★YUKAの気ままな有閑日記★

とても残念ですが、長期的にお休みします^-^*皆さま素敵な年末年始をお過ごし下さい☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

きみがぼくを見つけた日

2009-10-25 13:33:00 | 映画【か行】
秋には恋愛映画がお似合い―ってことで観て来ました~
【story】
時空を旅する運命を背負うヘンリー(エリック・バナ)は、どんな時にどの時代のどこへ飛ぶのかは自分で選べない。秘密を抱えた孤独な人生を送る彼は、ある日、旅先の過去で、一人の少女に出会う。やがてヘンリーは、少女から美しい心の女性へと成長したクレア(レイチェル・マクアダムス)といつしか愛し合うようになるが―
     監督 : ロベルト・シュヴェンケ

【comment】
『ゴースト/ニューヨークの幻』の脚本家、ブルース・ジョエル・ルービンが脚本を手掛け、製作総指揮にはブラッド・ピットも参加、原作はアメリカで大ヒットした純愛小説―ということで、期待して観に行きましたが、、、個人的には可もなく不可もなくってことでフツウだったかなぁ~
 
主演のお二人は良かったと思います
エリック・バナは、個人的にはごっつくて精悍なイメージがあるので、恋愛映画にハマっているのだろうか?ってな疑問もありましたが(汗)、ヘンリー役はなかなか良かったのではないかしら。
レイチェル・マクアダムスは、とってもキュートでクレア役にピッタリ
レイチェルの『きみに読む物語』が大好きな私は、やっぱり彼女はこういう恋愛映画で魅力を放つなぁ~と思いました。
 
でも、、、あらすじを考えても、とってもロマンチックで切なくて胸キュンな予感があったのに、何故だか観ていてちっともそういうモードになっていかなかったのですぅ~
よくよく映画を思い返せば、『ベンジャミン・バトン数奇な人生』にも通じるような愛の物語なんだけど、、、観ている間は、そんなに気持ちが乗りませんでした(汗)

ヘンリーは遺伝的要素が関係しているらしいタイムトラベラーで、幼い頃から、時と場所を選ばずにガンガン行き先不明でタイムトラベルしちゃいます。
で、、、洋服などはタイムトラベル出来ないために必ず素っ裸のヘンリー、、、まぁ~どうでもいいことですね、それは
そして、ヘンリーは6歳の頃のクレアに会います。
クレアが、突然現れて目の前で消えた謎の男に小さな恋心を抱くのは必然で、、、
この時からクレアはヘンリーに会えることを楽しみに生きていくのです。
ある時、成人したクレアと同じ時空で出会ったヘンリーは、クレアと恋に落ちて結婚するのですが―
・・・ん?ちょっと待てそんなに単純なストーリーじゃーないような気が
とにかくヘンリーは行ったり来たりと忙しい神出鬼没なタイムトラベラーですから、色々あるんだけど、、、
う~ん、その色々の過程にちょっとロマンが足りないと思っちゃったわん。
お話的には結構好きなはずのジャンルなんだけど、単調な気がして、切なさや哀しさも感じられず、早く終わらないかなぁ~なんて考えちゃったりして
 
思うに、色々哀しく切ない要素があるのに、イマイチ中途半端な描き方だったのではないかなぁ~
*ヘンリーは、行く時と場所を選べないし、運命を変えることも出来ない。
*ヘンリーは、遺伝的なタイムトラベラーなので、子どもにも遺伝する。
*ヘンリーは、クレアに待つだけの人生は送ってもらいたくないと考えている。
*クレアだけがヘンリーを受け止めて愛してくれる―二人は運命的な恋人。
ってな要素があるんだからさぁ~、「あ~ん、どうか幸せになってぇ~」とか「何て可哀想なのっ」とか悶絶しても良さそうなものなのに、それがなかったなぁ~
 
個人的には、ヘンリーの運命を変えるために誰かが奔走するーみたいなエピソードがあった方が盛り上がった気がするなぁ~
ただただ受身のタイムトラベルなので、ハラハラしないで淡々と観ていたわん。
原作だと胸キュンなのかな?       (3点)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (33)   Trackbacks (57)   この記事についてブログを書く
« ファイナル・デッドサーキット3D | TOP | 【本】他人事 »
最近の画像もっと見る

