ラムアート絵画クラブ、世界遺産、ヨーロッパ、田舎、街角、デッサン、スケッチ旅行。サイクリング趣味

世界わがスケッチの旅 ランブラス通り バロセレナ

 

ランブラス通り バロセレナ

時に、思い出してはわがスケッチに入り込む。

いつのどこのスケッチか、思い出されない時が、、、、。

時間を置いたら、思い出すに違いない。

とにかく、小さい大きさのスケッチは、

30分とはかからないので、何枚もその場において

描いてしまう。

それで、描いた後は、次の場所へ移動する。

そこで、頭の中は、その次の風景の構図とか、色を考えている。

これなどは、現場で色ぬりを、ニュートン水彩絵の具で

描いている、色がとても綺麗でいつもの固形絵の具の携帯もの。

なかなか、今見ても好きな構図だ。

 


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「海外旅行」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事