和尚の大和路

和尚が撮った大和路写真を中心に、
旅で見つけた写真なども・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

法起寺

2007-09-10 05:18:38 | カメラ
法起寺三重の塔(国宝)

法起寺は法隆寺とともに世界文化遺産に登録されています。
斑鳩三塔とは法隆寺、法輪寺、法起寺を言いますが、
法輪寺の塔は落雷で消失、昭和に立て直されたので、
世界文化遺産に登録されていません。

和尚はこの辺りに、写真を撮りによく行きます。
法起寺の南門を見る度に、
世界文化遺産ってなんやねんと思ってしまいます。
お寺にとって南門は要の所です。
写真を見てみましょう。
法起寺南門

ここからは中へ入れません。
見た通り雑草でボウボウです。
右の小屋からは塀がありません。
犬も猫も狸も泥棒も行き来自由です。
世界文化遺産の看板が雑草の中にあるだけです。
京都の社寺に比べて、おおらかと言えますが、
文化遺産の保存、保護がうまくいっているかどうか、
不思議に思います。

この寺の拝観は西門になっています。
拝観料300円ですが、
塔とガラス越しに11面観音像を拝むだけです。
 
境内

境内はこじんまりして、虫の音を聞きながら、
俳句を詠むのもいいでしょう。
この時は和尚が一人だけだったので、
受付で色々話を聞くことが出来ました。
お寺の宗派はいつも同じではありません。
法隆寺ですら、法相宗、真言宗など色々変わりました。
今は、法隆寺は聖徳宗の大本山ですが、
法隆寺の管理下にある法起寺は、
法隆寺と同じ変遷を辿っています。
境内にあったサルスベリの白い花が気になりました。
白い花と塔

三重塔は最古です。
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 首位に立ってしまった | トップ | 四季 比良山 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
へぇ~ (caraway)
2007-09-10 06:07:00
ほんとうに草 ぼうぼうですね~
どこからでも自由に入れそう・・・

白いサルスベリがきれいです。
それでも・・・。 (かえる)
2007-09-10 07:57:59
南側の塀が途切れているのに、西側から入るのにはお金が入るんですね。

和尚さんは、ホントに百日紅が好きだね~。
ありがとう お返事です (和尚)
2007-09-12 07:41:54
carawayさんへ:
例年、この寺の周辺は、コスモスで美しいのですが、
昨年の枯れたままですので雑草が多くてだめです。

かえるさんへ:
百日紅がとりわけ好きなわけではないですが、
夏の花が少ないので、目がいくのですね。
よく見ると綺麗ですね。
花はみんな綺麗か!

コメントを投稿

カメラ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事