友釣clubたか

酒匂川で・・・!鮎と戯れ~
伊豆の磯ではブダイと遊ぶ

28日の月曜日

2015年09月30日 | 鮎友釣
気が付くと、針蔵は空、何も無い状態…、此れではいけないと、昨日今日で12セット巻いた、おまけに中ハリスを2つ作りチョッと一息…、後2週分カスカスで作れば良いや…、

この日も6時半チョッと過ぎ位に前日の場所、ヤブに到着、平日でこの時間、お客さんは誰も居なかった、すぐさま仕度を済ませて、まずは荷物を置く場所の前の辺地に囮を泳がす…、此処も大きめな石が点在していて朝一番は居着きが掛かるだろう…、と、直ぐに当たりが…、16cmほどのチビが掛かって来た、チビとは言え前日もこのサイズが揃うんだよね…、囮を交換してポイントに入った瞬間…、はい、2つ目~、同じ事を繰り返し同型を5連荘、入れ掛かりは楽しいね、此れで少し当たりが止まった所にmasaさんが来られた、竿を置きしばし休憩、入れ掛かりを話すと、何時もはのんびり仕度をするmasaさんも早かったね、すぐさま川に立ってたよ…、遣り出したかな~、って思ったとたん掛けていた、18cm以上は有ったんじゃ無いかな、連荘してたよ、天気が良く日差しが有ると朝一番は居着きが追うよね、私は場所移動で上流から釣り下る事にした、川の真ん中辺が馬の背になっていて其処に立ち左岸の大きな石を探ってみる、大きな食み跡も有ったんだが…ポツポツは掛かるもののやはり16cm…、下りながら荷物置き場前の押しの強い平瀬まで来たが、この平瀬、前日も天然に遣ってみたんだが良い型は掛かってくれなかった、この日も型物は出なかったな、釣り下り大きな石が横一列に並んでいる石の頭で18cmが掛かってくれた、このサイズが揃ってくれたら良いんだけどね、その後も釣り下り右岸に石が固まっていてチョッと大きめな笑いを遣るも反応無し、其処の前の左岸側にテトラが頭を出していて回りに大きめな石が沈んでいる所を遣りに行くと一発で掛かってくれたよ、それからが楽しい時間に…、出し掛かり、入れ掛かり、久々に味わう10連荘、やっぱこうじゃなくちゃね、この時この日最高の20cmが掛かってくれたが細身だったので大きく感じなかったよ、そんな広いポイントじゃないのに10匹掛かれば上等だ、案の定当たりは遠のいたので時間を見ると12時20分、昼に戻りmasaさんと話し込んでから、もう少し遣る、だが昼食後は2つしか掛けられず1時半位に納竿とした、気付くと結構お客さんが多くなっていたね、上流の方に沢山居たっけ…、正味釣っている時間は前日より少なかったけど前日より数は多かった、やはり入れ掛かりが有ると数を稼げるね、楽しかったよ、贅沢言わせていただくと18cmがアベレージだと最高なのにな…。
コメント (2)

27日の日曜日

2015年09月29日 | 鮎友釣
この日は6時頃家を出て一路松田はヤブへ向かう、右岸側の土手に車を止め河原に下りるとすでに橘○さんが休憩されていた、少し話をしようかと思ったんだがブヨの大群が襲い掛かって来るので急ぎ仕度を済ませて川に立つ、未だに刺された所は痒いですよ、おまけに唇を刺され腫れが残ってます…、川に立ち込むとブヨも来ないね…、まずは大きめな石が横一列に並んで其処から一段落ち込んでいる深みからのスタート、落ち込みから流れ出している芯でまずは待望の1尾、16cmと小振りだが上等だ、囮を換えて同じ様に泳がすとチョッとしてまた掛かってくれた、その後もポツポツと掛かるも型は皆16cmクラスだった、朝一番居付きが取れたのでもう囮の心配は要らないね、masaさんが来るまでにッ抜けしたかったけどその前に来ちゃった…、(もう少しだったのにな…)、竿を置き橘○さんが入れてくれたコーヒーを3人で頂きながら…、って橘○さんはビールだったな…、少し話してからの再スタート、荷物を置いた真前の深みの有る押しの強い平瀬を遣る、いかにも型物が潜んでいそうな所だね、ただこの時期だけに深すぎるかな…、左岸の際に大きめな黒く垢を食んだ跡が有る石が点在している石を1つずつ拾い数匹を追加したが型はやはり16cmクラスだった、せめて18cmクラスが欲しい所だったんだけどね…、その後も粘り掛かる事は掛かるがサイズはほとんど一緒、大きくも無く小さくも無く…、20mチョッと位の平瀬を行ったり来たりしながら数を稼ぎたまに掛かってくれる18cmににんまりしながら昼を向かえ食事タイム、普段は弁当など食わない私だが人と遣る時は持って来るんだ、この一時も鮎談義で楽しいからね、その後もスローペースだが掛かってくれた、3時頃になりmasaさんは腰痛の為リタイア、戦線離脱だ、腰は大事だからね…、大きめな石が横一列に並んでいる一番右岸側の石の頭に入れると一発で掛かってくれたがこいつがこの日最大の22cmで腹も膨らんでいた良い鮎だった、抜いてタモに納め見たとたん「そうそう、お前が来てくれないと…」って話しちゃったよ、4時も回り最後上がりの1尾を掛けた所で納竿とした、型が思っていたより小さかったけど飽きない程度に掛かってくれたし久々のヤブで皆と出来たので楽しい1日だった…、あのロケーションは良いね。
コメント

