敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表。敏腕演劇プロデューサー目指し、長らくフリーで活動。2018年11月から修業の場を俳優座に置いた。

とばこラスジャブまであと○日vol.1

2017年07月24日 | 制作公演関連
ジャブジャブサーキットという
劇団があります。1985年創立なので
30年を超す歴史を誇ります。
さらに98年以来、三都市巡演
(名古屋~大阪~東京)を続け、
ときには北九州、仙台、津にも
「観客の想像力を信じた関係性の構築」
を掲げた舞台を届けてきたJJC。

個性豊かな俳優がいて。
その中でも際立つ、咲田とばこが、
いよいよ第57回公演で退団する、
のだが・・・その『月読み右近の副業』
チラシ表面には気づくか気づかないか、
上品な「ギリ」でそれを謳っています。

かくいう筆者も暫く気づかなった。
勿論、老眼のせいでもあるけれど。



てなわけで。
私の次なる現場『月読み~』は
下北沢の駅前劇場にて7月28日~30日。

そうそう。
2000年に燐光群との合同公演で
ザ・スズナリに進出して以来、
下北沢といえばスズナリだったJJC
(池袋のシアターグリーン、
こまばアゴラなど東京他地域での
上演はもちらんあります……)が、
初めて駅前で打つ芝居でもあります。

かつて「平成のカリスマ占い師」
と称された右近の終の棲家に繋がる
県道が土砂崩れで孤立してしまう。

・・・これがアウトライン。

5月、七ツ寺共同スタジオ(名古屋)、
6月、ウイングフィールド(大阪)を経、
残すは東京の5ステージ!

金曜14時からの幕開き。
一部、ダブルキャストにて。

さらに詳しくは、公式HP
www,jjcoffice.comを参照ください。

今週は、ジャブの話だがや~!
コメント   この記事についてブログを書く
« スタンプラリーと判官贔屓 | トップ | 緊張ゆえか?・・・オーディ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

制作公演関連」カテゴリの最新記事