優は無数だと。
今回も、初めて出会う役者多数。
オーディションでの佇まいも
百者百様だ(実際は延べ87人)

来年1月23~27日、座・高円寺1で
上演の三編と演出は・・・

『少年Bの住む家』大澤遊、
『刺客列伝』川口典成、
『黄色い封筒』中野志朗。

・・・演出の進め方も三者三様。

大澤はシアターゲーム型。
身体を動かし、絵本を使った
ディベートも組み込んだ。
川口はオーソドックスに読み主体。
それについてサジェストはなし。
中野は読みに細かく戯曲解釈を
割り込ませながら進めた。



あ、そうそう。
窓から差し込む秋の日射しに
照らされる役者を見つめつつ
〈巧いなぁ…、でも刺さらないな~〉
〈下手なんだけど、何だか魅力的〉
さらには〈芝居、好きなんだな~
ただ演じる側じゃなく、演出部で
力はむしろ発揮されるなぁ〉
等々、心密かに思ったりした。

それから。
アトランダムに組み合わされる
初めての役者の読み合わせで、
抜群のフィット感を醸す時がある。
ほんと、たまにだけれど、
とても「メッケモノ」をした気に……。

41Rには、グランドピアノが一台。
広い板張りの部屋は天井も高く、
高い場所にある窓から副都心。
晴れた空を見ることができた。

ま、10時から始まり、
終わりは19時だったから
途中から夜景に変わったけれど。

以上。
10月29日にしたためたけれど
PC不具合により、やっとアップ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« JJCとMBEの千秋楽 | トップ | 大きな窓から刺さるのは何色... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

制作公演関連」カテゴリの最新記事