昨日とほとんど変わらないな

2015年09月28日 | 鮎友釣
昨日に続き、今日も友人のmasaさんとヤブでの釣行だ、ヤッパmasaさんとの釣行が一番楽しいね、気楽で良いよ、お互いに釣りも判っているので気を使わないしね、長年一緒に遣って来たからな…、
さて今日は朝から日が差して良さそうだ、朝一に5つの入れ掛かりと昼少し前に10匹の入れ掛かりが有ったおかげで昨日より短い時間だったけど数は若干上回った…、だがしかし…、って感じで型が…、昨日の最大は22cmだったのに対し今日の最大は20cm、今日のが全体に小振りだった、昨日も今日もほとんどが16cmだったね、その中でぽつぽつ18cm以上が混じるって感じだ、型物が出ないね~、何処へ行ってしまったんだろうか…、悩む、
残す所、半月、型物を掛けたいね…、片付けやら何やらで遅くなってしまったので、昨日、今日の仔細は後日にします。
コメント (2)

久しぶりだが良い所だよ

2015年09月27日 | 鮎友釣
今日は久しぶりに…って言うか今期初のヤブに行ってきました、友人のmasaさん、橘○さんとの釣行だ、朝のうち小雨がぱらついていたがヤブに着いてからは降られずに一日遊ばせていただいた、目的は、兄貴に頼まれた鮎を揃えたいと思っていって、それと今週で松田地区が終わってしまうって事も有ってね、ヤッパ、ヤブは良いね~、釣れる釣れないじゃなく川相と風景が好きだ、放水路からヤブは6年前までは毎週通った所だからね、此処で大鮎を幾度と掛けたっけ、くるみの木が沢山有った頃は息子のお土産にとクワガタやカブトムシをしこたま捕まえたっけ、栗さんや濱さん、長○さん…、松田地区の組合役員さん達とも仲良くなれた所だ、今日みたいに行くとまた通いたくなる場所だ、明日もmasaさんとヤブで遣ろうと約束したので明日が今期最後になるな…、昔はコロガシが入る10月になってもヤブで友を引いたけどね…、来週10月からはまた飯泉で遣らさせていただく、masaさんや橘○さんにも飯泉に来てくださるって事だし…、その頃には川も状況が良くなっている事だろうね、
濱さん、明日もヤブにお邪魔しますので宜しくです、
兄貴用の鮎はあまり掛かってくれなかったけど今期まだまだ有るのでその中で地道に貯めていこう、8月中の方が良い型が揃えられたよ、9月になったら揃えようって思っていたんだがこんな状況になるとは思わなかったからね、兄貴、小さいけど持って行くから待っててね…。
コメント

