★YUKAの気ままな有閑日記★

とても残念ですが、長期的にお休みします^-^*皆さま素敵な年末年始をお過ごし下さい☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ザ・マジックアワー

2008-06-21 18:10:55 | 映画【さ行】

意識したわけではないけれど、今年に入って『月一邦画』のペースが出来ていて、今月の邦画は『アフタースクール』を観に行きました~^^・
だってぇ~三谷幸喜監督の作品は、『THE・食わず嫌い』で未見なんだも~ん
でも、、、あれだけ『コウちゃんズ』とか言ってTVで宣伝しまくっていると、、、辟易しながらもだんだん気になってきちゃったの~
「本当に面白いの?」って― (すぐに影響される性格・恥)
ポコっと時間が空いたので、チャチャっと観に行っちゃいました~
【story】
暗黒界の顔役・天塩幸之助(西田敏行)の愛人・高千穂マリ(深津絵里)に手を出してしまった手下の備後登(妻夫木聡)は、命の代償に伝説の殺し屋“デラ富樫”を探し出すハメに。期限の5日が迫ってもデラを見つけ出せない備後は無名の三流役者・村田大樹(佐藤浩市)を雇い、殺し屋に仕立てあげるという苦肉の策を思いつくが―
     監督・脚本 : 三谷幸喜 『THE有頂天ホテル』

【comment】
レディースデイの午前中に鑑賞しましたが、スッゴク混んでいました~
年齢層のかなり高いお嬢さん方が多かったのですが(私もか?!・冷汗)、運悪く、そのお嬢さんの仲良しグループがズラリと並んだ席の前に座っちゃいました~
   で・・・五月蠅いですから、物凄くっ
面白いシーンで笑うのは私も一緒なのですが、お仲間で解説し合うのはヤメテ欲しい。

「またさっきと同じことをしているわよ~」
「見ました?西田敏行のお顔!!」
「ほら、あれはカメラに映りたいのね~目つきが可笑しいわ~」(微妙に上品口調のお嬢さん方)
   ・・・オカシイのは、貴女たちですからっ

ってな感じで、かなりイライラしましたが、「負けるもんかぁ」と観て参りました~
 
さてさて、私は三谷作品に全く免疫がないピヨピヨで、本作を語るに値しないバブ~ちゃんですが(赤んぼ同然の初心者と言いたい)、なかなか楽しんで鑑賞出来ました。
涙が出るくらい笑ったところと、クサクて引いちゃったところが半々くらいだったかな

物語はドタバタなコメディで~す。
レトロな雰囲気漂う港町『守加護』を牛耳るボスの愛人に手を出しちゃった備後は、ボスの怒りを買い、愛人とともに海に沈められそうになる。
その時!機転だけは利く口先人間の備後は、ボスの命を狙った伝説の殺し屋『デラ富樫』と知り合いだぁ~と適当なことを口走る。
そして5日以内にデラ富樫を連れてくると宣言してしまうが、、、その殺し屋は伝説と言われるだけあって、そうそう簡単には見つからない。
困り果てた備後は、売れない俳優の村田にデラ富樫になってもらうことを思いつく。
村田は、自分が主役の殺し屋映画を備後監督が撮るんだぁ~と信じ込まされ、俳優生命を懸けて、一世一代の名演技を本物のギャングの前で披露する羽目になるが、、、

誤解が誤解を生み、思わぬ奇跡を呼ぶオカシナおかしな物語―
 
考えたら、スッゴク単純発想な物語で136分も引っ張るんだから、、、流石と言えば流石だなぁ~と思います。
しかも脚本が驚くくらい纏まっていて、まるで流しそうめんを一本残らずすくい取るような見事さで細部に渡ってちゃ~んと落とし所が用意してあり
、「一体アレはどうなったのよ?」などという立ち消えエピソードなんてありません。
笑わせるツボがしっかりしていて、我慢出来ずに「ヒーヒー」言いながら笑わせて頂き、キチンと邦画っぽい感動話も織り込まれており「ホロリ」とさせられ(何だか言い方が嫌味っぽくてゴメンナサイ・汗)、改めて三谷さんという方の稀有な才能に感嘆致しました。

