敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表。敏腕演劇プロデューサー目指し、長らくフリーで活動。2018年11月から修業の場を俳優座に置いた。

ジェシカ・ヘンウィック

2022年08月12日 | 鑑賞

『The Matrix Resurrections』

1999年からスタートした映画

『マトリックス』シリーズの第4弾。

2、3弾が揃って03年に公開されてから、

随分年月が経ちました

3部作は映画館で見たけれど……

1で衝撃を受け、2で「おやおや?」となり

3は期待薄だけど、ここまで来たら意地だ!

ってチケットを買ったのは私だけではないでしょう。

 

ブログタイトルは、英国の女優。

ザンビア系イギリス人の父と

中国系シンガポール人の母を持ち、

『~レザレクション』では

バックス船長を演じています。

素敵な女優さんでした。

 

ちょっとNokkoに似ているなぁ、とも。

 

そして4作目も残念でしたが、

歳を重ねたキアヌとキャリーの年輪は

とても沁みました。

私と同年代の50半ばから後半の渋味。

でありながら体はキレッキレッ!

最新作でもエージェントと派手に闘います。

 

五十肩で右手の痛みと戦う、

日出する国の名もなき演劇Pとは雲泥

 

ちなみに販売されているソフト吹替版

(DVD、BD等)では、主人公ネオの声を

弊団・小山力也が演じております。

 

 

・・・こんな中途半端なタイミングで

『マトリックス』を語ったのは、

五十肩もさることながら、7月末から10日程

自宅にて未知のウイルスと格闘していて、

外に出られない中、いろいろ見た中の一本だから。

 

社会復帰して12日が経ちました。

・・・写真は勤務地の六本木に還ったとき、

街路に翻っていたフラッグを収めたもの。

詳しくないが、有名なブランドらしい

 

個人的にはLVより、事務所目の前の居酒屋「美豚」が

御用達なのだが、諸般の事情でご無沙汰しています。

 

 


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 待ちぼうけの町0811 | トップ | 猫、巣鴨に赴く。 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