33 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (SOAR)
2009-10-25 15:52:58
たしかに前宣伝で感じるような劇的なドラマチックさは弱いんですよね。
原作ではクレアの兄妹やヘンリーの元カノなど多くの登場人物がいて、もっと頻繁なタイムトラベルが起きるんですが、映画はすっきりとまとめてありました。
ヘンリーの選べない“行き先”も、よく考えると伏線にそってちゃんと行くべき時と場所へ飛んでるところはおもしろかったかと。

そうそう、由香さんならエンディングは原作のほうが絶対好みだと思いま~す!
そうなの! (miyu)
2009-10-25 16:33:35
あたしもちょっと物足りなさがあったりしてねぇ。
これはひょっとしたら原作でじっくりと浸った方が
いいんじゃないかなぁ?とさえ思ってしまいました。
お話自体嫌いじゃないし、映画自体悪くないのだけど、
どうにもこうにもあたしにはしっくりとこなかったっつ~
ビミョーなところで悶絶しちゃいました。
由香さんが同じように感じられていてほっとしました。
TBありがとうございました。 (sakurai)
2009-10-26 08:51:25
そそそ、どっか気持ちが乗らないんですよね。
なんか、感動しろ!感動しろ!って押しつけられたような見せ方が、へそ曲がりには、逆にしらけちゃった。
こういった超常現象をあつかうロマンスは、設定が難しいと思いますが、逃れられない別離より、この特殊能力で、奇跡の出会い・・みたいな方が、ぐぐっと来るような気もします。

まあ、こっちもかなりのツワモノのおばさんで、なかなか素直に感動できるほど、可愛くなくなってしまってますから・・・ね。ちょっと哀しいかな。
えっとねー (KLY)
2009-10-26 09:56:22
ちょっとあちゃこちゃ飛びすぎ。^^;
それも子供時代のクレアとかに会ってるならまだしも、何の意味もないジャンプは見せられても「ふーん…」としか言いようがないんだもの。(苦笑)あとヘンリーは運命を変えられないと諦めちゃってるのがねぇ。お母さんの件はだめでも、自分のことぐらい変える努力をして欲しかったし、それで奇跡的に変わったら感動すると思うんですけどね。^^;
Unknown (アイマック)
2009-10-27 15:10:13
由香さん、鑑賞予定にTHIS IS ITが!笑
早くみたいねえ。

>イマイチ中途半端な描き方だったのではないかなぁ~

これって原作は長編みたいだから、時間的に描き足らなかったかもね。
主演のふたりはよかったよ。
SOARさんへ^-^* (由香)
2009-10-28 17:40:30
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

SOARさんは原作をご存じなんですよね~
原作をご存じの方は、映画の評価も高いような気がします。
きっと原作は面白いんだろうなぁ~

私は物語の流れを知らなかったせいか、勝手に先入観でロマンチックを期待したせいか、、、イマイチ感情移入出来ませんでした。俳優さんたちは良かったんだけどなぁ~
ネタバレ的質問ですが・・・ (マリー)
2009-10-28 23:00:29
こんばんは~~♪
私も胸きゅん&号泣予定で観にいったので
アレっ?て感じはあったの。
でもそれは私自身のせいかなと思ってた。(ピュアな心じゃなくなって 苦笑)
でも、みなさん結構同じ感想で~ちょっとホッとしてます。

なんでだろ?
やっぱり少し浅かったのかな?
もうちょっと2人の心情を掘り下げてくれたら、もっときゅんきゅんしたかしら?

