敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表。敏腕演劇プロデューサー目指し、長らくフリーで活動。2018年11月から修業の場を俳優座に置いた。

憎の日、もとい29日。今年は閏年【マクベスの悲劇の宣伝7】

2020年03月01日 | 俳優座
2月20日のブログでは、
『マクベスの悲劇』関連イベントに絡み、
ソネットについて少し書いた。
いつものことながら迷走。


改めてまとめる、というより
いっそ「大辞林」から引用すれば、
【一四行から成る定型抒情詩。
 近世、イタリアに始まり、
 ルネサンス期に独仏英に広まった。
 四・四・三・三、または
 四・四・四・二と行分けし、
 技巧的な押韻をする。
 一四行詩。小曲。】となるわけだ。

で、サッカー好きからすれば
なにやらフォーメーションにも見える。
蛇足ながら。
4-4-2ならディフェンス4、
ミッドフィールド4、フォワード2。
そのミッドフィールドも
四角の場合、菱形の場合等あって…。
このへんにしておこう。



そして昨日、四年に一度の閏日。
ボードゲーム会の第二弾は、
前回同様、大いに盛り上がった。

   

Twitterというものに私は疎いけれど、
俳優座のそれに「ボドゲ関連」の
情報が多いのも、その成果だ!!


さて明日。
さらなるアピールのため、
俳優座では記者会見を開く。

単に『マクベスの悲劇』の広報に留まらず、
この時世における「文化」の役割について
訴えられたら、と。



そう。今日から三月なのだ。

魔女の予言に翻弄され血の流れる
『マクベス』ゆえ、ダークなワードを
ブログの題名にしてきたけれど、
現実があまりに暗いので、次回以降の
【マクベスの悲劇の宣伝】は、
趣向を変えて綴りたいと思います。

引き続き、宜しくお願いします。

てなわけで。
タイムセールで割引になった肉と野菜で
元気をつけて、本番に向けギアを上げる。


・・・冒頭に「迷走」と書いた。
拙文ならよいのだけれど、
政府の迷走は、本当に困ります。
記者会見では、そのあたりにも
言及することに、なるのかも・・・

コメント   この記事についてブログを書く
« 研究所31期修了公演、終了。 | トップ | ここのかとゆきとえんきと »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

俳優座」カテゴリの最新記事