土曜は久し振り

2015年09月26日 | 鮎友釣
今日は、今月初めて土曜に竿を出すことになった、と言うか何時もの用事も有ったんだけど…、
さっちゃんプロさんごめんなさい、
ってなことで2時半頃から川に入る、赤橋辺りから遣ろうかと思い行くも、何かパッとしない感じだったのでこの間の川見で良かった所まで行ったんだ、それは赤橋上流の砂止め上の右岸の通し上の落ち込み上流の開きだ、跳ねは多く魚の姿は沢山見えたんだけどチョット小ぶりなんだよね、でも…、って事で囮を泳がせると良い感じの当たりが…、天然チビでチャラだと当たりが強いね、でも竿を立てると、あれ~、って感じで浮いて来ちゃう、あれ~、って感じだね、1時間ほど上流に移動しながら泳がせてみるも此処では最大が15㎝だったチビは12㎝、もう少し大きめが欲しかったので場所移動、今度は赤橋上の砂止めチョイ上を泳がすと16㎝位のがぽつぽつと掛る、でも20㎝位が掛っても良い場所なんだけどね、このでも1時間位粘るも型物は出ないので赤橋真下当りに移動して左岸に沈んでいるテトラ周りで1匹追加した所で納竿とした、、此れがチビじゃ無ければ良かったんだけどね…、ッ抜けは出来たけどチビだけだった、新垢は付きだしてはいるので今後このままいけば良くなる事間違えないね、まだまだ今日辺りは水位も40cm近く高かった、明日は今期最後って事で松田地区に行くつもりでいる、型物を少し揃えたいからな、頑張って来るか。
コメント

数年会って無い

2015年09月25日 | 鮎友釣
今日の雨で酒匂も少し濁りが入ってしまった、水位はさほど上がってはいないように見えたけどね、今月も残り数日しかないが、まともに竿を出せた日が少なかったな~、9月と言えば大鮎が掛かる月なんだけどね…、ここ数年大鮎を掛けて無い、何時からかな…、5年はお目にかかってない、せいぜい26止まりてところだね、って事は小田原地区で遣り出して掛けていないって事か、大鮎は松田地区のが絶対数が多いって事なんだろうか、酒匂の尺を掛けたい、って思いは今でも強いんだけどね、10月に入ると何故か掛かってくれた事が無いんだよね、大抵大鮎は8月のお盆過ぎから9月一杯までだった、今年もダメそうだ…、淡い期待は持っているけどね、今期も後数日しか出来ないがその残された数日で会いたいが、果たして会えるか。
コメント

最近多いんだ

2015年09月24日 | 鮎友釣
今日はJR下流、グラウンド前は左岸の流れに数人のお客さんが竿を出していた、パッと見た感じで5人位は居たかな…、きっと掛かっている事だろうね、今回の台風や大雨で鮎も落ちちゃった奴がいる事だろうしね、落ちる気は無くてもあの流れじゃ、気をチョッと緩めたら流れに乗っちゃうだろうね、特に下流域は根石があまり無く、チョッと水が出ると石がゴロゴロ流れ、水が引くと浮石が多くなるからな、だから川相も常に変わってしまうんだよね、すでに今年だって幾度か変わっている位だからな、そのつど良くなってくれ…、って思うんだよ、でも数年前の台風で小山町がやられ、黒い砂に埋まってからその砂も大分抜けたので石が大分出るようになったから釣り場も広くなったよ、この所厄介だと思っているのは「鯉」囮を追うからね、うかうかしてると20cmの囮でも一飲みにしちゃうからね、食われた日にや~頭に来るよ、仕掛けもパーだし…、だがこの鮎を食う鯉は黒じゃないんだよね、チョッと金色掛かっている奴なんだ、だから黒い奴よりは多少目立つんだけど…、でも此れって鮎を捕食しているからなのかな…?食べる物で色が変わるって言うしね、ピラニア何かは餌金魚の赤い奴を上げてると腹の方が赤くなるんだよね、食べた物の色素が出るんだろうか…、この鯉も初期から盛期まではほとんど気にならなかったんだけど、後期になって幾度も遣られてるんだ、最近は鯉を釣る人も居なくなったし、釣っても食べる人も居ないからね、来期辺りは駆除でもするようかな。
コメント

やっとってところですか

2015年09月23日 | 鮎友釣
世間様の連休も今日が最終だな、川の状態がもう少し良ければ連休中楽しんでいただけたんだろうけど、昨日あたりからは新垢も付きだし、追いも良くなってきたみたいで、終盤で如何にか…、って感じかね、今度の週末辺りはきっと良いんじゃないかな、松田地区は今度の週末が週末では最後だからね、残り少ない漁期楽しまないとな。
コメント

