日本に『民主主義』を起業する

日本や世界における『民主主義』の起業、政策インフラやシンクタンクの構築等についての動きを伝えます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

こんなことをしてきました(自己紹介)

2006-05-05 13:35:07 | Who am I?
 鈴木崇弘と申します。まず自分がどんなことをしてきたか始めに紹介しておきたいと思います。
現在、自由民主党系の有限責任中間法人「シンクタンク2005・日本」事務局長。シンクタンク一筋。現在「シンクタンク」関連の本を執筆中。1954年宇都宮市生まれ。東京大学法学部卒。マラヤ大学、イースト・ウエスト・センター奨学生として同センターおよびハワイ大学大学院等に留学(政治学・未来学専攻修士号取得)。総合研究開発機構、日本国際フォーラム、笹川平和財団、日本財団勤務、東京財団研究事業部長、(社)アジアフォーラム・ジャパン上席研究員、大阪大学特任教授・フロンティア研究機構副機構長などを経て現職。91年―93年まで アーバン・インスティテュート(米国)アジャンクト・フェロー。現在法政大学大学院兼任講師や「シティズンシップ教育推進ネット」顧問等も務める。2006年4月から中央大学大学院公共政策研究科客員教授に就任。関西ニュービジネス協議会学生ニュービジネス大賞2004選考委員長。大阪駅北地区国際コンセプトコンペ優秀賞受賞(共同提案者、2003年)。主な著書・訳書に『世界のシンク・タンク』『政策形成と日本型シンクタンク』『政策形成の創出』“A Japanese Think Tank”(ともに共編著)、『政策科学の新展開』『ハンドブック 市民の道具箱』(分担執筆)、『日本再生のトータルプラン』(分担執筆)、『シチズン・リテラシー・・・社会をよりよくするために私たちにできること』(編著)、『アメリカに学ぶ市民が政治を動かす方法』(監訳および共訳)など。その他英和文での論文多数。現在の専門および関心分野は、民主主義の起業、政策インフラの構築、新たなる社会を創出していける人材の育成さらに教育や統治における新システムの構築。
因みに、動物占いは「ペガサス」。
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 『ヒルズ黙示録』 | トップ | 青年座公演を観劇 »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Webはあります? (tadashi)
2006-05-19 06:49:22
シンクタンク期待しています。

ところで、Web上にページはあるんでしょうか?
シンクタンクの役割 (アトム)
2006-05-19 13:17:17
はじめまして、本当はMIXIからきているのですが、シンクタンクの機能で、個人に呼びかける形はありますか? 政策提言だと、換骨奪胎が多いような気がしますので。
何か手伝いできるかな (tadashi)
2006-05-19 21:25:16
XOOPS でサイトつくるならお手伝いしますよ。

あべしんぞうさんが、plone になったので、よろしく
Unknown (BoA)
2006-05-20 11:05:31
色々とコメントやご意見ありがとうございます。

様々な考えの方々がいますので、進度が非常に遅いですが、何とか少しでも前に進むようにしていきたいと思います。また、ご協力いただきこともあるかと思います。
気長にゆきましょう。 (tadashi)
2006-05-22 13:25:03
ま、いろいろ大変だと思います。

ゆっくりゆきましょう。

着実じゃないと困りますけど

Unknown (BoA)
2006-05-23 14:23:52
ありがとうございます。

それにしても、昨日は偶然にお会いしましたね。

コメントを投稿

Who am I?」カテゴリの最新記事