凝りに凝った情緒豊かなセット、まるで舞台のような大袈裟な芝居、あちこちに配置されていたらしい古き良き映画へのオマージュ、そして豪華なキャストが個性を魅せてくれて、、、とっても楽しかったです。
でもぉ~正直時々クサクも思えちゃってねぇ~
それに、「面白くて笑える」っていうのと「好きな映画」ってのは別物かも、、、アセアセ、、、スミマセ~ン好みの問題だと思いますぅ~

 

さて、豪華キャストですが、TVでしきりに「今まで見たことがない佐藤浩市が見られる―」と言っていましたが、本当にそうでした~
というか、佐藤さんは『スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ』でもお茶目な平清盛を演じていて、それもスゴク好きでしたが、今回の学芸会なみの大袈裟な芝居しか出来ないけれど、映画を愛し、俳優という仕事に情熱を燃やす村田役もハマっていました~
それから、私は西田敏行さんが良かったな。
アドリブ厳禁で撮影に臨んだと聞きましたが、細かい顔の表情が上手かったなぁ~
妻夫木君は、何となく精彩を欠いていたような、、、いい男にも見えなかったし、、、備後という男が薄っぺら野郎だったので仕方ないのかな。
深津絵里さんは器用な女優さんですね~歌声も披露していましたが、お上手でした。
あと、寺島進さんと戸田恵子さんはクセのある役柄でしたが、いい味でした~
話題になったワンシーンだけ登場する方々が映画に彩りを添えていましたね~
寺脇康文さんの付け鼻がツボでした~
 
今回お初の三谷作品に大いに笑わせて頂きましたが、、、他の作品も観てみたいなぁ~とまでは思わなかったかもですぅ~
面白いのですが、何だか私には三谷作品がイマイチ肌には合わないようで、、、
物凄く失礼な事を言わせて頂くと、何となく物語の流れに、*ココは笑わせる*ココは泣かせる*ココはハジケル―とでもト書きが見えるような感覚があって、、、ス・スミマセ~ン
大笑いしたくせに、どうして変な事言っちゃうんだろう?  私のバカ~

さてさて、、、タイトルの『マジックアワー』は映画の専門用語で、太陽が地平線の向こうに落ちてから光が完全になくなるまでの僅かな時間のことだそうです。
その一瞬にカメラを回すと幻想的ないい映像が撮れるとか。
俳優・村田大樹には、マジックアワーに主役をはれるまで夢を追って欲しいですね♪
                                          (3点)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (58)   Trackbacks (121)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アサルト13 要塞警察 | TOP | ★『インディ・ジョーンズ/ク... »
最近の画像もっと見る

58 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こちらにも (ゆかりん)
2008-06-21 21:44:05
うわっ上映中に解説してるのは困りますね。
滅多に映画を観ない方たちなんでしょうか・・・テレビのノリかしらねぇ。

由香さんは三谷作品はいまひとつですか。私も何作かしか観たことがないのですが、この作品はバカウケしとりましたよ私。
一応、佐藤浩市ファンなのでとても楽しめました。あそこまでやれちゃうんだーと感心してしまいました(笑)
Unknown (こでまり)
2008-06-21 22:56:35
こんにちは!
私も笑わせてもらったわりに面白いとは言えないなぁ、なんて思ってしまいました。
(あまのじゃくですかねぇ)
三谷ファンにはたまらなかったと思いますが、
個人的にはイマイチでしたぁ・・・
こんばんは (ひめ)
2008-06-21 23:26:57
解説・・・。
たま~~~にいますよね・・・。
1度2度ならいいかなって思うけど、何度もやられると
イライラしますよねぇ