でもさ~全裸で移動って大変だよね。
あの娘ちゃんはど~~なるの?(余計なお世話?)
それと彼を撃ったのってパパ?
由香さんおはようございます♪ (mig)
2009-10-29 09:39:17
そう、なーんか見せ場がいまひとつなかったですよね。
レイチェルマクアダムスはすごく可愛い一途な女性でハマってました★

やっぱり由香さんもロマンスが足りない!って思っちゃいました?
だって結局死んでからもタイムトラベルで過去のヘンリーが戻って来るから
いつでも会えるのか~なんて冷めちゃった
miyuさんへ^-^* (由香)
2009-10-29 18:20:34
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

miyuさんも同じように感じましたか~
私にロマンが足りないと思ったのですが、どうやら映画にロマンが足りなかったのかな?(笑)
お話はねぇ~面白くなりそうなんだけど、、、う~ん、構成とかの問題かな?
俳優さんは良かったんだけど、あんまり切なくなったり胸キュンしたりはなかったよねぇ
sakuraiさんへ^-^* (由香)
2009-10-29 18:25:43
こんにちは~♪
コメントどうもありがとうございました^^

sakuraiさんも乗れなかった?
これって、あんまり評判が良くないねぇ・・・いい俳優さんが出ているのに(涙)

>逃れられない別離より、この特殊能力で、奇跡の出会い・・みたいな方が、ぐぐっと来るような気もします
そうなのよ!!もっと運命を変えるように頑張っても欲しかった!!最初から諦めモードなんだもん。

これは、映画にロマンが足りなかっただけで、sakuraiさんにはロマンがたっぷりだと思う(笑)