いい感じになった

2015年09月22日 | 鮎友釣
昨日は飯泉の状況を細かく記載したんだが…、出来上がったと送信した所、接続が上手く行かなかったようでほとんどが消えてしまった、その後、細かく記載するほど気力が無く一番良いと思う所だけを記載した次第です、今日も薄く白い濁りは有って水位も40cmほど高い状態だ、でもこの濁りは釣りにはまったく影響は無いくらいの白さ、私の股辺りの水深でも底石は見えるからね、残り垢を見つけて釣れば数も出るはずです、ただ型は小振りがメインですがね、昨日も川を見て回って最後に小屋前から竿を出したけど下流の背肩20m位上流の右岸の辺地では沢山の鮎が跳ねていて12cmから15cmがポツポツ掛かってくれました、最後に型物が出るかな~、って崩れテトラで遣ったんですが18cm以上は有ったかな…、1つ掛かってくれたところで納竿としました、崩れテトラも良いんですがこの時期チョッと深すぎるかもね…、流れ全体は左岸によって2つ目の砂止め上は、今まで分流だった左岸の流れが本流に、本流だった右岸の流れが分流になってしまいました、でも赤橋上流から2つ目の砂止めまではほとんど底は石です、2つ目の砂止めからトタンの砂止めまでは砂で水深は今まで通り私の背が着かない深さです、トタンの砂止めから下の瀬までは石が入っているので砂場は少なくなりましたよ、とは言えもちろん砂は噛んでますけどね、垢がしっかり付いてくれるのを期待しながら待ちますよ。
コメント

様子を見た

2015年09月21日 | 鮎友釣
昨日は9時過ぎまであきさんと一杯飲んでいたのでのんびりと起床、休日前は睡眠時間を多く取る様にしているからね、睡眠もたっぷり取ると気分が良いよ、川には7時回った位に着いてしばらく話し込み9時になったので支度をして川に入る、昨日までは狩川で遣るつもりでいたんだけど、話をしている最中でもポツポツお客さんが見えられ、連休と言う事も有って本川の下見って事にしたんだ、思いの外濁りも薄くなって、もうこの位じゃ釣りには問題ない、私の股位の水深でも川底が見える位だからな、でも水嵩は40cm強高い、赤橋上、白橋の間位から見て回る、一番良かったのは此処、赤橋上の砂止めから右岸の通しの上の開き、此処は小ぶりだが垢は残っていて鮎も沢山いるよ、この連休行くなら此処だね、先ほど一通り打ち込みしたんだけど全部消えちゃったんだ、って事で一番いい所だけ記載して今日は此処で終わりとする、明日にでも他の場所の仔細を記載したいと思います。
コメント

こんなもんなのかな

2015年09月20日 | 鮎友釣
今日は狩野川釣行に行って来ました、
結果は散々でしたよ、型も小さく最大で16cm位、何でぇ~、って感じ、
型物が出るかと淡い期待も打ち消され…、
魚の数が少ないって感じたな、
早い酒匂の回復を祈るばかりです。
コメント

明日も行くぞ

2015年09月19日 | 鮎友釣
少し遅い帰宅になってしまったが、チョコッと病院に行って来た、さっちゃんプロの具合が如何かと…、でも今日はすこぶる元気だった、良かった良かった、もう心配無いって感じだった、やはり飯泉の仲間が具合悪いと気分も沈むからね、
明日は狩野川に行って来ようかと思う、木曜の晩から金曜にかけての雨で可也の増水で、濁りもきつかったようだけど…、明日もまだまだ水は高いだろな…、って事は…、掛かりは悪いだろうね、それでも1日ゆっくりと遊んで来よう、間違って大鮎でも針に掛かってくれたらめっけもんだよな…。
コメント (2)

