Antique

Willkommen, bienvenue, welcome!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『フラガール』

2006-09-30 20:20:16 | 映画
見てきましたw
良かった
期待していたより良い映画でしたよ~
何度もうるうるさせられました。

内容がしっかりしている映画で、演出もキャストもバランスが良かったです。
いつの間にかどんどん引き込まれてしまいました。
「シックスティーナイン」のパワフルな演出を見たばかりだったので、李相日監督はこんな繊細な演出も出来るんだな、と思ったりしました。
劇中も実際もダンスを練習し、上達していくという演出はやはり「ウォーターボーイズ」等と被りますが、フラガールズの方が断然良かったです。
特に蒼井優ちゃんのダンスには圧倒されました。
バレエをやっていたから基礎は出来ていたんだとは思いますが、本当に凄い
最後のダンスシーンでは、本当に拍手しそうになっちゃいました。
フラの衣装も可愛くて、ハワイ風のファッションも良いな~と思いました。

俳優さんたちも素晴らしい方々ばかりでした
豊川さんと三宅さんのコンビも良かったし、特にあの三宅さんのシーンは泣けた!!(詳しくは劇場でw)
松雪さんもお人形さんみたいに綺麗で、昭和40年代のファッションが凄く似合っていました。
噂のしずちゃんですが、まず登場シーンで「しずちゃんだぁ~」という呟きが……(笑
でも、演技上手かったです!ここまでだとは思っていませんでした。
蒼井優ちゃん、やっぱりめちゃくちゃ素敵な女優さんだと思いました
あれ程の自然な演技が出来るのは、彼女しかいないんじゃないでしょうか。
そして池津さん
笑顔が似合う!!子持ちの庶務係ということで、面白い役でした~(笑
池津さん大好き
”強い女性”がたくさん出てきたのですが、本当に女性陣が輝いていました

ジェイク・シマブクロの音楽も最高です。
アメリカ・日本を始め、イギリスやオーストラリア、はたまたロシアやメキシコの音楽も聴く私ですが、ハワイの音楽もとても心地よくて良いなと思いました。

1ヵ月半ぶり位の映画鑑賞(映画館での)になってしまいましたが、やっぱり映画は映画館が一番ですね!
この休日、2時間寝て過ごすぐらいなら、映画館に「フラガール」を見に行って下さい。
言ってしまいますが、ワイルドスピードや涙そうそう(題名の割には泣けないらしいです/笑)なんかより断然価値がある映画だと思います。
絶対楽しめる作品だと保証します
当時の温かさと大変さと一生懸命さを感じてみて下さい。

公式サイトには、池津さんの日記もあります
ああ、もう1回、家で1人で見たいなぁ……。



監督 李相日

音楽 ジェイク・シマブクロ

キャスト
 松雪泰子/豊川悦司/蒼井優/山崎静代(南海キャンディーズ・しずちゃん)/池津祥子 /徳永えり/三宅弘城/寺島進/志賀勝/高橋克実/岸部一徳/富司純子

ストーリー
 時代の波で閉鎖に追い込まれた、とある炭坑の村では、危機的な状況の中、炭坑で働く人々はツルハシを捨て、北国の寒村を“常夏の楽園”に変えようと立ち上がった。村の少女たちは腰みのをつけ、肌もあらわにハワイアンムード満点のフラダンスを踊りはじめるのだが……。






木更津キャッツアイの劇場版予告を見ましたが、期待できそうです!
面白そうです!
チラシの大奥は凄いことになってそう……(笑
デスノのチラシも出てました。

あと、関東で木更津キャッツアイのドラマが再放送されると思います
チェックしてみて下さい

今日は宿題を終わらせて、岩井監督の「Love letter」を見ました。
明日は買い物にでも行こうかな……。

Comments (2)   Trackbacks (20)   この記事についてブログを書く
« オシムJapan! | TOP | 『Love Letter』 »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
フラダンス。 (青風)
2006-09-30 22:39:36
けっこう流行っているとかいないとか^^

せも、しずちゃんがあなどれないのですか^^

意外とノーマーク(失礼かな?)のものが良かったりするのですよね^^
衣裳 (kimion20002000)
2006-11-15 05:04:17
TBありがとう。
フラの衣裳が、可愛かったですね。
当時と同じかどうかはわかりませんが。
赤の使い方が、衣裳も、映像も、見事でした。

