敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表。敏腕演劇プロデューサー目指し、長らくフリーで活動。2018年11月から修業の場を俳優座に置いた。

『天国』劇場入り

2012年04月17日 | 制作公演関連
以前、池袋のタウン誌
『buke』の廃刊のことを書いた。

昨日銀行で手にした新潮社の
『旅』も2012年3月が最終号。

目次トップは
「懐かしい笑顔に会える、
九州の小さな町へ」
という見出しで日田、臼杵など
八つの街を紹介していた。

臼杵は東演時代、公演に訪れたが
その際寄せていただいた
《奇跡の精進料理》
星月庵も載っていた。

※《奇跡の~》は同誌見出し。

特集の中ほどには小企画
「九州のひなまつりに行こう!」
があって、綾町が。

宮崎県中西部の自然豊かな地域。
町おこしに熱心で、
藍染や陶芸にも力を注いでいる。

僕のブログに登場することが多い
劇作家であり藍染作家の
藤井貴里彦さんも一時、
綾町で働いていた。

その他パリの専門店や、
珍しいキノコ舞踏団の伊藤千枝さんの
「旅たいそう」なる頁も……。

あ、別にこの雑誌に思い入れがあって
紹介しよう!と思ったわけではない。

しっかりした雑誌すら廃刊する、
この厳しい時代に生き残るのは
大変だな~って改めて思ったと
それだけのことが長くなった。

そうそう。常連だった居酒屋
「石の花」のマスターの故郷が
日田なのだが…、あの店も数年前
惜しまれながら暖簾を下ろした。

どころか。日本そのものが
「先進国」から脱落か?
と、経団連の研究機関が発表。

そんな中、
『天国への二枚の切符』は
本日、劇場入りしました。
わあ景気の悪い内容に
なってしましました・・・。



コメント   この記事についてブログを書く
« 流転 | トップ | 『天国』アレーグルとともに »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

制作公演関連」カテゴリの最新記事