43マイクロワールド

1/43スケールのカーモデルキットの製作を中心に、模型の話・レースの話・クルマの話・なぜかサッカーや映画の話題など。

フィギュアを作る

2018-08-16 | 1/72AFV

ガンダム・ビルドファイターズの美少女キャラ、「ホシノ・フミナ」


さすがバンダイ、塗装せずにこの仕上がり
特殊な技術で二色の色プラを重ねて成型することで肌色の奥にうっすら赤みが透けるとか
プラモデルもとんでもなくハイテクになってきましたねえ


顔と髪の毛はアニメ調のフィギュアだけど、カラダは生身っぽい
このお尻の色っぽさよ

ていうか、発売から二ヵ月経つのに全然手に入らないんですけどー?
(スミマセン、二枚とも拾い物画像ですー)
作ってみたいと思いつつ、品薄でプレミア価格になっちゃってて手が出せません
バンダイさん、量産して下さい。噂によれば、この新技術を使った「フィギュアライズ・ラボ」シリーズの第二弾は初音ミクらしいけど・・・この実験作シリーズ、量産性も含めて果たして継続できるのか知らん

 

私が作るのはこんなもっさいフィギュアですのん


1/72のドイツ軍兵士です。
フィギュア作ったり塗装したりなんて中学生以来。もちろんミニスケールは初めて。
とりあえずひと通り塗ってみましたが、こんな塗装じゃダメだと思います。


75mm対戦車砲に付属するフィギュアです。
ロシアのズベズダというメーカーのプラモです。元々AFVのミニスケールは東欧のメーカーが多かったのですが、最近は中華製に押され気味。
そんな中でもズベズダは良質なキットをリリースし続けてくれてます。
何より価格が良心的なのが嬉しい。このキットもフィギュアも付いて640円。日本の代理店経由だといくらなのか知りませんが。
アマゾンで買ったらなぜかシカゴから送料無料で送られてきましたよw


フィギュアの出来はスケールなりですが、なかなか様になるポーズです。
このキット、すごいのはフィギュアも含めて接着不要のスナップキットなんです。
バンダイほどでないにせよ、精度もかなりのもの。さすがにフィギュアは合わせ目が出来るので厳しいですが、対戦車砲のほうは接着剤無しでもじゅうぶん見られる完成になります。

ただ、スナップキットの「押し込み式」はプラ素材にストレスを与えて微細クラックが生じてエナメル溶剤による劣化の原因になるという話を聞いたので、基本全部接着剤使ってますが・・・


土台も含めて全てキットのパーツです。
箱の中のパーツだけでちゃんと情景として出来上がるのが素晴らしい。
AFVの完成形とはこうあるべきだと思うので、「土台」と「フィギュア」は避けて通れませんね。

あとは、「汚し」と「小物」が必要ですね。車両機材の汚しはもちろん、フィギュアの塗装にも特別なスキルが必要だし、
土台のマテリアル感、草木の表現、兵士の装備品などの小物など。
AFVにはカーモデルや飛行機とは違う表現作業がたくさん必要ですね。

手を出すと深いです。その深さが惹かれてしまいます。

・・・やはり、美少女フィギュアまでは手を出さないでおこうかな。

 

コメント

完成!P40ウォーホーク

2018-08-09 | 1/144飛行機模型

またまた遅くなりましたが、「ハン・ソロ」観てきました。


面白いと言えば面白いんですが、ルークたちと出会う前のハン・ソロの物語なんでスターウォーズの壮大なサーガとは全く関係ない訳で、ただのチンピラのアクション映画なのが残念ですな。

いちおう帝国側の大物と戦ったり、反乱軍に肩入れしたりとかもしますが、しょせんハン・ソロってバイプレイヤーなんですよね。彼を主役に据えてスターウォーズの世界を描くのは無理がありますよねえ。

