敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表、と言ってもたった一人。敏腕演劇プロデューサー目指し、観劇評や日々の生活で気になったことを綴ります。

殿中瓦版~忠臣蔵因和菓子

2017年02月13日 | 制作公演関連
今日はちょいと趣向をかえて
忠臣蔵に因んだ和菓子の話を。



これは「義士ようかん」。
四十七士の絵と「義」一文字の詰合せ。

新橋に大正元年に創業された
新生堂(しんしょうどう)は
浅野内匠頭が切腹した田村屋敷跡に
店があることから、上記の品のほか
餡が皮からはみ出た「切腹最中」や
「仮名手本忠臣蔵味こよみ」など
ゆかりの商品を沢山生んでいる。

「~味こよみ」、大序兜改の兜、
二段松伐りの松と、各段に因んだ
和菓子がずらり十二個並ぶ。
ん?
『仮名手本~』は全十一段。
あれれ、ひとつ多いぞ?

ほかにも「戦国姫ようかん」、
「景気上昇最中」「出世の石段」
などなどユニークなラインナップ。
\(^-^)/\(^-^)/\(^-^)/

遊戯空間『仮名手本忠臣蔵』も
新生堂に負けない「役者」の顔触れで
いよいよ木曜日に開幕です。



仕上げの為に籠っている稽古場の
最寄の駅前に立つ松尾芭蕉像。

『奥の細道』の隅田川を渡ったのは
この荒川区(南岸)なのか、
足立区(北岸/こちらにも石像あり)
なのかで論議が尽きていないそう……。

我々の旅路も、時には熱く議論し、
一場一場作り込んで佳境に!

本日は、笛、太鼓、チェロの演奏家、
照明、音響、振付と・・・揃い踏み。
まさに「総仕上げ」の通しを。

両国への討入迄、ついにあと三日。

【公演概要】

シアターΧ(両国)
二月十六日(木)六時
同月十七日(金)六時
同月十八日(土)一時
同月十九日(日)一時

一般四千五百円、学生二千五百円
全席自由

こりっち(上段PC、下段携帯)
https:// ticket.corich.jp/apply/79511/
http://ticket.corich.jp/apply/79511/

劇団info@yugikukan.com
制作携帯090-3474-7999

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SSH~祝日に小学校をはしご | トップ | 殿中瓦版~小屋入 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

制作公演関連」カテゴリの最新記事