敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表。敏腕演劇プロデューサー目指し、長らくフリーで活動。2018年11月から修業の場を俳優座に置いた。

ヘラクレス(カミスト2018/10)

2018年03月10日 | 制作公演関連
雷ストレンジャーズ『父』は
初日二日目、さらに三日目の夜
フルハウスで折り返し、
週末の今日を迎えました。

さて、弊ブログ
前回はスウェーデン談義に終始。
「私は余り詳しくない」と
書くのが精一杯でした

本当に世の中、知らないことだらけ。

タイトルの「ヘラクレス」。
それが屈強な男だとは知っています。
ギリシャ神話の英雄で、
星座にもなっていることも。

本作『父』劇中のクライマックス、
「オムファーレ、オムファーレ」
と主人公が叫ぶシーンがあります。

オムファーレ?
ヘラクレスを奴隷として買った
専横な女主人で、衣装を交換・・・
つまりは勇猛な男の半神半人が
女装して糸車を回す日々を送った
・・・そんな「伝説」を元にした
場面は、恐らく多くの日本人に
理解不能と思われます……。

ただ。
このエピソードは『父』の
根元と繋がるのであります。



金夜、土昼は以前も書いたように
「音声ガイドあり」の上演。
開場前に受付スタッフが研修
・・・は大袈裟かな? 
簡単なロールプレイを含めた
説明・・・を受けました。

目から鱗な体験になったのは
言うまでもなく、同時に
まだまだ未知の世界、多し。
と肝に銘じ、さらに思ったのは、
微力ながら広めたい活動だと。




写真はロビーに飾られた花
ともに、素敵なイラストありの祝酒。


ああ、いよいよ明日は千秋楽。
「家族」の終焉であります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« アルバ(カミスト2018/9) | トップ | トウキョウサクラトラム »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

制作公演関連」カテゴリの最新記事