★YUKAの気ままな有閑日記★

とても残念ですが、長期的にお休みします^-^*皆さま素敵な年末年始をお過ごし下さい☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アメリカン・ギャングスター

2008-02-01 20:57:07 | 映画【あ行】

デンゼル・ワシントンとラッセル・クロウの競演だから楽しみにしていた―
【story】
1970年代の初頭のニューヨーク。
誰かに使われる人生から抜け出そうと誓い、麻薬の新しいビジネス・モデルを築きあげることで暗黒街のアメリカン・ドリームを達成していくフランク(デンゼル・ワシントン)。
腐敗が蔓延る警察内で、自分だけは腐ったリンゴになるまいと踏ん張り、麻薬ルートの解明や巨悪に立ち向かっていくリッチー(ラッセル・クロウ)。
絶対に譲れないスタイルと持った男と男の一騎打ちが始まる―
  監督 : リドリー・スコット 『グラディエーター』 『トリスタンとイゾルデ』
(製作総指揮)
 ~実在する麻薬王フランク・ルーカスと、刑事リッチー・ロバーツの実話に基づく物語~

【comment】
157分という長尺を感じさせない見応えある映画だった―
デンゼル・ワシントンとラッセル・クロウの演技が素晴らしく、ラスト付近までは、漂いくる緊張感に酔いしれながら鑑賞出来た。

 
フランク・ルーカス―
15年間、ハーレムを牛耳っていたボスの傍で働き、悪に手を染め抜いてきた男。
彼は、ボス亡き後、ベトナム戦争で喘ぐアメリカで、持前の才覚と行動力を駆使し、全く新しい麻薬ルートの開拓に成功する。
そして、母親はじめ身内たちを呼び寄せて、兄弟や従兄たちを使い、純度の高い麻薬を巧みに売りさばいていくのだ。
大邸宅に贅沢な暮らし、美しい妻を手に入れたフランクは、やがて白人マフィアの下で甘んじてきた黒人ギャングではなく、『麻薬王』と呼ばれるまでにのし上がっていくが―

  ~マフィアが100年かかっても出来なかったことを、たった一人で成し遂げた男~

 
リッチー・ロバーツ―
汚職塗れの警察内でただ一人賄賂を拒み続け、犯罪者のトランクにあった100万ドルでさえも正直に申告する男。
彼の強過ぎる正義感は、仲間内では受け入れられず憎まれてもいた。
私生活はだらしがなく、妻子に去られたが、法律家になることを夢見る勉強家でもある。
ある時、特命を受け麻薬捜査班を編成したリッチーは、姿の見えない麻薬の元締めを執念で追い詰めていく―

  ~警察組織が100年がかりで築いた悪しき習慣をぶち壊した変革者~

 

本作は、この2人の男の半生を交互に見せる手法を使っていた。
全く違う人生を歩んでいくフランクとリッチー。
前者は明らかに悪で、後者は善だ。

だが、デンゼル・ワシントン演じるフランクは、どこからどう見てもスマートな常識あるジェントルマンに見え、成功したビジネスマンのような雰囲気が漂っていたのが面白い。
知的で優雅な生活を送るフランクの映像に、時折、麻薬で朽ちていく人々の映像を挟んでくれたおかげで、「一体この男のどこがいけないのか?」と、途中で見失わずに済んだほどだ。

一方、ラッセル・クロウ演じるリッチーは、贅肉タップリの草臥れた男という感じだった。
捜査のために車をこじ開ける姿も、刑事というよりも車泥棒にしか見えなかった(笑)
だが、彼が弁護士を目指して必死に勉強したり、相棒の不正も許さない信念を持った人間であることが少しずつ伝わってきて、「彼なら巨悪に必ず行き着くだろう」と思わせてくれるのだ。

独自のポリシーを持った2人は、やがて対決の時を迎える―
そこまでの見せ方は非常に上手かったしスゴク好みだった。
だが、この映画には、『麻薬王を逮捕する』という所謂フランクリッチーという構図だけではなく、『警察内部の腐敗』というキーワードが潜んでいる。
それ故、事実に基づいているので仕方がないのだろうが、フランクとリッチーの対決後のエピソードが少々蛇足に思えた。
張り詰めていた緊張感がプチッと切れてしまい・・・残念だった気がしたのだ。


 

本作の主人公フランクを観ていたら、『ロード・オブ・ウォー』の主人公を思い出した。
悪を悪として真正面から捉える様子がなく、あくまでも新しいビジネスとして利益を追及していくのだ。
それに、家で贅沢を謳歌する女たちの姿も似ている気がした。
悪に手を染めているであろう愛する者の本当の姿を見ずにオイシイ生活を送り続け、いざ真実が見えた時になって、「悪いことは止めて」と泣きつく。
そんな妻や母親というのは如何なものか。
絶対に悪いことをしていると分かっていながら黙認していた彼女たちにも罪はあるだろう。
そんな人たちにはフランクを責める資格はないのではないか―

     デンゼル・ワシントンの魅力にコロリ   (4点) 


Comments (86)   Trackbacks (124)   この記事についてブログを書く
« ROCK YOU![ロック・ユー!] | TOP | ラスト、コーション »
最近の画像もっと見る

86 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mig)
2008-02-02 00:41:20
由香さん☆

こんばんは、渋い映画でしたよね~
わたしはもっとエンタメ的な ふたりのやりとりが楽しめる作品だと思ってたんだけど、
オトナで骨太な1作でした。わたしにはちょっとあわなかったみたい。
『ゴッドファーザー』ならめちゃめちゃ好きですよ
見応えありました (ジュン)
2008-02-02 00:55:24
わ~い!こんなに早く由香さんの記事にコメント入れられるの私初めてかも!?
今回はこれ見たくて見たくて初日観賞してきました。
ジョニーのスウィーニーさえもそれができなかったのだから
それを思うとすごいこと

俳優の二人大好きなんです。
音楽も心地いいしエキサイティングでパワフルな演技に拍手~

長い映画だったけれどその長さを感じることなく楽しめて大満足の1本となりました。
Unknown (motti)
2008-02-02 09:16:22
由香さんこんにちは。

