敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表。敏腕演劇プロデューサー目指し、長らくフリーで活動。2018年11月から修業の場を俳優座に置いた。

260

2019年08月29日 | 俳優座
前回33、前々回が23と数字タイトル。
流れでいえば43?
いやいや、そう単純にはいかない。
流行りの「ナゾトレ」であれば
法則性があるのだろうが……



劇団俳優座『八月に乾杯!』
(作/アルブーゾフ、
翻訳・演出/袋正)は
まもなく北海道巡演に向かいます。

出演俳優ふたりと演出家の、
年齢を足すと、約260歳に達する。



旭川から始まり、函館、江別、釧路と
北の大地を縦横無尽に移動
(それほどでもないかしらん
9月上旬から中旬の話である。

詳しくは改めて・・・

さて超ベテランも頑張るが、
若手も稽古に汗している。

劇団俳優座研究所29期から31期の
中間発表も来月に控えているのだ。



劇団俳優座演劇研究所
29・30期生中間発表公演
『友達』(作/安部公房、
指導・演出/眞鍋卓嗣)
9月20~22日

劇団俳優座演劇研究所
31期生中間発表公演
『少年口伝隊一九四五』
『子どもに伝える日本国憲法』
(作/井上ひさし、
指導・演出/森一)
9月13~15日



会場はともに、俳優座稽古場
料金は2000円

劇団の将来を背負うだろう
「未来達」の公演・・・
お時間あれば、是非!

      

そうそう。「こども」といえば、
子どもor子供の表記問題がある。

「子供」は差別的だから「子ども」が良い派、
「子ども」は交ぜ書きだから、
二字熟語としての「子供」派と・・・。

個人的には後者派である。

コメント   この記事についてブログを書く
« 参拾参 | トップ | はかとも旅日誌0~六本木篇 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳優座」カテゴリの最新記事