慶喜

心意気
「明日迄の命の気持ちで、人生を!」
「不老不死の気持ちで、知識の習得を!」

ヒトラーの子どもたち(アーリア民族)

2019年09月13日 | 犯罪
ヒトラーの子どもたち

 ☆アーリア民族の「純血性」を保つためにナチスが進めた秘密計画
 *未婚女性とドイツのエリート兵との間に子供を産む
 *結果として、何万人もの子供が生まれた
 *里親が屋根裏に隠していた手紙をきっかけに、事実の断片が明らかになる
 *生まれた子が初めて知った出生の秘密(アーウイン、グリンスキー)
 *現代まで引き継がれた“民族浄化のいけにえ“事件
 ☆レーベンスボルン(生命の泉)計画の舞台は、パリ郊外の邸宅

レーベンスボルン
 ☆「生命の泉」又は「生命の泉協会」と呼ばれた
 ☆ドイツ民族の人口増加と「純血性」の確保を目的として設立した女性福祉施設
 *ナチ親衛隊(SS)との間に生まれた子供を育てる施設
 *選び抜かれた白人女性とナチスのSS兵士が舞踏会を楽しむ
 *「乳児ベッドが並んでいた」が、記録は消されている
 ☆ユダヤ人絶滅のための強制収容所と対照的な施設
 *アーリア人増殖のための収容所
 *未婚女性がアーリア人の子を出産するのを支援
 *養子仲介なども行なっていた
知識・意欲の向上目指し、記事を参考・引用し、自分のノートとしてブログに記載
出典内容の知識共有、出典の購読、視聴に繋がればと思いブログで紹介しました
 ☆記事内容ご指摘あれば、訂正・削除します
私の知識不足の為、記述に誤り不明点あると思います
詳細は、出典記事・番組・画像で確認ください
出典、BS世界のドキュメンタリー『ヒトラーのこどもたち』
















ヒトラーの子どもたち
(BS世界のドキュメンタリー番組画面より画像引用)



コメント   この記事についてブログを書く
« New York Times, SEP 13news | トップ | かんぼの不正は、民営化が「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

犯罪」カテゴリの最新記事