敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表。敏腕演劇プロデューサー目指し、長らくフリーで活動。2018年11月から修業の場を俳優座に置いた。

さようなら、ぐらばー亭

2019年01月19日 | 身辺雑記
鉛筆の硬度がHBから2Bへ…
と前回書いた世はうつろうなぁ。

再開発で景色を変え続ける下北沢。
南口にある「ぐらばー亭」が
1月18日、40年の歴史に幕をおろした。

シモキタを拠点とした劇団にいた時、
アトリエでの公演を観に来て頂いた
某演鑑の事務局長さんに紹介され、
気っぷのいいママに魅了された。
以来たまに顔を出していた。
僕が連れて行ったのが縁で、
バイトをするようになった役者もいる。

2009年に東演を離れ、フリーに。
下北沢に通わなくなりペースが落ちた。
それでも下北沢に行った際は
たまに顔を出していたが……
今回の転身も含め、しばらく
落ち着かない時間があって、
ぐらばー亭ならぬ『緑のオウム亭』
という芝居をシモキタの小屋で打った
2017年1月以来、気づけば
二年もご無沙汰していたようだ。

閉店を知らせてくれたのは、
前段のバイト木村圭吾だ。
しかも当日の朝のメール。
・・・圭吾らしい。くわえて。

よくよく聞けば。
建物の老朽化に伴う改修工事で
一時閉店。しばし休養して、
再開するというではないか

しかし「おかあちゃん」、
70歳かる~くオーバーしてるやん。
それはそれとして。



今の形の「ぐらばー」はお仕舞。
長らくお疲れ様でした

携帯バッテリー切れて写真はなし。


ちなみに。
NHKの「72時間」のテーマ曲
『川べりの家』を歌う
松崎ナオも働いた店だ・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« こりっちアワード | トップ | ただしくむすびつけなさい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

身辺雑記」カテゴリの最新記事