高麗人参の泰盛社 あきない日誌

このブログでは高麗人参産地の様子や加工法,栽培法をご紹介したり、食べ方、エピソードなどをご紹介できればと思います。

泰盛社 依田安生の台湾仏光山巡礼と帰郷の旅

2012年01月18日 | 旅行
皆様ご無沙汰いたしております、2011年の12月22日から30日まで前半は台湾の仏光山寺(台湾の臨済宗)で、すごし後半は台湾の母親の実家でゆっくりしてました

今回の台湾への旅は僕ともう一人友人が参加しました。初台湾ですが巡礼の旅に参加しました。ある意味、スーパー貴重な体験でしょうね。通常では泊らないお寺に泊まり、三拝九拝しお経を信者とあげる。(僕はあまりお経は得意でないので合掌だけしてるんですが)

仏光山の落成式に参加している人自体限られた人たちなので凄い難しいでしょうね。通常では

初日の22日は朝6時に家を出発し不便な中部空港へ。8時にチャイナエアラインの前で集合だったのでと早めに出ました。
お坊さんたちと合流して、妹にあげるキティーちゃんを買おうとショップに行ったら開いてないのでチョッパーで間にあわせて免税店を冷やかして飛行機に、、、、、機内食から気合が入っているんですね。
写真が撮れなかったんですが、ベジタリアンフードで尋常じゃない位テンションが下がる不味さでビビりました、、昔、本山で食べた食事を思い出しました。(世俗にまみれた体を強制するには時間がかかります)
機内で映画を見ているうちに台湾へ到着。




桃園空港を出発し街中へ

日本でもおなじみの店がところどころお店を構えています。日本企業も多く進出している台湾です、特に外食産業は多くが進出しています。




台北市内から故宮博物院へ移動。移動の途中に台湾名産の大根餅と素食用の野菜饅頭を食べて腹ごしらえ


故宮博物院に到着し、去年は台湾の建国100年ということでちょっとしたモニュメントが置いてありその前で撮影。



故宮博物館を見学して(僕は5回ほど行ったことがあるのであんまり楽しくなかったですが)みんなテンションが上がっている状態でお寺に到着。




台湾の場合、古くからのお寺や道教の廟は中華様式の建物ですが最近のお寺はビルや中華様式を取り入れた近代的な建物が多いです。台湾の仏光山台北分院はビルの中にあり近代的です(初めて僕も行きましたが)

台北分院はさまざまな設備があり、信者の宿坊やテレビ局、国際NGO団体 国際仏光会(東北震災で緊急援助物資を数億円分チャーター機で飛ばしてネットで噂になった団体です)


僕も震災の時、名古屋の分院で仕事が終わると、せっせと援助物資を日本政府指定の場所へ配送するよう荷作りしてました。




(震災直後の時撮影)

世界各国の分院から資金や物資が集められて仕訳やらをしていたのを思い出します。

話がそれましたが台北分院は母子家庭のシェルターにもなっていたり、生涯教育などもしておりあらゆる面で人々の役に立っております。(基本お金はかかりません)

台北分院で食事をして夜の読経後近くの屋台街へ


何とも世俗的な光が僕らを引き寄せます







屋台街を散策し、一応お寺に泊まるので初日は遠慮して動物類は一切食せず(初日は煩悩に打ち勝てました)健康的に台湾のスイーツを食べて歩き疲れたので足裏マッサージで「ヒーハー」と絶叫しながら宿坊で休みました



高麗人参 泰盛社 依田安生が報告いたしました(続く)

コメント

伊良湖にて男子合宿

2011年10月26日 | 旅行
2011年10月22日と23日で友人たちと合宿に行ってきました。
オフ会で知り合った友人たちと愛知県田原市の伊良湖へ行ってきました。
男子四人という家族で来ているほかのお客さんからすると異様な集団に見える僕たちでしたが
そこは気にせず楽しく食事が始まりました。

国民休暇村 伊良湖



地物の野菜や新鮮な魚介類をバイキングで堪能できる何ともリッチなお宿です。
僕は大あさりの浜焼きや地物野菜のお寿司とヒラメの押し寿司などをたくさんいただきました。(すでに食べすぎなんですけど

食事の後は、大浴場で汗を流し部屋で二次会の始まりです


皆コンビニで買った自前の酒をそれぞれの見ながらここ最近の出来事や仕事のこと、似合わないですがロマンスなどを語り合い気が付いたらなんと夜中の2時!!