post a comment

Recent Entries | 映画

Similar Entries

20 Trackbacks

フラガール/場所を巡って             (マダム・クニコの映画解体新書)
 冒頭、斜めの構図が提示される。  少女が2人、将来への不安を語り、ボタ山から斜めに滑り降りる。  集会所の「一山一家」の額が傾き、炭坑が斜陽産業であることが分かる。 窓、戸、カメラのファインダーなどから、のぞき込むシーンが多用される。 本作 ...
『フラガール』 (京の昼寝~♪)
人生には降りられない舞台がある・・・。まちのため。家族のため、友のため、そして自分の人生のために、少女たちはフラダンスに挑む。   ■監督・脚本 李相日■キャスト 松雪泰子、蒼井優、豊川悦司、山崎静代(南海キャンディーズ)、富司純子、岸部一 ...
『フラガール』 (Brilliant Days)
前半は笑いっぱなし・・ 後半は泣かされっぱなし・・ 『フラガール』2006年 日本 (祝!アカデミー賞外国語映画賞日本代表選出) 監督/脚本:李相日「69sixtynine」 音楽:ジェイク・シマブクロ 出演:松雪泰子/豊川悦司/蒼井優/山崎静代(南海キャンディーズ・し ...
フラガール (UkiUkiれいんぼーデイ)
今年、私の観た中で第1位に輝きました! 良いとは聞いていましたが、これほど感動できるとはっ! 脚本、監督、撮影監督、美術監督、音楽、もちろんキャストも含めて全てが最高だ! 特筆したいのは、それぞれがバッチリ適役だった俳優陣です。 と ...
フラガール (Akira's VOICE)
感情豊かに舞い上がった笑いと涙が気持ち良い!
フラガール (ネタバレ映画館)
でかい・・・しずちゃん。
『フラガール』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『フラガール』鑑賞レビュー! 感動の映画化だっぺ!観てくんちぇ! フラ、踊っぺ! 人生には降りられない舞台がある…。 常磐ハワイアンセンター★(現・スパリゾートハワイアンズ)の 誕生を支えた人々の奇跡の実話 まちのため、家族のため ...
「フラガール」 (やまたくの音吐朗々Diary)
間もなく公開される「フラガール」の試写。すばらしい感動作。昭和40年、エネルギー革命により炭坑閉鎖の危機が迫る福島県いわき市。そこでは、北国をハワイに変えようというプロジェクトが持ち上がっていた。その目玉となるフラダンスショーに出演するダンサーを ...
★「フラガール」 (ひらりん的映画ブログ)
ホントは「レディ・イン・ザ・ウォーター」を見るつもりだったけど・・・ 時間の都合で邦画の「フラガール」。 予告編は何度も見てるのであらすじは大体判ってるけど・・・。 炭鉱娘が感動させてくれるのか???ってちょっと心配。
フラガール  (シュフのきまぐれシネマ)
フラガール @ユナイテッドシネマとしまえん 9・30(土) ? 監督:李相日 音楽:ジェイク・シマブクロ 出演:松雪泰子 豊川悦司 蒼井優 山崎静代  岸部一徳 富司純子 公式サイトはコチラ 北国に常夏の楽園「常磐ハワイアンセンタ ...
「フラガール」 人を育てるということ (はらやんの映画徒然草)
先頃までフジテレビ系列で放送していた「ダンドリ。」はチアダンス。 チアダンスに一
『フラガール』 ( **Sweet Days**)
監督:李相日 CAST:松雪泰子、蒼井優、豊川悦司 他 昭和40年、福島県の炭坑に誕生したハワイアンセンターにまつわる実話を映画化。 福島県いわき市、常磐炭坑は時代の流れと共に閉山の危機に追い込まれていた。そんな中、「ハワイアンセンター」の計 ...
フラガール (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <池袋シネ・リーブル> 監督: 李相日 脚本: 李相日 羽原大介 音楽: ジェイク・シマブクロ 昭和40年。もはや時代遅れとなりつつある常磐炭坑では、人員削減と共に新たな町興しとしての行楽施設の建設が計画されていた。常夏の島 ...
フラガール 06年205本目 (猫姫じゃ)
フラガール 2006年   李相日 監督松雪泰子 、豊川悦司 、蒼井優 、山崎静代 、岸部一徳 、富司純子 久しぶりに、姉君とデイト。 彼女はスネーク何とかって言う飛行機の映画をご所望でしたが却下。で、今、今年見た映画をざっと見返したのですが、、、 ...
映画「フラガール」を観てきた (何でも見てやろう)
昨日,久しぶりに映画館に行ってきました。 観てきたのは「フラガール」。 今から40年前,石炭から石油へのエネルギーシフトが急激に進展し,炭鉱の斜陽化が進んでいく中で,炭鉱の閉山という危機的状況を乗り切るために,炭鉱会社は坑道から湧出する温泉を利用し ...
NO.177「フラガール」(日本/李相日監督) (サーカスな日々)
邦画のエンタテイメント・シネマの最高峰として、 堂々とアカデミー(外国作品)賞を競えばいい! 僕がとても注目している映画の、製作・配給会社にシネカノンがある。 代表は李鳳宇。1960年生まれの彼は、1989年にシネカノンを立ち上げ、「シュリ」「ブラス」「 ...
映画『フラガール』に涙する♪♪ (ラスタ・パスタのレレ日記)
『フラガール』をようやく映画館で見てきた。おおまかな設定は知っているつもりだったが、思ったよりもグット胸に来て、何回も涙しそうになった。ストーリーは、昭和40年(1965年)福島県いわき市の炭鉱町が、鉱山の閉山の危機にあり、5000人の炭鉱夫のうち4割の20 ...
フラガール (CinemA*s Cafe)
公式サイト アカデミー賞出品作品だとか・・・ 是非とも賞を受賞していただきたいこの映画。 なんかけっこう(かなり?)泣いてしまったのですねぇ~。 親子や姉弟や友達や兄弟や仲間や、その間に発生する愛が
「フラガール」(日本 2006年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
エネルギーが石炭から石油へと変わって行く昭和40年代。 福島県の炭鉱の村は温泉レジャー施設に命運を賭けようとする。 フラダンスのショーを目玉として。 「フラガール」
『フラガール』'06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ昭和40年、本州最大の炭鉱・常磐炭鉱では大幅な人員削減が迫り、かつての基幹産業としての隆盛は見る影もなくなっていた。そんなまちを救うため、この北国に“楽園ハワイ”を作り上げるという起死回生の一大プロジェクトが持ち上がる。目玉はフラダンスショー。盆...