TBありがとうございました♪
まさに2人の対比のおもしろさですよね。

>絶対に悪いことをしていると分かっていながら黙認していた
飲酒運転ほう助みたいな(違)...。
見応えありましたね (たいむ)
2008-02-02 10:14:50
由香さん、こんにちは。
>そんな妻や母親というのは如何なものか
嘘が嫌だから聞かなかったけど・・とか言っちゃってね。悪い事だってことは知ってるくせにね。
私もチラッと思っていました。

デンゼルの風格に拍手でした(笑)
Unknown (あざみん)
2008-02-02 11:03:51
由香さん、こんにちは♪
2時間半という長い時間でありながら最後まで
飽きることなく楽しめました!
最初はふたりの配役が間違ってるんじゃ?なんて
思いましたけど、そんなことはなかったですね。

対決後のエピは私もいらなかったと思います。
あのシーンからいきなり緊張の糸がブチっと切れて
しまいました・・・。
これから裁判になるってところで終わっていたらな
なんて思います~。
大満足の映画でした! (テクテク)
2008-02-02 13:37:38
こんにちは
リドリー・スコット監督の前作映画「プロバンスの贈り物」では、
見事に撃沈されてしまった私でしたが、
今回の映画は、もう大満足でした

サスペンスやアクションというよりは、
間逆の立場である二人の男の人間ドラマに
すっかり魅せられちゃった感じです

映画に描かれていたアメリカには愕然としましたが、
最後の最後に救われました…
珍しく (kenko)
2008-02-02 16:31:36
公開早々観てきました
いつもはたいてい出遅れる私にしては快挙

私もこれは長さを感じず楽しめましたよー見応えありましたね!
デンゼル・ワシントンとラッセル・クロウ、それぞれのイメージの逆を行くキャスティングが良かったのかな?
確かに二人が対峙するまでの緊張感に比べ、最後の方は意外な展開だったかも・・・
急に意気投合しちゃって(笑)
でもそれが事実なんですもんね。
緊張感ありましたね (くまんちゅう)
2008-02-02 19:18:26
特に精製現場突入の所は痺れましたです。
デンゼルパートとラッセルパートを2本の川のように平行させて繋げる手法は上手かったです。
合流してから違う方向へ流れてた気がしないではありませんが、、、、
ギャングの女性達もそうでしたけど、親権を争っていた元妻の発言に唖然としてしまいました、あんなのがいたんじゃ汚職はなくなら無いですね。
あっ! (miyu)
2008-02-02 20:31:01
そうそう!途中で見失いかけそうになるんだけど、
麻薬の怖さや、フランクがしているコトはビジネスと
決して割り切れるものではないことが差し込まれるのは
おっしゃるように良かったですよね。
じゃないと、デンゼル・ワシントンのスマートさが、
悪に見えなかったかもしれませんものね。
Unknown (えふ)
2008-02-02 20:58:37
わたしも上映時間の長さを感じない作品で、
とてもおもしろかったです。