私も西田敏行さん、すごく良かったです~。
なんだか、キュートでした

肌に合わないっていうのありますよね。
面白くないとか悪いってわけじゃないけど、ハマらないというか。
私はすごーく面白かった!
でも、1番はラヂオの時間かなって感じです^^
可笑しい~~~映画も。由香さんも。 (マリー)
2008-06-21 23:44:28
こんばんは~~♪
やっぱり由香さんの文章は面白い!!
ひとりツッコミ&フォローに笑うわ~。三谷作品より可笑しいかもです~~~(爆)

三谷作品はバブちゃんなんですね?私もオムツが取れたばっかりぐらいです。
私も、彼の“笑え!”という姿勢がイマイチ合わず・・・ただ古畑シリーズだけは、あまりにも田村さんのキャラが良くて、好きなんだ。
で、真剣に彼の「映画」は観る気になれなくて・・・
けれど、この作品も又、佐藤さんキャラがいいから~好きだったんだと思う。
佐藤浩市って前々から~主役時より脇の時が好きだった。今回は主役だけど主役っぽくなくて良かったかな。

それにしても・・・解説おばちゃん、いるいる!たまにいる!!
由香さんとこのおばちゃん、妙にお上品口調が尚更ムカつく~~~(笑)
そういえば『相棒』の時も、お上品口調解説おばちゃん、いたわ!!!

このレビュー最高です。 (ワトソン)
2008-06-22 08:19:39
こんにちは~
映画館慣れしていない人が隣で鑑賞していると
ユナイテッドの戸田奈津子さんじゃ無いけど集中出来ないですね。
三谷監督作品をすべて観ている訳では有りませんが、
私も肌に合いません。可笑しい話は判るのですが
後味が悪いのです。脚本だけにされて演出はもっと適当な人にお願いしてもらえば傑作が出来る気がします。
<涙が出るくらい笑ったところと、クサクて引いちゃったところ>を確認したい衝動に駆られますが、静観したいと思います(^^;
おいらも三谷初鑑賞でしたが (くまんちゅう)
2008-06-22 17:30:45
佐藤浩市を楽しめたので良かったです。
たしかに鼻に付く演出も結構有りましたですが
まあいいかなぁ、と
最後の見せ場でやる前に説明しちゃったのは勿体無かったですね、あれはいきなりやってくれないと。
自分でネタバレしちゃった残念なシーンでした。
Unknown (Nakaji)
2008-06-22 18:00:17
YUKAさんこんばんは♪
解説しあうおばちゃんたち・・・わかる・・・

Nakajiがたたかっていたのは、妙に大声で笑う人たち
どこかから、うるさいって怒鳴る声がきこえたんですが、
それに対しても、うるさい人いるんだね~って言ってる小娘ちゃんっていうか・・・あなただからってずっと思いながらみてましたわ~
Unknown (moriyuh)
2008-06-22 18:29:35
由香様

ふたたびTBありがとうございました。

>戸田恵子さんはクセのある役柄でしたが、いい味でした~

私最初、わからなかったのです。
あの美声を聴いてあれ?と思いつつも?あの7変化?さすがですね。



Unknown (りら)
2008-06-22 19:35:45
由香さん、こんばんは~♪
私が観た三谷幸喜監督の作品は他に”THE 有頂天ホテル”だけだけど、コチラも面白かったですよ~。
由香さんの感じたとおり「ト書きがみえるところ」 っていうのはすっごくよくわかる!確かにそんな感じなのよね~。
ただ、私はそれにまんまと乗せられちゃうんだけど(笑) 正直にいえば、その場だけは思いっきり楽しめるけど、後々、心に残る作品ではないって感じはするかな~。

とはいえ、楽しめる作品だったのは確かだと思うので、笑いたいときに観るにはいい映画だと思いました~。
まだ・・・ (ひろちゃん)
2008-06-23 00:46:42
混んでるんですねえ(^^ゞ
笑い声はいいですが、解説はやめて欲しいですよね(`へ´)
ただでさえ、三谷作品初めてなのですから、集中して
みたいですよね(ーー;)
由香さん、お疲れ?(笑)さまでした。
そして感想のツッコミ&ホローもお疲れ様です(笑)

