巨大高ゲタ犬

日記だけど映画の情報や舞台挨拶の報告をしてます。たまに趣味?やマニアックなグッツとかも紹介。

「牙狼 <GARO>-月虹ノ旅人-」舞台挨拶に行きました。客席からの撮影タイムがありました。

2019-10-05 21:56:09 | 日記
2019年10月5日(土)
「牙狼 <GARO> -月虹ノ旅人-」舞台挨拶
新宿バルト9(11:35~の回)に行きました。

上映前の舞台挨拶。
登壇者は、雨宮慶太監督、中山麻聖さん、小西遼生さん、渡辺裕之さん、松田悟志さん、螢雪次朗さん、
そして、舞台挨拶の最後に黄金騎士ガロが登場しました。

中山麻聖さんからは「三世代のガロが一度に出るのは雨宮監督の夢だった。」と話してくれました。
螢雪次朗さんは、「三世代に渡り冴島家の執事をしています。すごく長生きです。」と。(笑)
ロケ地では皆さんで食事に行くことも多かったそうで、螢さんのおかげでご馳走になったという話も。(笑)
「撮影後は和気あいあいとしてますが、一つ間違うと大怪我をしてしまう様な撮影を毎日やっていました。」と、
観ればわかりますが今回の作品もかなり力の入ったアクションでした。


客席からの撮影タイムがありました。

きまってます。

待望の劇場版「牙狼 <GARO>」の新作、なかなか面白かったです。
戦闘シーンのあの迫力は健在で、決戦場のVFXもすごい。
何より、三世代の”黄金騎士ガロ”が一緒に戦う、わたくしだけでなくファンには
たまらない作品だったでしょう。
コメント   この記事についてブログを書く
« 「駅までの道をおしえて」、... | トップ | 「羊とオオカミの恋と殺人」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事