次の日朝が早いので(すでに次の日ですが)ここはおとなしく休むことにしました。


10/23日曜日

朝は朝食バイキングでこれもまた手作りのおいしい食事でびっくりしました。朝からみんなフルスロットで食べまくって朝からエネルギーは満タンです。

伊良湖岬にある道の駅でお土産を見ていました。
僕は隣の不動産屋のおじさんと最近、好意を寄せている女性にお土産を買いました。隣のおじさんには田原市名産メロンのプリン
、女性にはここ最近有名になっているトマテルメロンハートとというカクテルをチョイス。

彼女は梅酒が好きなんですがここで売ってるのは名古屋でも売ってるものなので売店の人に聞いたら騙されたつもりで買って見てと言われ買って見ました。面白そうだし彼女との話題作りにはいいのかなと。

僕のハートもメロンのように甘いんです、、、(悲しくなるのでこの辺でやめときます

お土産を購入したら、岬の方へ行き海の景色を眺めに行きました。ものすっごい絶景にビックリ思わずはしゃいでいました。(周りの人はきっとサブい中年たちと思ったかもしれません








そして友人がお勧めの伊良湖神社へ行ってきました。伊良湖神社はものすごく由緒ある神社で伊勢神宮ともつながりのある神社なんですね。(まったく知りませんでしたが)

行く途中、道に迷い広大なキャベツ畑のど真ん中へナビが案内しました。田舎の農道を泥だらけになりながら伊良湖神社へ到着
村の集会があるようで皆さん酒盛りをしている横を静かに移動。



家内安全と商売繁盛のほかに良い嫁さんが来ますようにと懇願し帰ってきました。(ほかのメンバーも同じです)

帰り道、風力発電の風車を見て浜辺で少しボケーっと中年4人組が時の流れを感じつつ今回の旅を終わらせました。


高麗人参泰盛社 依田安生が報告いたしました
(花嫁さん募集中です)
コメント

中国人参産地出張の様子

2011年09月25日 | 旅行
当社がお届けする高麗人参は中国と北朝鮮にまたがる長白山の高麗人参です

泰盛社ではネットワークを活用して現地より確かなものを選んで加工させ購入しております


中国の長白山原産の高麗人参が人気の秘密の自然環境が整っている点と平均気温が低いので害虫、植物の病気の活性化を抑えろため農薬などの散布を極力しなくて済むことです。

そうすることで安全で品質が確かな高麗人参を提供することができます



中国における高麗人参の栽培はまず自然の原生林を切り開き開拓していきます
そして一年かけて地づくりをしていきます
高麗人参は土地の養分を多く吸収しますが土地が肥え過ぎていても根腐れや発育不良などの原因になり
栄養分は好みません。
しかし高麗人参は土中のミネラル分、鉄分、マグネシウム、カリウムなどのミネラル分が多いとよく育つため
肥料としては鶏糞や海藻関連の肥料が良いと言われていますが中国の長白山では開墾した時の草などを漉き込んで
土づくりをいたします。

加工品の状況によって4年根、5年根、6年根と畑の状況や天候などをみてそれぞれ栽培または収穫されます。
土の中に長い年月かけて栽培される高麗人参は奇跡の薬草と言ってもよいと思います。

約五十年ほど前はそれを使えるのは数少ない金持ちだけでしたが、今は中国産のおかげで比較的使いやすい値段で
流通していると思います。今後も安定した生産と栽培を望んでやまない中国出張でした。


