敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表。敏腕演劇プロデューサー目指し、長らくフリーで活動。2018年11月から修業の場を俳優座に置いた。

はかとも旅にっし11~広島篇

2019年07月31日 | 俳優座
劇団俳優座『七人の墓友』
中国ブロック巡演は移動日を挟み、
7月24日、広島アステールプラザで
18ステージ目を迎えた。


(アステール外のオブジェ)

1120席の会場で2ステージ。
その後、安佐南区民センターへ
場所を移して2ステージ。
旅の行程の四分の三に至った。

(安佐南のロビー)


広島市民劇場は大手町と
安佐南のふたつの事務所を有し、
ひとつの演鑑として活動しつつ、
二会場、独自の運動も展開中だ。

我々は、平和公園近くのホテルを
拠点にアステールには徒歩、
安佐南にはアストラムラインで。

思えば、事前学習会の時も、
本通駅から中筋駅へ・・・
始発駅は地下鉄ながら途中から
高架を走る「新交通システム」。
市街地にも緑が多い広島だが、
高架からも山並が眺められ、
癒されたのを思い出した。



ロビーではバザー。
会員さんが多く集うのを狙い、
例会日に開催されているという。
一方、車で会場にいらっしゃる
会員さんは駐車場確保のため
開場時間より早めに到着し、
バザーを楽しむにだと聞いた。

広島には演出助手の菅田が
芝居の緩みをチェックに来た。
そして。
終演後、街に繰り出し、
たまさか入ったお好み焼き店で
な、なんとドラゴンズの選手
(しかも、今やエースの柳ほか
投手陣四人)と遭遇。

カープじゃないのか、と
思うことなかれ……菅田は
生粋の中日ファン

こんな偶然であるのだな・・・

移動日を含め五日を過ごし、
カープの試合を観戦したり、
広島名物を堪能したり、と
各人充実した時間を過ごした。

もちろん。メインは芝居!
大手町、安佐南ともに
事務所での「交流会」で語られた
感想や会員さん自身の墓事情等々、
大いに一座を励ましてくれた。

最後になったが・・・
来年、安佐南は独立して
「安佐南市民劇場」となる。

全国的には、会を閉じる演鑑も
少なくはない中での朗報も
我々を、とても励ましてくれた。




コメント   この記事についてブログを書く
« はかとも旅にっし10~鳥取篇 | トップ | はかとも旅にっし12~倉敷篇 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳優座」カテゴリの最新記事