でもラストは由香さんと反対に、
フランクとリッチーで警察の賄賂をあばいて
逮捕者がでる過程はけっこう気持ちよくみれました。

post a comment

Recent Entries | 映画【あ行】

Similar Entries

124 Trackbacks

『アメリカン・ギャングスター』 (Sweet*Days**)
監督:リドリー・スコット CAST:デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ 他 1970年代初頭、ハーレムを仕切っていたボスの運転手を...
アメリカンギャングスター/AMERICAN GANGSTER (我想一個人映画美的女人blog)
最近、一人で十分に主役をはれる二大スターの共演が多い気がするけど、 カリスマギャングのボス{/v/}刑事って聞いて何となく逆かな?とも思ってた。 ま、ラッセル・クロウはカリスマなギャングには見えないんだけど。 デンゼル・ワシントンも初の悪役? 元々優しそう...
「アメリカン・ギャングスター』 (ラムの大通り)
(原題:American Gangster) ----この映画評判いいよね。 リドリー・スコットとしては『ブレードランナー』以来の傑作と 評している人もいるんでしょ? 「そう。そこがスゴいよね。 比較がオスカー受賞の『グラディエーター』ではなく、 あの『ブレードランナー』」 ----...
アメリカン・ギャングスター/ほんとうに悪いのは誰だ。 (よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
麻薬の売人、麻薬中毒、麻薬の製造人、汚職警官。でもそんな世界を作ったのは誰なのか。俺のやってることは本当に悪いことか?───娯楽作のフリをしていろんな疑問を投げかける傑作登場。
アメリカン・ギャングスター(試写会にて) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
汚れた手でつかんだ、美しき人生。人生を賭けてつかんだ、美しき正義。けもの道を行く実在の男たちの、容赦なき闘いの人生!! 1970年代初期のニューヨーク。ハーレムを仕切るギャングのボスに15年間仕えてきた運転手のフランク・ルーカスは、ボス亡き後、誰かに使わ...
アメリカン・ギャングスター (BLACK&WHITE)
【AMERICAN GANGSTER】2000年/アメリカ 監督:リドリー・スコット  出演:デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ、キウェテル・イジョフォー...
感想/アメリカン・ギャングスター(試写) (EDITOREAL)
成り上がりギャングスタvsはぐれ刑事潔癖派にシビれました。『アメリカン・ギャングスター』2月1日公開。大物ギャングに15年仕えてきた男。ボスの死を機に独立した彼は、独自の麻薬ルートを開拓。ベトナムからの直接買い付けで低価格ドラッグのマーケットを形成し、一躍ギ...
アメリカン・ギャングスター (ネタバレ映画館)
デンゼル・ワシントンとラッセル・クロウの2大スターがガチンコ対決!
アメリカン・ギャングスター (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
ァレだろ。 満を持して、リドリー・スコット監督、"巨匠"としてギャングモノを撮ってみました...ってか。
アメリカン・ギャングスター (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
リドリー・スコット監督、ラッセル・クロウ、デンゼル・ワシントン主演。時代はブラックパワー旋風が吹き荒れていたアメリカ。裏社会でもこのパワーが吹き荒れていたことが分かる。けれど、今も生存するフランク・ルーカスをベースにした実話に基づく映画という触れ込みだ...
「アメリカン・ギャングスター」みた。 (たいむのひとりごと)
冒頭、まさに「R-15」だと思ったけれど、その後はさほど残酷なこともなく、しっかり最後の最後まで観続けることが出来た。どちらもヒーローが似合う2大オスカー俳優なのに真っ向対決?・・と割り切れない想いを
アメリカン・ギャングスター (B級パラダイス)
平日公開作品を観に行くのは久々かも。映画の日ということもあって客席にはたくさんの人がおりました。
アメリカン・ギャングスター/デンゼル・ワシントン (カノンな日々)
金曜日が公開初日というのは私にとってはけっこう嬉しいんですよね。毎月1日のファーストデイと重なったもののシネコンはガラガラで過ごしやすくて快適でした。本編157分という大作なんだけど、終わってみれば短く感じられた、という作品だったらいいんだけどなァ。 出...
アメリカン・ギャングスター (eclipse的な独り言)
 今日から死ぬほど映画見まくります。(馬鹿)さて、この映画、どちらが主演なのでし
やっぱり、こうでなくちゃ!『アメリカン・ギャングスター』 (水曜日のシネマ日記)
実在した伝説のギャング、フランク・ルーカスと、それを追う正義感溢れる刑事の物語です。
アメリカン・ギャングスター (りらの感想日記♪)
【アメリカン・ギャングスター】 ★★★★ 試写会(2) 2008/01/22ストーリー 1968年、ニューヨーク。黒人ギャングのボス、バンピ
アメリカン・ギャングスター (C note)
巨匠リドリー・スコットが監督として手掛ける最新作は・・・デンゼル・ワシントンV
2008-06『アメリカン・ギャングスター』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2008-06『アメリカン・ギャングスター』(更新:2008/02/02) 評価:★★★★☆ 信念を貫いた2人の男が出会うとき 原題は「AMERICAN GANGSTER」です。 渋谷で『人のセックスを笑うな』を観ようとした...
アメリカン・ギャングスター (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『けもの道を行く実在の男たちの、容赦なき闘いの人生!』  コチラの「アメリカン・ギャングスター」は、デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ主演、リドリー・スコット監督の2/1公開となったR-15指定のノンフィクション・クライム・ムービーなのですが、早速観...
アメリカン・ギャングスター (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2007年/アメリカ 監督:リドリー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン(フランク・ルーカス)    ラッセル・クロウ(リッチー・ロバーツ)    ライマリ・ナダル(エヴァ)    ジョシュ・ブローリン(トルーポ刑事)  ...
アメリカン・ギャングスター (めでぃあみっくす)
やっぱりリドリー・スコット監督は凄い!こんな重厚なドラマを撮れるのはこの監督しかいないのではないかと思わせるくらいに、肉厚で全くのだれるところのない映画でした。アカデミーでは助演女優賞と美術賞の2部門のノミネートしかありませんが、ゴールデングローブ賞で...
映画:アメリカン・ギャングスター (駒吉の日記)
アメリカン・ギャングスター(TOHOシネマズ六本木ヒルズ) 「成功して敵を作るか、敗れて友を作るか」 ギャングvs検察っていうと「アンタッチャブル」(1830年代禁酒法下アル・カポネと財務局捜査官ネスとの攻防)。実話を元にっていうところ、警察の腐敗っぷりも同...
