敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表。敏腕演劇プロデューサー目指し、長らくフリーで活動。2018年11月から修業の場を俳優座に置いた。

駅伝三昧の年末年初に、ふと

2018年12月30日 | スポーツ
元日のニューイヤー、二日三日の箱根
……と毎年駅伝を楽しむ私だが、
今日、富士山女子駅伝をテレビ観戦。

年末年始に「駅伝三昧」が拡大。



箱根五連覇のかかる青学の上を行く
富士山六連覇が掛かった立命館。

2016年11月3日の弊ブログに
詳しく書いたけれど「富士山」は
「全日本大学女子選抜駅伝」が
正式名称で、04年埼玉開催で産声。
07年茨城に舞台を移したあと、
10年から三年間休止の憂き目。
富士の裾野を舞台に復活した
2013年から負け知らずだった
絶対女王・立命を阻んだのは、
全日本を制した名城だった。

昨年「杜の都」では頂点に立つも
師走の選抜で苦杯を舐めた
「東海の臙脂」が悲願の二冠達成

最終区の山登りに超ド級新人
高松ムセンビを置く万全の布陣。
一区から三区のトップを、
大学選抜チームが奪う展開で
思わず画面に「おいおい」と
突っ込みたくなるレースだったが、
四区で先頭に立つや貫禄の大会新。


この流れ。
青学の連覇ストップの予兆なのか、
三冠達成の目なのか。……てか、
関連させる必然はないのだが。


ひとつ補足。
「京の臙脂」は富士で無敗だった上、
過去十二回で敗れたのは09年のみの
驚異的な強さを誇っていたのだ。

さて、2019シーズン。
このエンジ色の二校・名城と立命に
全日本と選抜ともに二位の大東文化、
この三つ巴の戦いは、きっと熱い

我が鉄紺・東洋は「杜の都」と同じ
九位フィニッシュ。
ただ「富士山」は八位までが入賞。
トラック勝負のラストスパートで
かなり詰めたものの「一秒」届かず

来年は「一秒を削り出し」入賞だ。


そうそう、中継中。
最上級生には今大会で競技を終える
と、紹介されるオプションあり。

男子大学生のトップクラスは
概ね「陸上」で就職し競技を続ける。
女子大学生のそれは、比べて少ない。
長距離に限らず、バレー等の球技も
社会人競技における主力は高校卒だ。

     

世界経済フォーラム発表の
「ジェンダーギャップ指数」で
日本は114位だったニュースが、
ふと頭を掠めたりもした・・・。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 聖ふるさと | トップ | 2019年1月2日3時 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スポーツ」カテゴリの最新記事