敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表。敏腕演劇プロデューサー目指し、長らくフリーで活動。2018年11月から修業の場を俳優座に置いた。

17日も残席僅か、そして三本回し

2019年10月25日 | 俳優座


東京中日スポーツに、大きく記載されたおかげか?
劇団俳優座No.339『インコグニート』は
18日完売、16日残席僅かに続いて、
17日日曜日も残席僅かになりました。



さて、チケットばかりでなく、気付けば
2019年自身が僅かになってもなっています。
そして、俳優座は・・・年明け早々に
No.340『雉はじめて鳴く』を俳優座劇場で。



さらに年度内の3月に、稽古場で
No.341『マクベス』をお届けします。

つまり。
同時に今、三作品がそれぞれの速度で
準備に入っているのです。



『雉はじめて鳴く』
作/横山拓也、演出/眞鍋卓嗣
2020年1月10日~19日、俳優座劇場

『マクベス』
作/シェイクスピア、演出/森一
2020年3月15日~31日、5階稽古場

          

また、この季節。
演劇……というか「新劇界」でいえば、
鑑賞組織の「総会」シーズンです。

個人的にいえば、
先週は、長野ブロック(開催地・松本)
この週末には中国ブロック(開催地・松江)
翌週には九州ブロック(開催地・長崎)と
神奈川ブロック(開催地)
てな感じです。

10月19~20日、弊団の山家谷は静岡県三島市へ、
20日、同イソノは東京都北区へ・・・と
稽古や公演準備の合間を縫って西へ東へ……
忙しいけれど楽しい日々。

ラグビーの熱狂が遠い昔に感じられます。
ちなみにW杯は終幕していません。
いよいよ準決勝が、土日にあります! 
そういえば、プロ野球の何かが終わった?

そして、私の住む豊島区と隣接する選挙区で、
以前から余り芳しくない評判の議員さんが、
党内では頑張っていたらしく「大臣」に、
登りつめたと思いきや、約ヒトツキで辞任。

早い

早いといえば…俳優座に草鞋を脱いで、
まもなく一年になる。
・・・今日が359日目である。





コメント   この記事についてブログを書く
« 23日の新聞に出た件 | トップ | むささびのまつえい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳優座」カテゴリの最新記事