アメリカン・ギャングスター (映画鑑賞★日記・・・)
【AMERICAN GANGSTER】R-152008/02/01年公開(02/02鑑賞)製作国:アメリカ 監督:リドリー・スコット出演:デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ、キウェテル・イジョフォー、キューバ・グッディング・Jr、ジョシュ・ブローリン 直販ならではのこのお安さです!
American Gangster (アメリカン・ギャングスター) ネタばれあり (うだるありぞな)
今回紹介するのは、デンゼル・ワシントンとラッセル・クロウの、2大オスカー俳優が主演する、アメリカン・ギャングスター。 ランキングに参加してます。   1968年、ニューヨーク。黒人ギャングのボス、バンピーの右腕として仕えてきたフランク・ルーカス。彼...
映画「アメリカン・ギャングスター」(2007年、米) (富久亭日乗)
    ★★★★☆  「プロヴァンスの贈りもの」(2006年、米)のRidley Scott監督と Russell Croweのコンビに、 Denzel Washington が加わっての実録ギャングもの。  ベトナム戦争が激しくなったジョンソン政権下の1970年代。 ニューヨークの黒人ボスの跡を...
「アメリカン・ギャングスター」:豊洲二丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}ららぽーと豊洲にもスターバックスが入っているのね。何飲みたい? {/kaeru_en4/}アメリカン。 {/hiyo_en2/}どうして? {/kaeru_en4/}よく言うだろ、アメリカン・ギャングスターバックスって。 {/hiyo_en2/}言わない。 {/kaeru_en4/}「アメリカン・ギャング...
映画 【アメリカン・ギャングスター】 (ミチの雑記帳)
試写会にて「アメリカン・ギャングスター」 1970年代のニューヨークを舞台に実在した伝説のギャング、フランク・ルーカスの半生を描く犯罪サスペンス。 おはなし: 1970年代初頭のNY。ハーレムを牛耳っているギャングのボスの運転手をしていたフランク・ルーカス(デンゼ...
アメリカン・ギャングスター (小部屋日記)
American Gangster(2007/アメリカ)【劇場公開】 監督:リドリー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン/ラッセル・クロウ/キウェテル・イジョフォー/ キューバ・グッディングJr/ジョシュ・ブローリン けもの道を行く実在の男たちの 容赦なき闘いの人生! 70年...
●アメリカン・ギャングスター(16) (映画とワンピースのこでまり日記)
ラッセル・クロウってこんなに恰幅よかったっけ??
アメリカンギャングスター(映画館) (ひるめし。)
暗黒街のカリスマと、正義をつらぬく刑事 その道を進むのなら、俺を倒してから行け
映画レビュー「アメリカン・ギャングスター」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
◆プチレビュー◆実在の麻薬王と熱血刑事を描いた実録犯罪劇。ワシントンとクロウの骨太の演技は見応えたっぷりだ。 【75点】  70年代のNYハーレム。フランクはベトナム戦争を利用して麻薬ビジネスを拡大、暗黒街の陰のボスとして君臨する。目立たず行動し、決して...
「アメリカン・ギャングスター」 (かいコ。の気ままに生活)
1970年代伝説のギャング、フランク・ルーカスの半生。「アメリカン・ギャングスター」公式サイトしがない運転手から麻薬王にまで上りつめた男をデンゼル・ワシントン。彼を追う刑事に ラッセル・クロウ。警官を憎む麻薬王デンゼルは ほんとスマートな実業家ぽくて家族も...
【試写会】 『アメリカン・ギャングスター』 (2007) / アメリカ (NiceOne!!)
原題:AMERICANGANGSTER監督:リドリー・スコット出演:デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ公式サイトはこちら。<Story>1970年代初期のニューヨーク。ハーレムを仕切るギャングのボスに15年間仕えてきた運転手のフランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)は...
アメリカン・ギャングスター(2007年) (勝手に映画評)
1960年代末期から1970年代前半に掛けて、ニューヨークの麻薬ビジネスを仕切った一人の黒人マフィアに関する話。実話である。 デンゼル・ワシントンの”悪役”姿が珍しいです。”悪役”と言っても、大物ギャングなので、”やり手の実業家”と言う見た目ですが、人殺しも躊...
アメリカン・ギャングスター American Gangster (いい加減社長の日記)
2大スターの共演で、ストーリーも面白そうな「アメリカン・ギャングスター 」を選択。 「ウォーター・ホース 」も気になるけど、そちらは次の機会、ということで。 「UCとしまえん 」は、普通より少し多め? 「アメリカン・ギャングスター 」は、大きめのスク...
アンダーワールド版アメリカン・ドリーム☆『アメリカン・ギャングスター / AMERICAN GANGSTER』☆ (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
70年代に実在した麻薬王の半生を描いた作品。 黒人のマフィアなんだけど、家族で組織を動かしていくスタイルは『ゴッド・ファーザー』のイタリアン・マフィアのよう。 本作のデンゼル・ワシントンは、すんごく良い~~~!!!(*^_^*) ギャングとはいえ、まるでビジネ...
アメリカン・ギャングスター (映画のメモ帳+α)
アメリカン・ギャングスター(2007 アメリカ) 原題   AMERICAN GANGSTER   監督   リドリー・スコット    脚色   スティーヴン・ザイリアン       撮影   ハリス・サヴィデス                   音楽   マルク・ストラ...
*アメリカン・ギャングスター* (Cartouche)
{{{   ***STORY*** 1968年、フランク・ルーカスは長年仕えたハーレムの黒人ギャングのボスの死後、独自の麻薬ビジネスを展開する。やがて大物マフィアをも出し抜く成功を手にするが、目立たないことを信条にする彼の素顔はベールに包まれたままだった。一...
「アメリカン・ギャングスター」 僕の好きなリドリー (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
この映画、評判も上々やのに、なんか、もひとつやった。 リドリー・スコット監督好きやねんけど、「好きやった」と過去形になるということが自分の中で確定しました。 『エイリアン』『ブレードランナー』『テルマ&ルイーズ』大好きやったな~。 あの頃の、リドリー・ス...
アメリカン・ギャングスター (映画鑑賞★日記・・・)
【AMERICAN GANGSTER】R-152008/02/01年公開(02/02鑑賞)製作国:アメリカ 監督:リドリー・スコット出演:デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ、キウェテル・イジョフォー、キューバ・グッディング・Jr、ジョシュ・ブローリン 腐りきったニューヨーク警察に、喝...
