ラムアート絵画クラブ、世界遺産、ヨーロッパ、田舎、街角、デッサン、スケッチ旅行。サイクリング趣味

バルテュス パリ 世界わがスケッチの旅

バルテュス パリ 世界わがスケッチの旅 思い出

今日のスケッチ一枚、私は、パリのバルテュスのアトリエ前だと知らずにスケッチをしていた。


 ここは、パリ6区。フエルスタンベール通り4番地 最初のバルチュスのパリのアトリエのあった前広場である。サンジェルマン通りの近くの住宅街路である。

当時は、まだ無名のようで展覧会にも出されてなかったようだ。


 その時に、このスケッチの場所が番組のなかで出た、

彼のパリの最初のアトリエだと聞いた。私は、知らなかった。

彼は、1908年にパリで生まれ、2001年92歳でスイスでなくなった。

ひょっとして、そのころスイスやパリにいて、私と同じ時間を生きていたかもしれない。

たとえ、一寸の時間であっても、すれ違いの時を地球上で、共有することが

あったかも知れないと思うことが楽しいと思えるのだった。

画家は、ひとり一人自分の本当に描きたかったものを持っている。

ルネサンスと東洋との融合での新しい感覚を求めて生涯作品を描きつづけたのだ。

最初にパリの美術館で実物の絵を見た時に、私は、なにかしら日本人に抵抗感覚のないもの空気を感じたものだ。親しめる要素を絵のなかに感じていたのだ。


 バルテュスは美術学校で学ぶことなく、フランチェスカ、ニコラ・プッサン、ギュスターヴ・クールベなどを直に感じ、ヨーロッパ絵画の伝統を吸収し、現代のものから自分の独特の表現を追求していった天才的絵画人生であった。1962年の初来日以降、節子夫人という伴侶を得て、日本との関係は密接となっていった。


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「海外旅行」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事