post a comment

Recent Entries | 映画【か行】

Similar Entries

57 Trackbacks

映画「きみがぼくを見つけた日」@全電通ホール (masalaの辛口映画館)
 今回は「テレビ朝日/cinema club」主権の試写会だ。客入りは7割くらいで非常に女性が多い。映画上映前に久保田直子アナの前説があっての上映であるのだが、これから上映する作品のあらすじをしゃべってしまうのはいかがなものか・・・・。  (CD)きみがぼ...
「きみがぼくを見つけた日」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
うーん、映画の脚本に対して、観客を強引に納得させようとする感じの映画でした。 いきなり、タイムトリップとか、その辺を、説明調でも良いから、若しくは、もっと分かり易く観客に伝える、そんなアプローチで見せてくれれば良かったのですけど、なーんか、取っつきにく...
きみがぼくを見つけた日 (試写会) (風に吹かれて)
愛した人は時の旅人公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/thetim
『きみがぼくを見つけた日』・・・6歳の少女が見つけたのは未来 (SOARのパストラーレ♪)
原作小説を読み終えてからの鑑賞。 この本を手にしあらすじをチェックした当初、タイムトラベラー能力を持つ男が未来の妻を過去に訪ねるという、どちらかというとSFに重点を置いた作品だと思ったのだが読んでみるとそれは設定でしかなく、むしろ希望と切なさとが交錯する...
きみがぼくを見つけた日 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『別の時空へ消えてしまうぼくを、 見つけてくれたのは、きみだった─』  コチラの「きみがぼくを見つけた日」は、オードリー・ニッフェネガーの同名ベストセラー小説を映画化した10/24公開のラブ・ファンタジーなのですが、公開初日に早速観て来ちゃいましたぁ~...
試写会「きみがぼくを見つけた日」 (流れ流れて八丈島)
台風一過の夕焼けの中、今晩は新宿明治安田生命ホールで「きみがぼくを見つけた日」の試写会を観てきました脚本は『ゴースト/ニューヨークの幻』のブルース・ジョエル・ルービンってことで「時空を超える愛の行方と運命に打ち勝とうとする恋人たちの姿が感動を呼ぶ珠玉の....
きみがぼくを見つけた日 (悠雅的生活)
その愛は、裏庭からやってきた
「きみがぼくを見つけた日」 原作を巧妙にまとめている (はらやんの映画徒然草)
最近、小説を読んで映画になったらいいのにと思っていたら、その通りになることが多い
きみがぼくを見つけた日 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
タイムトラベルものにつきものの矛盾を確信犯的に散りばめる、純愛ラブストーリー。ヘンリーとクレアは特別なカップルだ。なぜならヘンリーは遺伝子の異常から時空を旅するタイムトラベラーなのだ。ヘンリーと運命的に愛し合うことになるクレアは、異なる年齢の彼と出会う...
きみがぼくを見つけた日 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★[4/5]甘め パイプカットした意味がまったくないのには笑った!
きみがぼくを見つけた日 (迷宮映画館)
いくらなんでも無理がありすぎると感じたのは・・・・だめかな。
「きみがぼくを見つけた日」 (てんびんthe LIFE)
「きみがぼくを見つけた日」試写会 ヤクルトホールで鑑賞 摩訶不思議なラブストーリー。 結局真髄はつかめませんでした。 このあたりがタイムスリップものの難しいところ。 全く知らなかったんだけど、エンドロールの途中、BRAD PITTというクレジット発見...
どこか悲しい。『きみがぼくを見つけた日』 (水曜日のシネマ日記)
タイムトラベラーの男性と彼を理解し愛し続ける女性の物語です。
きみがぼくを見つけた日 (LOVE Cinemas 調布)
『ゴースト/ニューヨークの幻』の脚本家・ブルース・ジョエル・ルービンの最新作として注目の作品。主演は最近では『消されたヘッドライン』が記憶に新しいレイチェル・マクアダムスと『スター・トレック』、『ブーリン家の姉妹』のエリック・バナ。監督のロベルト・シ...
きみがぼくを見つけた日 (Peaceナ、ワタシ!)
- 別の時空へ消えてしまうぼくを、 見つけてくれたのは、きみだった- 『きみがぼくを見つけた日』の試写会へ行ってきました! NYタイムズのベストセラーリストに28週連続でトップ10入りを成し遂げた純愛小説が原作、そして『ゴースト / ニューヨークの幻』でアカデミ...
きみがぼくを見つけた日 (マー坊君の映画ぶろぐ)
「きみがぼくを見つけた日」監督:ロベルト・シュベンケ(『フライトプラン』) 出演:レイチェル・マクアダムスエリック・バナ(『スター・トレック』『ブーリン家の姉妹』)アーリス・ハワード(『消されたヘッドライン』『幸せのポートレート』)ロン・リビングストン....
