敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表。敏腕演劇プロデューサー目指し、長らくフリーで活動。2018年11月から修業の場を俳優座に置いた。

昨日は八月十五日

2019年08月16日 | 身辺雑記


唐突に。
虫が苦手な方には芳しくない写真から。
家の近くの公園を囲む木々……
その樹木を護るロープで脱皮した蝉。

太い幹ではなく、不安定な場所で
短い生涯のスタートを切った蝉の、
その「波瀾」ぶりが予見される・・・

生涯といえば。
五日ほど前に、BS朝日で放送された
ザ・ドキュメント『家政婦は見た!
~女優・市原悦子の真実』という
番組を見たかったのだけれど、
生憎、我が家では視聴不可能

今年一月、惜しまれつつ逝った市原さん。
番組タイトルともなったドラマは、
「土曜ワイド劇場」の歴代最高視聴率を
記録するほどの、国民的な作品。
また『まんが日本昔ばなし』も、
その冠をいただく番組といえるだろう。

そんな昭和の名優は「俳優座」の出身。
もちろん、2018年に入った僕と
劇団での接点はないのだけれど、
人の縁とは不思議なもので、
女優・市原悦子最後の収録となった
ドラマCDの現場に、何故か僕はいた。

2014年、藤沢周平の『溟い海』に始まり、
三島由紀夫、太宰治……はたまた、
森達也、さだまさしと幅広い作品を網羅した
小林拓生主宰の「J-Theater」の舞台に
フリー時代、数多く関わらせて頂いたが、
その小林が粘り強く製作に励んだのが
『KENJI MIYAZAWA.
Galaxy Spectacle Drama CD』だった。



その水先案内人を市原さんが承諾。
音響監督、音楽監督に交じり、
プロデューサー小林の片腕の風情で
現場の隅に座っていた・・・
彼女の自宅ということもあり、
笑いもある家庭的な雰囲気と
鬼気迫る空気感があいまった、
言葉にしがたい「現場」であった。



地上波で放映されないかしら?
J-Theater常連から、怪しげな
スマホで撮った絵は観られたけれど…
やはり本編が見たかった。

8月15日の翌日。
終戦記念日ではなくお盆の意で
雑文を綴った・・・。
合掌。



コメント   この記事についてブログを書く
« 明日は八月十五日 | トップ | ふと、ターミナル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

身辺雑記」カテゴリの最新記事