敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表。敏腕演劇プロデューサー目指し、長らくフリーで活動。2018年11月から修業の場を俳優座に置いた。

はちかん旅日誌4~札幌篇

2019年09月11日 | 俳優座
タイトルには札幌と冠したけれど、
正確には「函館~札幌移動篇」だ。
前回のノリ日では特急名を用いたから
今回も、と考えたのだけれど、
スーパー北斗が被るのは避けた。
というか。
それはスケジュールから判っていた。
次の本番が江別、その前日の宿泊が
札幌だったので道庁所在地を題名に。

     

さて、9月10日火曜日。
さる日曜日のルートを逆走。
ちなみに10時48分発、14時41分着、
僕の席は4号車4C席と4が多かった
・・・たまたまだけど。
さらに言えば。
この公演で廻るのは四つの街。
「ウレ4イ」出会いの連続だ



戯れ言をたれている場合ではない。
劇団俳優座『八月に乾杯!』
北海道ブロック巡演は、
9日の函館演劇鑑賞会例会で
早くも折り返したのである。
残り2ステージ。
そして来年は東北を巡る。



途中、緊急停車もあり予定より
遅れて200万都市に降り立った。
休養に充てる者、観光する者、
それぞれである。
ホテルは時計台の近く・・・
そんな中、制作者といえば、
某財団に足を運んで未来の話。

物見遊山の時間はなかったが、
その道すがら人形劇専用劇場を発見。
思わず、パチリ。



この近くには巨大な音楽専用ホール、
こぶりな天文台、さらに文学館もあった。
旭川もだったが、公園に文化施設が
集約されているのは羨ましい。
んで。
これには土地の問題も大きいのだが、
それはまた別の話。



こんなオブジェもありました。

コメント   この記事についてブログを書く
« はかとも旅日誌3~函館篇 | トップ | はちかん旅日誌5~江別篇 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳優座」カテゴリの最新記事