アメリカン・ギャングスター (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  『愚かな美徳』の果てに『真の正義』  
アメリカン・ギャングスター (迷宮映画館)
デンゼル・ワシントンvsラッセル・クロウのガチンコのシーンは、とっても少ないです。
アメリカン・ギャングスター (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
原題 AMERICAN GANGSTER 上映時間 157分 製作国 アメリカ 製作年度 2007年 初公開年月 2008/02/01 監督 リドリー・スコット 製作総指揮 スティーヴン・ザイリアン、マイケル・コスティガン、ブランコ・ラスティグ 脚本 スティーヴン・ザイリアン 音楽 マルク・...
アメリカン・ギャングスター American Gangster (映画!That' s Entertainment)
●「アメリカン・ギャングスター American Gangster」 2007 アメリカ Universal Pictures,Imagine Entertainment 157min. 監督:リドリー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ、ルビー・ディー他 この映画は、スタッフロールが出終わって会...
アメリカン・ギャングスター (心のままに映画の風景)
1970年代、ニューヨーク。 ハーレムを牛耳っているギャングのボスの運転手をしていたフランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)は、ボスの亡き後、東南アジアで独自の麻薬ビジネスを展開する。 やがて大物マフィアをも
アメリカン・ギャングスター 63点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
『ギャング・スター』にあこがれるようになったのだッ! 公式サイト 60年代末から70年代にかけて、NYハーレムにおける麻薬密売市場に君臨していたフランク・ルーカスと、密売ルートを追う捜査官リッチー・ロバーツ刑事の、実在人物による実話を元に描かれた、リドリー...
アメリカン・ギャングスター (Yuhiの読書日記+α)
リドリー・スコット監督の実話を元にしたというこの作品、前評判が高かったので早速見てきました。お客さんの層は割りと高めで客席もほぼ埋まっていましたね。50~60歳くらいの人が多いのはちょっと意外な気がしましたが・・・。 <あらすじ> 1968年、フランク・ル...
【アメリカン・ギャングスター】 (NAO-C☆シネマ日記)
  汚れた手でつかんだ、美しき人生。 人生を賭けてつかんだ美しき正義。 ・・1970年代、ニューヨーク。実在の麻薬王と刑事の容赦なき闘いの物語・・ 「面白かった」とか「つまらなかった」とかの感想よりも先に まず、『私、こんな映画が大好きだ!!』と声を大...
「アメリカン・ギャングスター」 (クマの巣)
デンゼル・ワシントンVSラッセル・クロウの「アメリカン・ギャングスター」観ました。 リドリー・スコットが1970年代のニューヨークを舞台に黒人ギャングのボスのデンゼル・ワシントンと、刑事のラッセル・クロ
「アメリカン・ギャングスター」 American Gangster (俺の明日はどっちだ)
Get in line. That one stretches around the block. 片やハーレムを牛耳っていた黒人ボスの死とともに跡目を継ぎ、ヘロインの産直という新たなるシステムを考え付き実行し成功の階段を駆け上り、ひとつの「アメリカンドリーム」を成し遂げるギャングスター、フランク...
アメリカン・ギャングスター (5125年映画の旅)
1960年代。ニューヨーク・ハーレムの実力者パンピーの死後、彼の後釜ルーカスは独自の麻薬密輸入ルートを確立し、家族を率いて裏社会の実力者にのし上がる。一方、腐敗した警察機構の中で実直な正義を貫く捜査官ロバーツは、新設された麻薬捜査班を率いて麻薬密売シン...
映画 『アメリカン・ギャングスター』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆『グラディエーター』の名匠、リドリー・スコット監督がメガホンを取り、しがない運転手から麻薬王にまで上りつめた男の一代記を骨太に描く。1970年代の初頭のニューヨークで、ハーレムを牛耳っているギャングのボスの運転手をしていたフランク・ルーカ...
「アメリカン・ギャングスター」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「American Gangster」2007 USA 実話を元に、ブラック(アフリカ系)のギャングスターとユダヤ系の刑事が対決する犯罪サスペンス・ドラマ。 主演の二人は「インサイドマン/2006」「デジャヴ/2006」 のデンゼル・ワシントン&「プロヴァンスの贈りもの/2006」のラッ...
アメリカン・ギャングスター (You got a movie)
監督   リドリー・スコット キャスト ラッセル・クロウ      デンゼル・ワシントン      キウエテル・イジョフォ ほか 1960年代から1970年全半にかけてニューヨークで麻薬ビジネスの頂点に立った黒人マフィアをデンゼル・ワシントンが、またそれ...
【アメリカン・ギャングスター】 (日々のつぶやき)
監督:リドリー・スコット 出演:ラッセル・クロウ、デンゼル・ワシントン 「1970年代のニューヨークは麻薬が蔓延っていた。ハーレムを仕切るボスの運転手として15年間使え尊敬していたフランクは、ボスの死後彼に教わったことを活かし後を継ぐことを決意する。直接現
アメリカン・ギャングスター (Akira's VOICE)
悪い事をすると必ず捕まります。
「アメリカン・ギャングスター」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「アメリカン・ギャングスター」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ、キウェテル・イジョフォー、キューバ・グッディング・Jr、ジョシュ・ブローリン、テッド・レヴィン、アーマンド・アサンテ、ジ...
アメリカン・ギャングスター (バビロン21)
渋い!これぞハードボイルドだ! 麻薬王に成り上がったハーレム街の首領(ドン)。そして人一倍正義感が強い 野獣刑事(デカ)。それぞれに異なる「修羅の道」を歩み続ける二人の男の生 き様を軸に描いた犯罪サスペンス。この映画、なんと実話がベースになっ...
デンゼル・ワシントンがカッコよすぎる件について~『アメリカン・ギャングスター』 (真紅のthinkingdays)
 AMERICAN GANGSTER  60年代後半から70年代、ベトナム戦争が泥沼化するアメリカ、ニューヨーク。 黒人ギャングのボスの運転手から、その才...
アメリカン・ギャングスター (ぷち てんてん)
そうか~~、リドリー・スコットだったんだ!それで、ラッセル・クロウなわけね?☆アメリカン・ギャングスター☆(2007)リドリー・スコット監督デンゼル・ワシントンラッセル・クロウキウェテル・イジョフォーキューバ・グッディング・Jrライマリ・ナダルストーリー ...
アメリカン・ギャングスター (future world)
