奥さまは宝ジェンヌ

普通のサラリーマンが宝塚ジェンヌと結婚。育った環境も価値観も異なる夫婦のドタバタ劇を披露します

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

教員の質低下が心配

2010-08-25 13:20:48 | 日記
8年で教職員2万人を純増へ 小中30~35人学級に(共同通信) - goo ニュース

少人数クラスの実現を図るために教職員2万人の純増を検討しているらしい。少人数クラスによって、児童・生徒にきめ細かい対応はできるようになるであろうが、教職員の質低下が懸念される。
教員による不祥事(痴漢行為など)や不適切な指導など、今の教育業界はモラルが低下している。
教職員の数を増やすのも一つの選択肢ではあるが、質の高い教職員を採用・育成する方が有効である。
例えば、文部科学省は、「中学・高等学校の英語教員の英語力を、英検準一級、TOEFLが五五○点以上、TOEICが七三○点以上、が望ましい」としているが、このレベルに達している英語教員は半数にも満たない。ここまで日本の教員の質は低下しているのです。
質の低い教職員を排除しない限り、日本の教育は早晩破綻を来たすであろう。
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« そろそろ限界 | トップ | もう少しのガマン »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
教師の質低下も (ルナ)
2010-08-26 01:27:14
あるかもしれませんが、
それ以上に、モンスターペアレンツの
数も多くなっていると思います。
心が病んでいる児童も多すぎる。。。
自分も保育の現場に従事る者として
思うことは、人間を育てる使命を持つ
のだから、ただ成績がいいとかそういう
問題ではないと思うのです。
人間的に心が豊かであるかどうか。。。
心がゆがんでいたり、心がきれいでなくては
仕事は務まりません。
心が疲れている先生が最近は多いです。
教える技術だけでなく、人間的にできているか
どうかを、教職員採用試験に入れて欲しいなと
思う今日この頃です。

※ こちらのサイトを私のブログにリンク
させてもらっても、いいですか?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事