ハンハン Taka Blog

日々の出来事 想いを ありのままに…

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

J1リーグ8年目へ

2019-01-28 | サガン鳥栖
昨シーズンの降格危機を乗り越え、サガン鳥栖はJ1リーグで8年目のシーズンを迎えることとなった。
J1に昇格しても翌年降格するチームを数多く見てきただけに、昇格初年度は、下馬評を覆しセンセーショナルな試合を披露してくれたことを覚えている。
それから降格することなく8年目を迎えるチーム関係者すべてに対して、本当に感謝です。
おかげで、今年も国内最高峰リーグの試合をスタジアムで観戦して、一喜一憂しながら1年を過ごすことができます。

昨年は最終節まで残留争いがもつれ、結果的には5チームが勝点41で並ぶという熾烈さの中、得失点差で残留を勝ち取ることができた。
鳥栖の残留は、失点の少なさが功を奏したと言えるが、守備力はもとよりGKの権田選手によるものが大きかったのではと思う。
その権田選手は、ポルティモネンセへの移籍が内定している。

今季は、カレーラス新監督を迎え、多くの選手の入退団もあり、現在は沖縄でキャンプ中だ。
監督がどんなサッカーを見せてくれるか…、中心となる選手は…、新入団選手の実力は…と、すでにワクワクするところも多い。
ただ、過剰な期待は大きな失望を招いてしまうものであり、まずは、シーズンを通してすべての選手が大きな怪我をしないように、そして、石川選手には焦らず怪我を完治させ復帰してもらえるようにと祈りたい。

先日の金崎選手の契約更新をもって、今年度の陣容はほぼ固まっただろう。
そのメンバーとは。
GK
1 大久保択生 18 高丘陽平 21 キム・ミノ 42 板橋洋青(2種登録)

DF
2 三丸 拡 3 高橋祐治 5 ニノ・ガロヴィッチ 13 小林祐三
24 安在和樹 35 藤田優人

MF
4 原川 力 6 福田晃斗 7 フアン・イサック・クエンカ・ロペス 14 高橋義希 
16 島屋八徳 22 原 輝綺 25 アン・ヨンウ 26 伊藤遼哉 
28 石川啓人 29 谷口博之 30 樋口雄太 36 高橋秀人
41 松岡大起(2種登録)

FW
9 フェルナンド・トーレス 11 豊田陽平 19 チョ・ドンゴン 32 ビクトル・イバルボ
33 石井快征 40 小野裕二 44 金崎夢生
※青色は今季からのメンバー

このメンバーを見る限り、昨年の主力がそのまま定位置を確保できるとは思えない。
また、個人的には試合をコントロールできるMFとゴールに直結するパスが出せる選手が台頭してくたらと思っている。
開幕戦のスターティングラインナップはどうなることだろう。



コメント   この記事についてブログを書く
« 17位という現実 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

サガン鳥栖」カテゴリの最新記事