巨大高ゲタ犬

日記だけど映画の情報や舞台挨拶の報告をしてます。たまに趣味?やマニアックなグッツとかも紹介。

「第31回東京国際映画祭」で「鈴木家の嘘」を観ました。

2018-11-04 08:34:14 | 日記
2018年11月3日(土)
「第31回東京国際映画祭」、日本映画スプラッシュ作品賞 受賞作品「鈴木家の嘘」
TOHOシネマズ六本木ヒルズ(17:50~)を観ました。

前日の授賞式まで何が上映されるのかわかりませんでしたが、日本映画スプラッシュの
”作品賞”ということで、なかなかの作品が観れて良かったです。
”笑い”もあるけれど、どちらかと言えばシリアスな面が多く、切なくそして考え深いお話。
芸術性も感じられる映像も多く、作品賞というのも理解出来ます。

「鈴木家の嘘」

引きこもりの長男の突然の死による鈴木家の混乱と再生の笑いと涙の感動作。

松竹ブロードキャスティングオリジナル映画製作プロジェクトの第6弾。
メガホンを取ったのは、「舟を編む」や「セトウツミ」などの作品で助監督を務めた野尻克己監督。
自身の脚本で監督デビューとなります。

出演者は、原日出子さん、岸部一徳さん、岸本加世子さん、大森南朋さん、加瀬亮さんというベテラン揃い。
娘役の木竜麻生さんもすごくいい。

「鈴木家の嘘」は、11月16日(金)から公開です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「宇宙戦艦ヤマト2202第... | トップ | 「バッド・ジーニアス 危険... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事