敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表。敏腕演劇プロデューサー目指し、長らくフリーで活動。2018年11月から修業の場を俳優座に置いた。

しゃんじゅもん

2019年01月30日 | 身辺雑記
「平成最後の○○」が、乱発されている。
「変化感」は確かにある。
著名人の死や人気グループの解散発表など。
でも、それは毎年のことでもある…。

そんな中。
個人的に昨日、大きな転換点に遭遇した。

テレビ雑誌で、男子も「小」を座って行う。
と、聞いてから随分になるけれど、
実際、座して放尿したのは昨年だ。
友人宅のルールに渋々従った。

昨夜訪れた居酒屋は。
古い民家を改装した作りで、
二階はまさに「家」という雰囲気。
それが人気でもあるのだが……
その草臥れた男女兼用のトイレに
「男性も座って云々」とお願いが。
真面目な私は、従った。

とうとう「外」にまで新たな文化が
浸透しつつあるのだな~と感じ入った。



さて。
その宴席で出た幾つかの話題に
「ハヅキルーペ」が含まれた。

私のほかにも、俳優座の次公演である
『血のように真っ赤な夕陽』の
スタッフがいて、初日読み合わせに
ハヅキユーザーがいた、と。
「彼もそんな年になったか」
昔、俳優座に所属していた男もいて
感慨深く、ホッピーをあおる。

席には老眼になった面子も多かったし、
あの大量のコマーシャル戦略、
そして、あえて鼻につく演出で
印象づける技への感想は様々。
さらに類似品に話は移り気、
「5000円位の買ったけど使いづらく、
むしろ百均の方が良かった」と、
くだんのホッピーの先輩。

あ、すっかり説明が遅くなった。
「しゃんじゅもん」は、
それこそホッピーの当てに
合いそうな語呂でもあるが…

「changement」
フランス語の「変化」である。

中国哲学文学を齧った者としては
「変化」の中国語読みの
「bian-hua/ビエンファ」でも
良かった…

いや、日韓なんだからピョンファ
(평화)が相応しかったかな?


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 近くて遠い国が、また少し遠い | トップ | 眉のように細月の在る早朝 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

身辺雑記」カテゴリの最新記事