きみがぼくを見つけた日 (シネマ日記)
ヘンリーエリックバナは、自らの意思とは関係なく時空を旅してしまうタイムトラベラー。どんな時、どんな場所に行くかは自分では選べず、どんな瞬間に移動してしまうかも選べない。そして、最悪なことに移動するときにはなんと素っ裸で移動してしまう。いま現在の世界にい...
★★★「きみがぼくを見つけた日」エリック・バナ、レイチェル・... (こぶたのベイブウ映画日記)
途中まで、あまり感情移入できなかったのですが、「待つ人生は送らないで」のシーンにホロリ・・。切なさが、最後に一気に寄せてくるようでした。いつ会えるか分からないけれど、葬式をした後も愛する人に会えるのは幸せなんじゃないかと思った。でも、もし再婚したい相手...
きみがぼくを見つけた日 (そーれりぽーと)
時空を超えたラブストーリーと言えば、『ある日どこかで』然り、『バタフライ・エフェクト』然り、『イルマーレ』然り、俺が一番好きなタイプの映画。 しかも時間移動の複雑な設定を生かして、取り返しが付きそうで付かない不条理劇であるほど泣けて面白い。 『ゴースト ...
『きみがぼくを見つけた日』 ('09初鑑賞159・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 10月24日(土) OSシネマズ ミント神戸 シアター7にて 15:00の回を鑑賞。
[映画『きみがぼくを見つけた日』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆本日は公休で、映画鑑賞に適していたのだが、昼間は忙しく、夜も「ビューティー・コロシアム」を21時まで見てしまい、その後、急いで<ワーナーマイカル・村山ミュー>のレイトショーに駆け込んだ。  お客さんは、私と、どこぞのカップルだけだった^^;    ◇...
『きみがぼくを見つけた日』 (京の昼寝~♪)
    □作品オフィシャルサイト 「きみがぼくを見つけた日」□監督 ロベルト・シュベンケ□脚本 ブルース・ジョエル・ルービン □キャスト レイチェル・マクアダムス、エリック・バナ、アーリス・ハワード、ロン・リビングストン、スティーブン・トボロウ...
きみがぼくを見つけた日 / THE TIME TRAVELER'S WIFE (我想一個人映画美的女人blog)
「きみ読む」のレイチェル・マクアダムスとエリック・バナの、 タイムトラベル・ラブファンタジー{/kirakira/} たった1度、劇場で予告篇みちゃって気になった作品。 最近ほんとに「あなた」「きみ」「わたし」「ぼく」なんてつくタイトル多いね~ 今回は「きみぼく」な...
『きみがぼくを見つけた日』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
時空を旅する運命を背負うヘンリーは、どんなときにどの時代のどこへ飛ぶのかは自分で選べない。秘密を抱えた孤独な人生を送る彼は、ある日、旅先の過去で、一人の少女に出会う。やがてヘンリーは、少女から美しい心の女性へと成長したクレアといつしか愛し合うようになる
時間飛行~『きみがぼくを見つけた日』 (真紅のthinkingdays)
 THE TIME TRAVELER'S WIFE  クレア(レイチェル・マクアダムス)が初めてヘンリー(エリック・バナ)に出逢 ったのは、6歳の頃。彼は自ら...
『きみがぼくを見つけた日』 (purebreath★マリーの映画館)
          私の彼はいま、6歳の私に                   会いに行っています。『きみがぼくを見つけた日』監督・・・ロベルト・シュヴェンケ脚本・・・ブルース・ジョエル・ルービン製作総指揮・・・ブラッド・ピット/リチャード・ブレナー/...
映画:きみがぼくを見つけた日 Time Traveler's Wife お勧めタイムスリップもの! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
タイムスリップものが好きな私!としては、見逃せないこの一作(笑) 原作も有名らしい(オードリー・ニッフェネガー) スタッフをみると、ブロデュースになんと「ベンジャミン・バトン」主演のブラピが入っている。 「ベンジャミン・バトン」は当blogとしては鑑賞したもの...
『きみがぼくを見つけた日』(2009)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:THETIMETRAVELER'SWIFE監督:ロベルト・シュベンケ脚本:ブルース・ジョエル・ルービン出演:レイチェル・マクアダムス、エリック・バナ、アーリス・ハワード、ロン・リビングストン試写会場 : 109シネマズMM横浜公式サイトはこちら。<Story>ヘンリー(エ...
きみがぼくを見つけた日 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト原題:THE TIME TRAVELER'S WIFE。ロベルト・シュヴェンケ監督、レイチェル・マクアダムス、エリック・バナ、アーリス・ハワード、ロン・リヴィングストン、スティーヴン・トボロウスキー、ヘイリー・マッカン、テータム・マッカン、ミシェル・ノールデン、フィ...
