敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表、と言ってもたった一人。敏腕演劇プロデューサー目指し、観劇評や日々の生活で気になったことを綴ります。

アルバ(カミスト2018/9)

2018年03月09日 | 制作公演関連
雷ストレンジャーズ『父』は
3月7日開幕し、初日二日目とも
完売となる上々の滑り出し\(^_^)/

さる1月30日の顔合わせで
「家族」となって以来、稽古という
営みを積み上げて……11日まで
サンモールスタジオにて。



その稽古初日から同席して、
他の現場を掛け持ちする僕より
沢山稽古場に足を運んだのが
スウェーデンからの「研修生」
アルバだ。

美術家の大島広子を受入先とし、
遠く北欧からやって来た学生。

足を……と書いたが、頭も手も
沢山働かせてくれた。



その一葉。
ミシンをかけるアルバ。

舞台上に散りばめたスウェーデン語も
彼女の手によるもの。
(少しあとの写真)

スウェーデンといえば・・・
今時は、IKEAとなるのだろうか?
その有名大型家具店のレストランで
食べることもできるミートボールも
名物らしい。私はまだだが……
正確には「ショットブッラール」。

きっとベジタリアンのアルバも
今は口にしないのだろうなぁ。
まぁ日本人だって、代表的な料理
・・・例えば豆腐、例えば寿司、
例えば天ぷらを嫌い人もいる。

我々おじさん世代なら、やっぱABBA!
『ダンシング・クイーン』や
『チキチータ』で知られる四人組。

それからノーベル賞!



北欧スカンジナビア半島。
スウェーデンとともに、ノルウェー、
フィンランド等からなるけれど、
世界地理を履修しなかった私は、
正直明確な差異を述べられない。

それは西洋の方々が、東亜細亜
・・・中国、韓国、日本等・・・
が、ごちゃまぜなのと鏡映しか?

おっと。
話が氷山に当たって座礁しそう。

カミスト『父』今日と明日は
2ステージずつの正念場だ。

残席、9日昼夜と10日夜はあり。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 豪華(カミスト2018/8) | トップ | ヘラクレス(カミスト2018/10) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

制作公演関連」カテゴリの最新記事