自然からのたより

四季の生き物たちの命の輝きを写真でお伝えします。

ノドジロヒバリチドリ♂♀

2016-02-28 05:30:32 | チリ探鳥記
マイポー谷を登りきったところに、湿原があってそこは鳥たちの楽園のようだそうです。吹雪で行けなくて残念。手前の荒れ地に動くものあり。雌は少し離れると環境に同化してわかりずらいです。 初見初撮り。
◆ ノドジロヒバリチドリ  チドリ目ヒバリチドリ科  23cm Grey-breasted Seedsnipe

喉元白いです



雪が舞って



襟が灰色の雄



ちょっと背伸び



右から雌がきました



雌を守るため周囲を警戒



雌はひたすら採食



灰色のマフラーをつけて



雌もかわいい



寒いからかまんまる



食べ物あるんでしょうか?



高山地帯に生息



喉元白いです



■ チリ プチ情報

標高2800mのエルイェソの貯水池周辺で鳥見の予定でしたが、横殴りの吹雪となり、まずは車中でバナナ、パン、チーズなどで腹ごしらえ様子を見ますが、一向にやむ気配がありません。とりあえず出かけましたが、私は途中で断念しました。バードガイドも酸欠で一時意識を失って倒れたそうで、正解でした。



アンデスの山々

コメント
この記事をはてなブックマークに追加