きみがぼくを見つけた日 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
恋に落ちた相手はタイムトラベラ-(時間旅行者)だった。男は何の前ぶれもなく姿を消し、次にいつ現れるかわからない。二人の愛はこの運命に打ち勝てるのか?・・・世界中でベストセラーとなった純愛小説を「ゴースト/ニューヨークの幻」の脚本家ブルース・ジョエル・ル...
きみがぼくを見つけた日 有楽町朝日ホール 2009.10.16 (◆JOY◆ ~つれづれ日記~)
試写会で観てきました あらすじ:時空を旅する運命を背負うヘンリー(エリック・バナ)は、どんなときにどの時代のどこへ飛ぶのかは自分で選べない。秘密を抱えた孤独な人生を送る彼は、ある日、旅先の過去で、一人の少女に出会う。やがてヘ...
「きみがぼくを見つけた日」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  原作本「タイムトラベラーズ・ワイフ」は出版された当時に読んでいてとても面白くてハマってしまった記憶はあるのです。物語の前半については結構ちゃんと覚えているのに、不思議な事にエンディングがどうしても思い出せなくて…。でも、...
きみがぼくを見つけた日 (心のままに映画の風景)
時空を旅する運命を背負うヘンリー(エリック・バナ)は、前触れもなく突然過去や未来へ飛ばされてしまう。 ある日、偶然出会ったクレア(...
きみがぼくを見つけた日 (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました!せめて、洋服も一緒にタイムトラベルして欲しかった!
★「きみがぼくを見つけた日」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週は貯まってるシネマイレージ会員の鑑賞ポイントを使ってのタダ観。 主演のレイチェル・マクアダムスは、ひらりん好みの作品によく出てくる女優さんなので、 ぜひ観ようと思ってた作品。
きみがぼくを見つけた日 (You got a movie)
監督   ロベルト・シュペンケ キャスト レイチェル・マクアダムス      エリック・バナ  アメリカで大ベストセラーとなった純愛小説を映画化したもので、脚本を『ゴースト/ニューヨークの幻』のブルース・ジョエル・ルービンが担当。原題は「タイムトラベラー...
[映画][劇場公開]きみがぼくを見つけた日 80点 (さとうれおはオレだけか)
タイムトラベルもので主人公が同じ時間帯に二人いることもあります。 ドラえもんでのび太の宿題を片付けるために8人くらいのドラえもんが奮闘するエピソードがありますが洋画はちょっと発想が貧困なのか驚かされる場面が少なかった。 アメリカで公開日が遅れたりしてたと...
きみがぼくを見つけた日 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:THE TIME TRAVELER'S WIFE公開:2009/10/24製作国:アメリカ上映時間:110分鑑賞日:2009/11/01監督:ロベルト・シュヴェンケ出演:エリック・バナ、レイチェル・マクアダムス、アーリス・ハワード、ロン・リヴィングストン、スティーヴン・トボロウスキー、ジェー...
きみがぼくを見つけた日 (ダイターンクラッシュ!!)
2009年10月30日(金) 14:20~ TOHOシネマズ川崎6 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:600円(買っていない) 『きみがぼくを見つけた日』公式サイト フリーパス鑑賞2本目。 「ベンジャミンバトン」な雰囲気。普通でない人間のドラマ。これは恋愛中心。 ...
きみがぼくを見つけた日 (Movies 1-800)
The Time Traveler's Wife (2009年) 監督:ロベルト・シュヴェンケ 出演:エリック・バナ、レイチェル・マクアダムス、ロン・リビングストン オードリー・ニッフェネガーの同名ベストセラー小説の映画化で、自分の意思に関わらずタイムトラベルしてしまう男性と、運命的...
【機内上映】「きみがぼくを見つけた日」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
切なさとありえなさのせめぎ合い。本作のタイムトラベラー・ヘンリーは、自分の意思で時空を飛び回るのではなく、てんかんのような発作が元で過去や未来に飛ばされてしまう。しかも衣服は飛ばされないため、行った先ではいつも全裸。警察などから常に追われるという理不尽...
きみがぼくを見つけた日 (5125年映画の旅)
司書として働くヘンリーは、時間を行き来できる特殊な力を持っていた。しかし時間移動は突発的に起こり、自分ではどの時間に飛ばされるか制御する事ができない。そんな症状に悩むヘンリーの前に現れた女性・クレアが、子供の頃に時間移動した未来のヘンリーに会ったこと...