長白山の頂上にある天池にて撮影しました。
中国と北朝鮮の国境の石碑



泰盛社 依田安生よりご報告申し上げます
コメント

台湾での料理修行

2011年09月14日 | 旅行
僕は子供のころは台湾料理屋をやりたいと思った時期がありまして
見た目でわかりますように、食べることが大好きなので


台湾に帰国した際にはよく知り合いの屋台をやっている方や
料理教室などで修行や料理法を教えてもらいます。

今回は台湾の屋台では最もポピュラーで
庶民的な味の料理 台湾式肉団子 貢丸をご紹介したいと思います。

香港映画の食神をご存知でしょうか?
食神では香港を舞台に有名料理人が自分の驕りから
食中毒を出し、しかも仲間に裏切られて屋台から出直す
映画です。かなりコメディーですが、面白い映画ですので良かったら見てくださいね。

映画の中で出てくる肉団子は弾力性を強調するためにピンポン玉に見立てて
卓球をするシーンがありますが、台湾式肉団子は弾力が命です。

今回は屋台料理を教わりに師匠のところに行きました。

師匠は今回、せっかく来たのだから魚肉と豚肉での作り方を
勉強していけということで両方習いました。

魚肉の場合は魚の皮をはぎ、ミンチに
豚肉はブロックをカットしてミンチに

最初からミンチにしてあるのは師匠曰くよくない肉だから時間があればブロックを使うそうです








機械でこねる時に調味料と材料をこねていきます。
調味料の入れる順序の違いで失敗したりもするので注意するように言われました(企業秘密なので順序は教えれません、ご容赦ください)



泰盛社のおかしな代表 依田安生よりご報告までに



コメント

長吉の台湾旅行記

2011年06月22日 | 旅行
4/19日より出張と遊びを兼ねて台湾に行ってきました。
僕は母親が台湾系なので台湾に行くとわりに長期滞在をします、今回も10日ほどいました。

震災の影響で台湾からの観光客が少なくなったせいでフライトキャンセルが出たりとチケットの手配でいろいろと面倒なことがありますが
めげずに行ってきました。

高雄への直行便が飛ばない関係で台北に行きそこから台湾の新幹線で高雄へ行きます。



まずは台北の桃園飛行場から市内へ行くために高速バス乗り場へ移動




高速バス125元を支払って市内へいきました。


約一時間ほどで台北駅へ到着します。



台北駅の東口にある荷物預所でスーツケースなどの大きいものを預けて


高麗人参の泰盛社でした



コメント

長吉の台湾旅行記②

2011年05月25日 | 旅行





台北から高雄に新幹線(高鉄)でひっとっ跳び二時間ほどで付きます。
日本製の車体なので社内の様子は変わりありません。なんか不思議な感じです。
台北から高雄まで1460NTドルなので約4500円ぐらいですね
車内のお弁当や販売品は結構日本のお菓子や飲み物が揃えられているので日本のお客さんでも快適に過ごせると思います。







車窓からは台湾の夕日が見えます。昔に比べて随分とビルが建ったり工場ができたりと発展したのがわかります。


高麗人参の泰盛社でした
コメント

上げ馬神事 猪名部神社

2011年04月09日 | 旅行
天武天皇皇居あとに建立された
猪名部神社で今日は知り合いの人の好意で桟敷席で見学をしつつ
僕は報道の腕章を調達して新聞社の報道カメラマンと一緒に撮影をしてました。

古くは鎌倉時代から続く由緒ある神事です、選ばれた高校生くらいの少年たちが町の個人が所有する馬にまたがって坂を駆け上がるのはカッコイイですね。
今日は12騎が参加し見事駆け上がったのは4騎、あとは坂を転げ落ちましたがみんな無事でよかったと思います。
駆けあがった少年達の祝詞をあげる姿は実に晴れやかです。また町の人の熱気もすごいです。

高麗人参の写真を撮影しないで遊びの写真を撮影するイケない社長で申し訳ないです。

http://www.inabe-jinjya.or.jp/index.html

高麗人参の泰盛社









コメント