マニアの人たちにとっては色々見どころもあったのかも知れませんが、私には分かりませんでした。
興味の対象であるメカ類も、これと言って興味を惹かれるものは無かったですね。

 

 

もひとつ、映画ではありませんがTVドラマ「チアダン」について。


面白い!のかどうか分かりませんが、地元福井を舞台にしてますんで注目して観てたりします。
映画「チアダン」の9年後という設定で、映画で主演だった広瀬すずが27歳の役で出てきたり映画以上に今注目の若手女優いっぱい出ててなかなか見応えあると思うんですけどね
なにより興味を引くのは福井でちゃんとロケしてて、良く知ってる駅前近辺の風景がたくさん観れることです。
映画では福井ロケ無くて、新潟でロケしてたのが残念でしたからね。

視聴率は初回から一桁を低迷中ですが金曜夜10時台という激戦区、裏で夏休み向けアニメ映画なんかをやってて不利な条件なんで可哀想です。
そういう自分も先週は裏の映画「オデッセイ」観ちゃって、第四話見逃したんですけどね、まあ今はネットで見逃し配信見れますから。

今どきベタな青春スポ根ドラマなんて流行らないのかも知れませんが、毎回いちいち感動したりします。
逆に今どきあんまり無いからこういう単純な直球ど真ん中な青春ドラマが良いのかも知れません。

まあ何と言っても、若い子のかわいいコスチュームとかきれいな足が楽しみなだけなんですけどねw

 

さて、絵的には変わり映えしませんがP-40EとP-40N完成です。

前回とどこが変わったかと言えば墨入れして少々タッチアップなどしただけです。


窓枠は塗り直しましたが、全然良くなってません。もう限界です。


こちらP-40N
モールドが運河で墨入れしたらすごいことになりました。拭き取るとモールドの中まで拭き取れちゃうし散々です。


痛いです。何もかもが痛い。

ただ、こんなに痛い完成ですが自分的には満足だったりします。
どうも私はきれいな完成品よりもこういう散々苦労して報われなかったような完成が好きなんじゃないかと思います。
わざと雑な仕上げにしたのじゃダメ。頑張ったけどここまでしか出来なかった、そういう完成品ね。
まあヘタレの言い訳ですがw

 

86Cのほうは、あまり痛い完成にはしたくないので下地作り頑張ってます。

盛った削ったの繰り返し。早く色塗りたいです。

つづく。

 

 

コメント (2)

雨上がりの夏

2018-07-26 | 1/144飛行機模型

ワールドカップが終わって腑抜けになってました。
私の予想通り、フランスが優勝しましたがまあ今回の予想は誰でも出来たんじゃないかな。
ブログに書いたのはベスト8の段階だったけど、私なんて二年前から予想出来てましたもん。
などと後から言うのは反則ですね。

その後、豪雨被害や連続猛暑日がやってきたりあんまり良いニュース無いですね。
災害に遭われた方大変ですねーとか復旧作業の人、ボランティアの皆さんご苦労様ですーなんて思いながらクーラーの効いた部屋から出られずにいますと、もう自分がクズ人間にしか思えなくなります。

せめて僅かでも義援金で支援させてもらいます。

 

久々に、映画ネタ

実は、先月観た「恋は雨上がりのように」を二度三度とリピートしてたのであんまりほかの映画観てなかったりしますが・・・w

面白かった映画はスクリーンで観れるうちにと二度観に行くことは多いですけど、三回観たのはいつ以来だろう?
ちょっと、病気ですな・・・

あまり執着してても視野が狭くなっちゃうし気になる映画いくつかあったので観てみました。本当はほかにもあったんだけど、最近すっかり出不精になって観れずじまいに。無念

あ、もうすっかり公開から日が経って終了している作品もありますが、自分用の備忘録なので悪しからず。
読み飛ばしていただいて結構です。模型ネタは後のほうにちょこっとw