『きみがぼくを見つけた日』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【THE TIME TRAVELER'S WIFE】 2009年/ワーナー/110分 【オフィシャルサイト】 監督:ロベルト・シュヴェンケ 出演:レイチェル・マクアダムス、エリック・バナ、アーリス・ハワード、ロン・リヴィングストン、スティーヴン・トボロウスキー、ジェーン・マクリー...
【きみがぼくを見つけた日】 (日々のつぶやき)
監督:ロベルト・シュベケ 出演:レイチェル・マクアダムス、エリック・バナ 私の彼はいま、6歳の私に会いに行っています。 「子供の頃に母親と車に乗っていたヘンリーは事故の直前に時を超えた。戻ってきたヘンリーの前に現れたのは大人の自分。それ以来タイム
きみがぼくを見つけた日 (虎猫の気まぐれシネマ日記)
原題の「タイム・トラベラーの妻」というのが示す通り,これは切ないタイム・トラベラーの愛の物語。邦題の「きみがぼくを見つけた日」っていうのは,ちょっとセンスが悪いかな?まあ,原題を直訳しても愛想がないのだけど。 この作品,アメリカでベストセラーになった原...
きみがぼくを見つけた日(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
とりあえず時間確保できたんで、上映時間の都合で「きみがぼくを見つけた日」を選んでみたよ。 ( → 公式サイト  ) 出演: 上映時間:110分  時空を移動してしまう特異体質のヘンリー(エリック・バナ)。 どこへどの時代に飛ぶのか自分でも選...
『きみがぼくを見つけた日』 (『映画な日々』 cinema-days)
幼少の頃、目の前で母を亡くした少年が、 過去と未来を瞬時に行き交うタイムトラベラーとなり、 恋人と巡り逢い家庭を築く迄の数奇な運命を...
きみがぼくを見つけた日 (みすずりんりん放送局)
 『きみがぼくを見つけた日』を観た。  ヘンリー(エリック・バナ)は、時空をさまよう男。  いつ、どこの時代のどこへ飛ぶのかは、...
きみがぼくを見つけた日 【消えてゆく もう待たないで 僕のこと】 (猫の毛玉 映画館)
『きみがぼくを見つけた日』 THE TIME TRAVELER'S WIFE 2009年・アメリカ オードリー・ニッフェネガーの2003年のベストセラー小説を映画化。タイムト...
きみがぼくを見つけた日(2009) (銅版画制作の日々)
原題:THE TIME TRAVELER'S WIFE 私の彼はいま、6歳の私に会いに行っています。 11月10日、MOVX京都にて鑑賞。ラブストーリーはどうも苦手ですが。エリック・バナ が出演しているということもあって鑑賞しました。共演はレイチェル・マクアダムス 。何処かで観たと...
きみがぼくを見つけた日 (DVD YouTube CINEMA)
ラブストーリーについて語られる時、名作として必ずその名が挙げられる『ゴースト/ニューヨークの幻』。その作品の脚本を手掛け、アカデミー...
09-313「きみがぼくを見つけた日」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
待つだけの人生は送らないで  ヘンリーがクレアと初めて会ったのは彼が28歳の時。しかし、20歳のクレアにとってそれは運命的な再会だった。彼女は6歳の時に30代のヘンリーと出会っていた。そう、ヘンリーはタイムトラベラーだったのだ。  しかしその時空移動は彼自身...
きみがぼくを見つけた日 (Blossom)
きみがぼくを見つけた日 THE TIME TRAVELER'S WIFE 監督 ロベルト・シュヴェンケ 出演 エリック・バナ レイチェル・マクアダムス     ア...
きみがぼくを見つけた日  (こんな映画見ました~)
『きみがぼくを見つけた日 』 ---THE TIME TRAVELER'S WIFE--- 2009年(アメリカ) 監督:ロベルト・シュヴェンケ 出演: エリック・バナ、レイチェル・マクアダムス、 ブルックリン・プルー ヘンリー(エリック・バナ)がクレア(レイチェル・マクアダムス)と初め...
きみがぼくを見つけた日  (to Heart)
原題 THE TIME TRAVELER'S WIFE 製作年度 2009年 製作国・地域 アメリカ 上映時間 110分 原作 オードリー・ニッフェネガー 『きみがぼくを見つけた日』(ランダムハウス講談社文庫刊) 脚本 ブルース・ジョエル・ルービン 監督 ロベルト・シュヴェンケ 出演 エリック...
きみがぼくを見つけた日 (ケントのたそがれ劇場)
★★★  この映画を観て、原題が『ザ・タイムトラべラーズ・ワイフ』だということを知って驚いてしまった。この原作本は、かなり前から私の蔵書に加わっているのだが、長い間未読のまま、本棚の奥深く眠っていた。だから『きみがぼくを見つけた日』、というタイトルの本...
ぼくロボット (Akira's VOICE)
「きみがぼくを見つけた日」 「サロゲート」