敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表。敏腕演劇プロデューサー目指し、長らくフリーで活動。2018年11月から修業の場を俳優座に置いた。

カミノヒダリテ シャシンカン

2022年01月16日 | 俳優座

 

オミクロンが猛烈に背後から迫り来て、

週末は当日にキャンセルされる方もいらした

劇団俳優座No.349『カミノヒダリテ』

(作/ロバート・アスキンス

翻訳・演出/田中壮太郎)

キャンセル待ちのお客様もいらしたので

結果、何とか観劇を希望された方にはお入りいただけた

劇団俳優座No.349『カミノヒダリテ』

(時/2022年1月7日~16日

於/劇団俳優座5階稽古場)は

無事に千秋楽を迎えることができました。

 

以下5人の出演者たちです(撮影/小林万里)

 

グレッグ(教会の牧師)・・・渡辺聡

マージェリー(パペット教室の先生)・・・福原まゆみ

 

ジェイソン(その息子。教室の生徒)・・・森山智寛

 

ジェシカ(教室の生徒)・・・後藤佑里奈

 

ティモシー(教室の生徒)・・・小泉将臣

 

14日のアフターイベントでも語られたが、

俳優座での上演が憚られるレパートリーだったが、

観る側の懐が深く、野心作は客席にしっかり届きました。

 

そのあたりを大変見事にまとめていただいた文章を以下拝借↓↓

俳優座『カミノヒダリテ』、タイロン君を愛おしく感じてしまった話|中本千晶|note

↑↑文筆家・中本千晶さんのnoteです。

 

御来場いただいた方々、応援いただいた方々に

改めて御礼申し上げます。

・・・劇中は「汚い言葉」の嵐でしたがブログでは継承せずに。

 

18,19日は『戦争とは……2021』

20日からは次回作の稽古初日。

 


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« カミノヒダリテ カンバイオ... | トップ | 通勤電車 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