 アメリカ映画、久々かも。

「オンリー・ザ・ブレイブ」


大火災に立ち向かった男たちの活躍を描いた映画・・・
だと思って観に行ったら全然違いました。
全然違うは言い過ぎですが、常に危険と隣り合わせの森林消防隊とその家族の日々の苦悩と悲劇が描かれてます。
題材になった森林火災はアメリカで911以降最多の消防士が犠牲になった消火活動だったようです。
実話を元にしているだけに派手さやドラマチックな展開も無く、正直ワールドカップで寝不足の身には見続けるのがしんどい映画でしたわw
気が付いたら隊は全滅してました・・・南無南無

 

「空飛ぶタイヤ」

例の三菱自動車によるリコール隠しとそれによる脱輪事故を元に描かれたフィクションです。
フィクションとは言え、ほぼ三菱の犯罪をそのまま使われているのでよく映画化できたなあと思います。
この映画観たら、三菱のクルマなんて買いたくなくなりますよね。三菱グループから圧力掛からなかったんだろうか?
自戒の念で公開を許したのか こんなことごときで売り上げに響かないという余裕なのか
まあ昨今の大企業の不正や不祥事を見ているとどこも似たようなものなのかなと思ってしまいますが。

実はTVドラマ版のほうを前に観ていたので、あまり純粋に楽しめなかった気がしました。ドラマ版のほうも出来は良かったしキャストも合っていたので、どうしてもそれと比べるような見方になってしまいました。
長瀬智也の零細企業の社長役はちょっと、たくまし過ぎましたね。ドラマ版の仲村トオルのほうが線が細くてらしかったと思います。

映画単体として観れば、まあまあ面白かったんじゃないかな・・・

 

「万引き家族」

カンヌ映画祭で最高賞受賞ということで、大入りだったみたいですね。
是枝監督の映画は面白いし良く出来てると思いますが、人間のダメな部分を描き出すので観ていて痛いですね。
私は嫌いじゃないし、そういうのを知ってて観るので楽しめるんですが
こういう作品が話題性でヒットしちゃって気楽に娯楽映画観に来る観客が見ちゃうとどういう感想になるんですかね?
心配になります。

映画には深いテーマも分かりやすく描かれていますが、あまり難しく考えず演技派の豪華な俳優陣の芸達者ぶりを楽しむだけでも面白いかと思います。

 

 

さて模型のほうですが、トムス86Cのほうは資料になる画像が少な過ぎて、キットなりにそのまま作るかどうしようか迷ってて止まってます。

気分転換に144飛行機模型のほうをチマチマいじってます。



P-40E

ノーズアートは虎・・・ですかね。この機種では割と有名な塗装みたいです。
1/144に最近参入のAFVクラブのキットですが、デカールは薄くてとても貼りにくかった・・・
カーモデルのしっかりしたデカールに慣れていると飛行機用デカールには苦労します。

こちらはP-40N

デカールはキット付属のものをそのまま使いました。
古いキットだしなるべくそのまま仕上げて素性を楽しみましょう。
いちおうアンテナ線は自作で追加しました。

窓枠はどちらも筆塗り!

頑張って塗ったつもりだけど画像は残酷だ・・・
これは塗り直しですな。

P-40Nのほうは窓枠のモールドが内側にあるという謎キットw
外側はツルツルなので、筆塗りはしやすかった。でも立体感無いね。

透明パーツも分厚いので、斜めから見ると内側のモールドが見えて変。
でも仕方ないや。

鬼門の窓貼りと窓枠塗りが終わったのでほぼ完成です。
あとちょこちょこ塗ったり墨入れしたりしたらフィニッシュです。

1/144飛行機模型は私のスキルの限界の上を行く細かさです。しかも年々スキルが落ちているので、もう痛い完成だろうと受け入れざるを得ません。
でも限界付近でグダグダやってるのが楽しかったりするのかなあー

ミニスケールってつくづくマゾな趣味ですわ。

つづく。がんばろっかな、明日から。

 