連休なのにね

2015年09月18日 | 鮎友釣
明日から世間様はシルバーウイークで5連休だって言うのに、酒匂を筆頭に県内の河川は全滅?かな?酒匂、相模はまず無理だろうな、出来て狩川、中津川かな…、早川は情報無いのでまるっきり判らないけどね、非常に残念だけど此ればかりは自然相手なので如何にもならないよな、我慢するか他県の出来る河川に行くかだね、明日は大人しくしているけど、日曜は夕方までゆっくり出来る日なので勿体無いから狩野川のリベンジに行こうと思っている、それにしても不思議な川だよ、掛かる時は普通に掛かるのに掛からない時はまるっきり反応が出ないんだよね、だから撃沈するか数釣れるかの極端だけどどちらかって感じかな、でも数で言うなら酒匂のが多く掛かるけどね、今、狩野川の魅力は1発大物が掛かるかも…、って期待できるところだな、何時も行く大仁辺りは今年も尺が出るんじゃないかな、絶対に居ると思っているんだけどね、そんな事言っても狩野川で大鮎を掛けたこと無いんだ、せいぜい大きくて25cm位までなんだ、私に限ってはよっぽど酒匂のが大きなサイズを掛けてるよ、今度の日曜はどうなる事か…、この間の水曜より水は高いんだろうな、垢が飛ぶほどじゃ無いだろうから何処でも出来そうだし、天気も良さそうなので期待は少し出来るんじゃないかな…、って甘く考えているけど…、蓋を開けてビックリしない様頑張ってくるか。
コメント

もう少しってところで…

2015年09月17日 | 鮎友釣
今日の雨も結構本降りだ、やっと酒匂の水も引きもう少しで平水まで戻るだろう…、って思っていた矢先の雨だ、しかもダムまで放流するほどの降り方だ、此れで今晩も降り、明日も今日ほどじゃないらしいけど降るようだ、先ほど帰宅途中酒匂橋から見たんだが、増水も30cm以上増えているようだったし、濁りもきつくなっていた、此れで今週末はダメだろうな、もっとも垢が残っていなければ水が引いて澄んでもダメだけどね、だが垢は何処かに必ず残っているはずだから探せばポイントは狭くても掛かるはず、特に松田地区は大きな石が多いし飯泉よりも砂の量ははるかに少ないから松田のが掛かりは良いだろうね、それと最近の鮎はこの時期になっても下らないし、産卵も上流域でする、って話も聞いたし、となると絶対数は上流のほうが良いだろうね、ただ来月に入るとコロガシが解禁になってしまうので友を引いても掛かりは悪いよ、それにいざこざの元にもなるしね、鮎が下らないって言うのが定かならコロガシに明け渡すのも如何かと思うけど…、って此れは友しか引かない私だけの考えでコロガシのファンから言わせればもっと早く…、ってことになるんだろうけどね…、今月最後の週末は松田に行くつもりだ、大鮎が掛かってくれる事を密かに思い…、
今度の日曜は様子を見ながらだけど酒匂がダメそうならリベンジって事で狩野川に行っちゃうかぁ~。
コメント

超~渋かった

2015年09月16日 | 鮎友釣
今日は朝早くから狩野川に行ってきました、
5時半に大仁は大津囮店さんに着き6時半過ぎには川に立っていたんだが…、
10時頃嫌になって帰ろうかと思ったくらい…、
水の色は澄んでいて綺麗だった、垢も思ったより付いていた、物凄い数の鵜が群れていて、朝一番は薄日も差して良い感じかと思った、気温は23度、水温は17度と水は冷たかったけどね、ところがどっこい、まずは居付きが掛かる予定で大き目の石周りを丹念に泳がすも無反応、徐々に釣り下り探ってみるがやはり反応はまるででない、囮は強く良い感じで泳いでいたんだけどね…、何せ何処を泳がせても反応が出ないんだ…、弱り果てたね…、魚の姿も見えず、跳ねも無い、掛かって来たのはオイカワだけ…、思わずボーズを覚悟したね、とにかく早い所野鮎に変えたかったんだけど時間だけが過ぎてしまいとうとう10時を回ったよ、此処まで無反応だからな…、止めようと本気で思ったが、野鮎に変われば…、って思い辛抱した、そんな時交通事故で1つチビが顔掛かりで来てくれた、13cm位だったが囮にして泳がせる、流れの芯から手前の辺地、色々探ってみるもコツリともしない、昼近くになって水温が1度上がったらポツポツと掛かりだしたんだけど掛かってくるのは皆15cm以下、しっかりと背掛かりだったけど…、悪戦苦闘しながら瀬を遣ったりトロ場を遣ったり平瀬を遣ったり…、結局13時まで遣ったんだけどチビが掛かってくれただけで、ッ抜け出来ず仕舞い、ガッカリだよ…、大鮎が出たって聞いていたので期待して行った分ショックはビックだったね…、ま、こんな時も有るか~、また今度行く時は頑張るべぇ~。
コメント (2)