リドリー・スコット監督、デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ出演のアメリカギャングもの~~これだけで観る理由は十分、 ただ、157分という上映時間・・・中だるみ、睡魔で最後まで持ち堪えるか・・・ 時代はベトナム戦争のころ、ニューヨークでの黒人ギャ...
アメリカン・ギャングスター (メルブロ)
アメリカン・ギャングスター 198本目 2008-4 上映時間 2時間37分 監督 リドリー・スコット 出演 デンゼル・ワシントン ラッセル・クロウ キウェテル・イジョフォー キューバ・グッディング・ジュニア 評価 8点(10点満点) 会場 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ...
アメリカン・ギャングスター (映画を観たよ)
苦手克服ならず。
アメリカン・ギャングスター (2007) AMERICAN GANGSTER 157分 (極私的映画論+α)
 二人とも「クソ真面目」でした(笑)
アメリカン・ギャングスター (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価★★★★★ 脇役たちが主役に向かって言う名台詞に要注目!
アメリカン・ギャングスター (まぁず、なにやってんだか)
長い上映時間ですが、人物説明をきっちりやってくれるので、置いていかれることなく、最後まで楽しく観られました。 フランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)が青年実業家のようなピシッとした身なりで、独自のアイデアでのし上がっていくところは、とてもカッコイ...
『アメリカン・ギャングスター』 (cinema days 『映画な日々』)
 1970年代初頭のN.Y.  麻薬ビジネスで台頭した男フランク・ルーカス VS  買収の誘惑を撥ね退け特別麻薬取締班で  活躍した男リッチー・ロバーツ  実在の麻薬王と刑事の闘いの物語  個人評価 ★★★  『 映画雑感 』
映画『AMERICAN GANGSTER』劇場鑑賞 (蛇足帳~blogばん~)
Ridley Scott監督作品で、Denzel WashingtonにRussell Croweという2大オスカー俳優の対決が話題の『AMERICAN GANGSTER』を観て来ました。 全米で大ヒットし、日本でも前評判がすこぶる良い作品でしたが、実際に鑑賞して………本当に見応えのある映画だった!観て良か...
アメリカン・ギャングスター (映画君の毎日)
2時間37分。 心配なのは、あいにくの雪の為トイレが近い事だけ。 でもあっという間に時間が過ぎた。 渋い。カッコイイ。面白い。勉強になった。 一般的な麻薬・マフィア・ギャング映画だと思い込んで観ると、 アクションや銃撃が少ないので今ひとつに思っ...
アメリカン・ギャングスター(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】リドリー・スコット 【出演】デンゼル・ワシントン/ラッセル・クロウ/キューバ・グッディングJr/カーラ・グギーノ/ジョン・オーテ...
★アメリカンギャングスター(2007)★ (CinemaCollection)
AMERICANGANGSTER暗黒外のカリスマと、正義を貫く刑事。その道を進むなら、俺を倒してから行け。メディア映画上映時間157分製作国アメリカ公開情報劇場公開(東宝東和)初公開年月2008/02/01ジャンルサスペンス/犯罪/ドラマ映倫R-15【解説】2大オスカー俳優デンゼル・ワ....
『アメリカン・ギャングスター』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アメリカン・ギャングスター」□監督 リドリー・スコット □脚本 スティーヴン・ザイリアン □キャスト デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ、キューバ・グッディング・Jr、ジョシュ・ブローリン、キウェテル・イジョフォー、アーマ...
己の信念を愛した2人の男●アメリカン・ギャングスター (Prism Viewpoints)
“自分”を捨て、“家族”を愛したギャングスター。 “家族”を捨て、“自分”を愛したポリススター。 『American Gangster』 アメリカン・ギ...
男と男のガチンコ勝負!【アメリカン・ギャングスター】 (犬も歩けばBohにあたる!)
男と男のガチンコ勝負! 熱い映画を久しぶりに見ました。 オスカー俳優デンゼル・ワ
アメリカン・ギャングスター (スワロが映画を見た)
原題:AMERICAN GANGSTER 製作年度:2007年 製作国:アメリカ 上映時間:157分 配給:東宝東和 監督:リドリー・スコット 原作:―― 脚本:ス...
アメリカン・ギャングスター (とりあえず、コメントです)
1970年代にニューヨークで暗躍した実在のギャング、フランク・ルーカスと 麻薬を追う過程でフランクを追い詰める警察官リッチー・ロバーツの生き様を描いた物語です。 デンゼル・ワシントンの存在感は圧倒的でした。 ニューヨークを仕切っていたマフィアのボスに15年仕...
アメリカン・ギャングスター (利用価値のない日々の雑学)
1970年代、麻薬生産地帯といえば、ゴールデントライアングルといわれる、タイ、ラオス、ミャンマー国境地帯である。当時生産した麻薬はすべて米国政府が買い取った。そもそもがアヘン戦争で儲けた連中が支配層を形成し、その麻薬業者がCIA設立に関与したのが、アメリカと...
アメリカン・ギャングスター (ルナのシネマ缶)
1970年代、ニューヨーク。 実在の麻薬王と刑事の物語。 ちょうど、ベトナム戦争の頃の 話なのですが、その頃の ニューヨークがこれほど 腐敗していたとは驚きです。 157分とこれも結構長いです! 1968年、フランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)は、 長年...
アメリカン・ギャングスター (虎猫の気まぐれシネマ日記)
60年代末から70年代初頭にかけて,ニューヨーク・ハーレムに君臨した アフロ・アメリカンの麻薬王フランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)の生きざまと、彼を追う刑事リッチー・ロバーツ(ラッセル・クロウ)の執念の捜査を描いた,実話に基づく物語。監督はリドリ...
映画「アメリカン・ギャングスター」を試写室にて鑑賞。 (masalaの辛口映画館)
 「アメリカン・ギャングスター」@東宝東和試写室 映画の話 1970年代の初頭のニューヨークで、ハーレムを牛耳っているギャングのボスの運転手をしていたフランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)は、ボスの亡き後、東南アジアの麻薬を密輸する計画を決行する。時に横...
アメリカン・ギャングスター (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  『愚かな美徳』の果てに『真の正義』  
【劇場映画】 アメリカン・ギャングスター (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 1968年、フランク・ルーカスは長年仕えたハーレムの黒人ギャングのボスの死後、独自の麻薬ビジネスを展開する。やがて大物マフィアをも出し抜く成功を手にするが、目立たないことを信条にする彼の素顔はベールに包まれたままだった。一方、汚職がはびこる...
