敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表。敏腕演劇プロデューサー目指し、長らくフリーで活動。2018年11月から修業の場を俳優座に置いた。

はかとも旅にっし12~倉敷篇

2019年08月01日 | 俳優座
美観地区で知られる倉敷には、
広島での舞台を終えた足で
主にスタッフが移動して、
翌朝八時半からの仕込に備えた。



劇団俳優座『七人の墓友』は
芸文館で三回公演。

演劇専用ホールである劇場は、
地元の生んだ英雄・大山康晴氏の
記念館と並んで建っている。





倉敷には他にもヒーローあり。
炎の男・星野仙一記念館は
美観地区の中に……。



かと思えば。
ビクター犬が屋根に無数いる
アンティークモール(一階。
そして二階には貯金箱博物館…)
が、アイビースクエア近くに。

犬がいれば、猫もいる。



美観地区のなかにあった猫屋敷。

そんな倉敷に拠点を置く鑑賞会は
とにかく元気だ。

劇団でTシャツを作らないと知り、
倉敷演劇鑑賞会独自に作成!

上演期間に売り切れて、
追加注文を受ける程人気があった。
墓友の一座でも二十枚弱購入。

それくらいの勢いがあるから
勿論クリア……「もちろん」と書いた
けれども、前例会から時間が短く、
とても苦労した話も聞いた。
それを我々も心に刻んでいます。

山陰四例会クリアについては既述。
倉敷の前例会の広島市民劇場は、
この巡演最大のクリア数を記録。
・・・改めて、中国ブロックの
力強さに深謝である。


そうそう。
個人的な話になるが、この地は、
僕が新劇制作の駆け出しの頃に
演鑑の全国大会が開催され、
ある意味「デビュー」を飾った
場所でもある



アイビースクエアでの分科会のあと
倉敷市公民館で、まとめの会となり、
劇団制作者を代表して壇上で挨拶。
・・・ちょうど結婚したばかりで、
演鑑の全国幹事の一部が「ノリ」で
指名してくれたのだ。遠い昔の話。
ε=ε=┏(・_・)┛


コメント   この記事についてブログを書く
« はかとも旅にっし11~広島篇 | トップ | はかとも旅にっし13~呉篇 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳優座」カテゴリの最新記事