コメント

いよいよ決勝戦

2018-07-15 | TOYOTA TOMS86C

ブログのタイトルはまあそういう流れなので・・・

特に書くことはありません。一応、僕言いましたよね、優勝はフランス

サッカーは何があるか分からないですけどね、今回ばかりは間違いないと思うんですけど
さて、どうなりますやら。

 


ノーズ下、どうやって開口したら良いんだろうと悩んでましたが、薄い膜が張っていただけでちゃんと開口してましたわ。
あとは奥のほうをどう表現するかですね。


フロントフェンダー上面のスリットは大穴を開けて金属板でフタをしました。
タイヤハウスまで貫通してタイヤが見える状態になるけどこれで良いんだろうね?


ドア後ろのスリットも


NACAダクトも

基本的には同じ方法で奥行き感のある穴になってます。
技術的には簡単な作業です


ここは薄いので裏を掘り込んで貫通させてます。


問題はここだなーリアフェンダー上面
レジンキットの場合、レジンの塊なのでいくら掘っても貫通する訳ではない


タイヤハウスの内側からこのあたり全部掘れば空間を作ることは出来るけど・・・
その空間内に内部構造を再現させなければ意味が無い
インタークーラーとか排気管とかチラ見えする筈ですからね

悩んだ結果、「無理」

そこまでやる意味もスキルも無さそう。あっさり諦めます。


せめて深く掘り込んでおきます。
そうすると、スプリッターのゴツさが目立つ。本来、スプリッターは薄い板の筈だけど三角木馬みたいになってるんだよね・・・

削り取って、薄い板を再現しようか? とも思ったけど、そうすると今度は内部の空間が目立ち過ぎて、内部構造作りたくなりそう。
堂々巡りだけど、諦めた以上目を瞑るしかありません。

時には諦めも大事です。

つづく

 

コメント (2)

いよいよベスト8

2018-07-06 | TOYOTA TOMS86C

激闘を終えて日本代表チームは帰国しましたが、ワールドカップはいよいよ佳境
今夜から準々決勝ですね

私の優勝予想はフランス!

素人のヘボ予想なんて誰も興味ないですねゴメンナサイ

ところで今回の日本代表に対しては賛辞の嵐ですが、1勝1分け2敗という現実を見逃さないで欲しいです。
しかも1勝はほぼほぼの時間10人のコロンビアに対して。ポーランドに対しては完封負けしかも最後は試合放棄とも取られかねない残念な試合
ベルギーには2点リードしながら残り30分でひっくり返されて負け

グループリーグ突破にベルギーにも善戦と良い面ばかり言われますが、内容は褒められたもんじゃないですよ。
ハリル前監督のチーム作りに選手の反発があって軋轢が生じ協会は選手を優先する形で大会直前の監督交代、チームを熟成する時間も無いまま本番を迎えて気持ちだけで走り抜いたワールドカップだったように感じました。
あのコロンビア戦のレッドカードが無かったら・・・果たしてどんな結果になっていたか
終わってみれば全て良し、でなく、ベストの状態で送り出せなかった協会の責任も問われてしかるべきでしょうね。

などと、素人がヘボ批評w 痛いですね、ゴメンナサイ

 

 

ヘボモデラーのキット診断

古いプロバンス、ほぼ一体成型されちゃってますよ

フロントグリルと言いますか、カウルとフロントスポイラーの間は埋まってます。
どうしよう


フロントカウルのアウトレットも塞がってます
どうしよう


フロントウインドー横にも段差が ここもスリットだよね
どうしよう


給油口横にも
ここも開いてんのかな
どうしよう


インタークーラーだかラジエターのアウトレット
がっつり埋まってます
どうしよう


NACAダクト


カウル後端

もう全く、開口感の感じられないキットです
特に手を加えるつもりは無かったんですが、これじゃあんまり・・・

どうしよう

 

開口委員会に問い合わせ中です

 

 

 

 

 

コメント (2)