アメリカン・ギャングスター (映画通の部屋)
「アメリカン・ギャングスター」AMERICAN GANGSTER/製作:2007
アメリカン・ギャングスター (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 アメリカ  サスペンス&犯罪&ドラマ  監督:リドリー・スコット  出演:デンゼル・ワシントン      ラッセル・クロウ      キウェテル・イジョフォー      キューバ・グッディング・Jr 【物語】 1968年、ニューヨーク。黒人ギャングのボス、バ...
アメリカン・ギャングスター (餃子問題 中国  ニュース  中国餃子問題  反対 )
アメリカン・ギャングスター誰かに使われる人生から抜け出そうと誓い、麻薬の新しいビジネス・モデルを築きあげることで暗黒街のアメリカン・ドリームを達成していくフランク(デンゼル・ワシントン)。腐敗が蔓延る警察内で、自分だけは腐ったリンゴになるまいと踏ん張...
アメリカン・ギャングスター (ニコニコ動画 HATSUNE  位発病  VOCALOID  Rolly  ニコニコ )
本当ですか! アメリカン・ギャングスター誰かに使われる人生から抜け出そうと誓い、麻薬の新しいビジネス・モデルを築きあげることで暗黒街のアメリカン・ドリームを達成していくフランク(デンゼル・ワシントン)。腐敗が蔓延る警察内で、自分だけは腐ったリンゴになる...
アメリカン・ギャングスター (エヴァンゲリオン4 プレミア 解析 攻略掲示板 SANKYO Bisty  制御ロム解除)
アメリカン・ギャングスターアメリカンギャングスター!! おっぱっぴー
アメリカン・ギャングスター (腹黒い白猫は見た!!)
2008年46本目映画「アメリカン・ギャングスター」暗黒街のカリスマと、正義をつらぬく刑事。その道を進むのなら、俺を倒してから行け。ストーリー誰かに使われる人生から抜け出そうと誓い、麻薬の新しいビジネス・モデルを気付き上げることで、暗黒街のアメリカンドリーム...
[映画]アメリカン・ギャングスター (お父さん、すいませんしてるかねえ)
ギャングスターは暴力的な犯罪集団のことだそうです。 やくざを英語で「ジャパニーズ・マフィア」と呼んだりしますが、基本的に構成員はギャングスター。 てっきり「チンピラ」とか「愚連隊」のことかと思っていました。 あらすじを簡単に 「ハーレムのロビンフッド」と...
「アメリカン・ギャングスター」 「アメリカン」である意味 (はらやんの映画徒然草)
タイトルに何故「アメリカン」とついているのでしょうか? イタリアン・マフィアから
アメリカン・ギャングスター (さくらの映画スイッチ)
ビジネス、秩序、ファミリー、人種格差、戦争、そして正義、友情。・・・・・今にも通じる寓意。最高にドキドキして面白かった。そして、エンドロールが終わった後には、謎のワンショットがあった(笑)・・・
アメリカン・ギャングスター (とんとん亭)
「アメリカン・ギャングスター」 2008年 米 ★★★★★ 先週、大雪のため見逃したけど風邪のせいで思わぬ5連休となってしまった私は 踏ん張って昨日、観てまいりました。 いや~~~めっちゃ面白い!!! 濃いめの人間ドラマとか、犯罪物が好きな人に...
映画を観た~アメリカン・ギャングスター~ (垂直落下式どうでもいい話)
『アメリカン・ギャングスター』を観ました。 けもの道を行く実在の男たちの 容赦なき闘いの人生! ストーリー&解説:1968年、フランク・ルーカスは長年仕えたハーレムの黒人ギャングのボスの死後、独自の麻薬ビジネスを展開する。やがて大物マフィアをも出し抜く...
拳銃の星 リドリー・スコット 『アメリカン・ギャングスター』 (SGA屋物語紹介所)
やあ、良い子のみんな! 「いきいき社会科」始まるよ! みんなはドラッグ大好きだよ
拳銃の星 リドリー・スコット 『アメリカン・ギャングスター』 (SGA屋物語紹介所)
やあ、良い子のみんな! 「いきいき社会科」始まるよ! みんなはドラッグ大好きだよ
アメリカン・ギャングスター (Good job M)
公開日 2008/2/1監督:リドリー・スコット 「グラディエーター」出演:デンゼル・ワシントン/ラッセル・クロウ/ジョシュ・ブローリン/アーマンド・アサンテ 他【あらすじ】1970年代の初頭、ニューヨークのハーレムを仕切るギャングのボスに仕えてきた運転手・フランク....
アメリカン・ギャングスター (夫婦でシネマ)
期待を裏切らない大興奮のアクション・ドラマ!麻薬王のデンゼル・ワシントンとそれを追いつめる刑事のラッセル・クロウ、二人の男の物語に魅了されました。
アメリカン・ギャングスター・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
白黒を足して二で割れば、そこにあるのは灰色のアメリカ。 「アメリカン・ギャングスター」は、リドリー・スコット監督とラッセル・クロウ主...
アメリカン・ギャングスター (Movies 1-800)
American Gangster (2007年) 監督:リドリー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ 70年代のニューヨークを舞台に、実在したギャングと刑事の物語。 D・ワシントン演じるフランク・ルーカスは麻薬ディーラーでありながら、「よりいいものをより安く...
アメリカン・ギャングスター (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年2月1日 公開 「これはアルパカなんだぞ!そんな拭き方が アルかパカ!!!」 はい、『アメギャン』やっと観てまいりました。 基本的に私は、公開2週目以降に突入した作品は少し鑑賞願望が下がっちゃうんですけど、これは押さ...
アメリカン・ギャングスター  (cocowacoco)
映画 「アメリカン・ギャングスター」AMERICAN GANGSTER を観ました           リドリー・スコット監督 2007年 アメリカ 二時間半を越しながら、長さを感じさせない映画でした。 Rスコット監督の、驚きの映像というのは今回感じませんでしたが、人物の厚...
【アメリカン・ギャングスター】 (+++ Candy Cinema +++)
【AMERICAN GANGSTER】 ※映倫 R-15   公式サイト 監督/リドリー・スコット   脚本/スティーヴン・ザイリアン    製作年度/2007年  ...
「アメリカン・ギャングスター」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「アメリカン・ギャングスター」 監督:リドリー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ、キューバ・グッディング・Jr、ジョシュ・ブローリン、キウェテル・イジョフォー、カーラ・グギーノ、RZA、ジョン・オーティス 1968年、ニューヨーク。...
映画「アメリカン・ギャングスター」 (FREE TIME)
映画「アメリカン・ギャングスター」を鑑賞しました。
■アメリカンギャングスター (江戸川心歩・傑作娯楽小説全集)
 成功して敵を作るか。 失敗して友を作るか。 1968年~アメリカ:ベトナム戦争終結までの、麻薬取引の物語である。 黒人ギャングのボス:パンピーが心臓発作で急死した。彼の運転手として、15年間仕えていた、フランクは、東南アジアから、純度の高い麻薬を直接買い付...
