J's日誌

中小企業診断士、経営管理修士(MBA)、事業再生士補、AFP。某NPO法人フットサル連盟副理事長。

パラサイト〜半地下の家族

2020-02-16 23:59:59 | Weblog




前から見に行こうと思っていた作品だが、何とアカデミー賞を受賞。

アカデミー賞が決まる前から気になっていたのは、韓国の格差社会が
日本より激しいと聞いていたことと、半地下という言葉の響きもあるか。


高校1年の時のクラスが何故か半地下にあって、中庭を下から眺めるような
ロケーションだった、半地下の不遇はあの頃から刷り込まれていたのかも。



映画の冒頭でネタバレはしないように、と監督が言っていたので。

詳しいことは書かないが、これがアカデミー賞か?と思うところも多々
あるし、回収されなかったと思われる伏線もある、まあそんなものか。


ただ、自分の国の話ではないアジアだからこそ迫ってくる生々しさと
いうか、こういう世界もあるかもと思わせるリアリティは伝わってきた。

見終わった後の後味もそれほど悪いものではないというか、映画として
見るならまあオススメしても良い、だからアカデミー賞なのかも知れない。




もう一つ、知り合いのSNSに書かれた別のコメントが印象的だった。

この映画のタイトルである、パラサイトというのは恐らく下流家庭が
上流家庭に寄生するという意味なのだろうけど、逆もあるのではないかと。


親の階層が上流だと、今は甘く社会に寄生(もしくは搾取)しているけど、
そのままいくといずれ立ち行かなくなる、という描き方なのかも知れないと。

これは後から自分も思ったことで、上流家庭が住む豪邸は家主が何回か
入れ替わる、その栄枯盛衰をあえて見せているのも何だか考えさせられた。




映画は定期的に観に行こう(-_-;
Comment   この記事についてブログを書く
« 氷都決戦 | TOP | 今シーズン初の雪かき »
最新の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | Weblog