『アメリカン・ギャングスター』 (風模様Days)
長い映画です。でも退屈しません。 大人の映画っていう印象の『アメリカン・ギャングスター』出演者の顔ぶれなのか、時代背景なのか、はたまた実話に基づく独特の緊張感なのか、「ギャングスター」というイメージから想像する内容のわりにエンターテイメントさには欠け...
No.019 「アメリカン・ギャングスター」 (2007年 米 157分 ビスタ) (MOVIE KINGDOM ?)
監督 リドリー・スコット 出演 デンゼル・ワシントン     ラッセル・クロウ     キウェテル・イジョフォー この日は久々に土曜日の日中での映画鑑賞となりました。 地元のシネコンであるアポロシネマ8でリドリー・スコット監督の「アメリカンギャングスター...
『アメリカン・ギャングスター』 (きぶんしだい)
ラッセル・クロウ&デンゼル・ワシントン主演『アメリカン・ギャングスター』をTOHOシネマズなんばにて鑑賞 ●あらすじ● 1970年代アメリカ。いつでもどこでもすんなり麻薬が手に入るような世界。 フランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)は、ボスの死後、東南アジ...
アメリカン・ギャングスター を観ました。 (My Favorite Things)
ずっと観たかったのですが…抜け駆けすると相方の怒りをかうのでガマンしていました。
アメリカン・ギャングスター★リドリー・スコット監督作品 (銅版画制作の日々)
 ラッセル・クロウデンゼル・ワシントン   2月12日、東宝シネマズ二条にて鑑賞濃いお二人が熱く共演?結構面白い作品でしたね。   暗黒街のカリスマ、フランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)と正義をつらぬく刑事、リッチー・ロバーツ(ラッセル・...
映画『アメリカン・ギャングスター』を観て (KINTYRE’SDIARY)
18.アメリカン・ギャングスター■原題:AmericanGangster■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:157分■日本語字幕:松浦美奈■鑑賞日:2月10日、渋東シネタワー(渋谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・製作:リドリー・スコット□脚本・製....
「 アメリカン・ギャングスター  / American Gangster (2008) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【アメリカン・ギャングスター(2008) 】2008年2月1日(土)公開 ...
アメリカン・ギャングスター AMERICAN GANGSTER (JUNeK-CINEMA in the JUNeK-YARD)
頑固で真面目な男が、孤独に耐えながらこつこつと悪を追い詰めていく・・・ よくあるパターンでありながら、実話ベースのリアルさと脚本の巧妙さ、そして演技達者な役者さんたちのおかげで、飽きさせないエンタティメントに仕上がっておりました♪ ☆☆☆☆- でござい...
「アメリカン・ギャングスター」 (雑板屋)
リドリー・スコット監督作にしては、少々期待を裏切られた感が・・・。 今この時代に何故?あえてこのギャング映画を製作したのか・・・。やや疑問。 実在したハーレムの黒人ボス、‘バンピー’・ジョンソンの専属運転手だったフランク・ルーカスと、彼を追う麻薬特別...
アメリカン・ギャングスター (こんな映画見ました~)
『アメリカン・ギャングスター』 ---AMERICAN GANGSTER--- 2007年(アメリカ) 監督:リドリー・スコット 出演: デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ、キウェテル・イジョフォー、キューバ・グッディング・Jr 、ジョシュ・ブローリン 1970年代のニューヨークを...
「アメリカン・ギャングスター」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
1968年、NY。ギャングのボス、バンピーの右腕として仕えてきたフランク・ルーカス(デンゼル・ ワシントン)。ボス亡き後、その座を引き継ぎ、自らの帝国を築き上げようと、東南アジアから 純度100%のヘロインを直接仕入れる独自ルートを開拓し、“ブルー・マジック”の...
「アメリカン・ギャングスター」 (シネマ・ワンダーランド)
「エイリアン」や「ブレードランナー」などの作品で知られる英国出身の米監督、リドリー・スコットが2007年、実話をもとに映画化したクライム・サスペンス「アメリカン・ギャングスター」(米、157分)。卓越したビジネス・センスを武器に麻薬王に這い上がった黒人...
【映画】アメリカン ギャングスター…それなりの大作だと俳優は若づくりになる?罠 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
毎月20日前後に長時間残業を発生させつつ苦戦している某出版物の仕事があるのですが、今月は何故か比較的スムーズに進行させることができました。…ということでここ数日も忙しかったわけでは無いのですが、PCゲームに明け暮れていた私なので、ブログは疎かだわ、寝不足だ...
★「アメリカン・ギャングスター」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、リドリー・スコット監督作。 デンゼル・ワシントンとラッセル・クロウのオスカー俳優二人の共演が注目の作品。
アメリカン・ギャングスター (今宵、サムソン・マスマスラーオの映画座で)
    = 『アメリカン・ギャングスター』  (2007) = 1970年代の初頭のニューヨーク。 ハーレムのボスの運転手をしていたフランク(デンゼル・ワシントン)は、ボスの亡き後、東南アジアから麻薬を密輸するという計画をたてる。 ときに横暴ともいえる強引...
アメリカン・ギャングスター (いとし・こいし ~いとしいこいしいものごとのおぼえがき~)
AMERICAN GANGSTER 自分の家ではなく、よそん家でたまたまあったDVDをそこで鑑賞。 女ぐせ悪いけど正義感の強い刑事と 家族思いだけど裏切り者には容赦ないマフィア 対極の位置にあるよな二人の闘いは おそらくこうなるであろうと思ってはいたけど やっぱ...
アメリカン・ギャングスター (Addict allcinema 映画レビュー)
けもの道を行く実在の男たちの、容赦なき闘いの人生!
『アメリカン・ギャングスター』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1968年、フランク・ルーカスは長年仕えたハーレムの黒人ギャングのボスの死後、独自の麻薬ビジネスを展開する。やがて大物マフィアをも出し抜く成功を手にするが目立たないことを信条にする彼の素顔はベールに包まれたままだった。一方、汚職がはびこる警察組...
『アメリカン・ギャングスター』 ('09初鑑賞40・WOWOW) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (5段階評価で 3.5) 3月29日(日) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。