由香さんの感想なんとな~くわかります。三谷さんの作品は
笑えるのですが、私的にはどっかん!どっかん!の笑いではないんですよね。
笑いの多さから言ったら、私はぼく駐のほうが多かった
かもしれません^^

私も良かったんだけど、面白かったんだけど・・・
残念ながら絶賛までは行かなかったんです(^_^;)
とは言え、豪華なキャストで見ごたえがあって、
三谷さんの映画への想いなども伝わったいい作品では
あると思います^^

post a comment

Recent Entries | 映画【さ行】

Similar Entries

121 Trackbacks

ザ・マジックアワー (Akira's VOICE)
好きな気持ちに気付いた時,人は前を向く!  
[Review] ザ・マジックアワー (Diary of Cyber)
『THE有頂天ホテル』の時も、鑑賞した友達とメールとかで台詞のラリーをしながら遊ぶくらい名(迷?)台詞が多かったのですが、今作もこれまた名台詞が多く。話のネタには事欠きません。 『THE有頂天ホテル』は、一つのホテルの下で起こる様々な人間ドラマ。一見何の関...
ザ・マジックアワー (いい加減社長の映画日記)
ポイントが溜まっていたので、公開初日の朝一番の回で。 最近、やけに宣伝している「ザ・マジックアワー」を選択。 「UCとしまえん」は、土曜の朝にしては、ちょっと少なめかな? 「ザ・マジックアワー」は、大きめのスクリーンで4割程度? まずまず、なのかな? 【...
[映画『ザ・マジックアワー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆この一週間、風邪を引いて、いまだ本調子じゃないので、短めに・・・。 実は、一昨日は、遅ればせながら、公開終了間際の『名探偵コナン』の新作を見ようと、ネットで席を予約したのだが、行くのを断念したほどなのだ・・・。      #     #     # ...
ザ・マジックアワー (悠雅的生活)
 愛すべき映画ファン。愛すべき映画人。愛すべき映画!
映画「ザ・マジックアワー」 (happy♪ happy♪♪)
三谷幸喜 脚本・監督最新作。 暗黒界の顔役・天塩幸之助(西田敏行)の愛人・高千穂マリ(深津絵里)に 手を出してしまった手下の備後登(妻夫木聡)は、 命の代償に伝説の殺し屋「デラ富樫」を探し出すハメに・・。 期限の5日が迫ってもデラを見つけ出せない備後は ...
「ザ・マジックアワー」 奇跡の瞬間 (はらやんの映画徒然草)
三谷幸喜監督は前作「THE 有頂天ホテル」など、今までも多くの登場人物が絡み合う
ザ・マジックアワー (ネタバレ映画館)
映画に生きるべきか、舞台に戻るべきか・・・
「ザ・マジックアワー」 (塩ひとつまみ)
期待の三谷映画。 主役も脇役もチョイ役も またしても豪華なキャスティングです。 (以下、ネタバレ含みます)
『ザ・マジックアワー』2008・6・8に観ました (映画と秋葉原と日記)
『ザ・マジックアワー』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 暗黒界のボス・天塩幸之助(西田敏行)の愛人・高千穂マリ(深津絵里)に手を出してしまった手下の備後登(妻夫木聡)は、命の代償に伝説の殺し屋“デラ富樫”を探し出すハメに・・・だが苦し紛れ
ザ・マジックアワー (You got a movie)
監督   三谷幸喜 キャスト 佐藤浩市 妻夫木聡 深津絵里 綾瀬はるか        西田敏行 ほか多数  太陽が地平線の向こうに沈んで、暗くなるまでの間に光が差し込んで織りなす幻想的な時間。たった数分の魔法の時間“マジックアワー”。この時間を選んでカメ...
2008-40『ザ・マジックアワー』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2008-40『ザ・マジックアワー』(更新:2008/06/09) 評価:★★★★☆(★★★★★に近い) 久しぶりの三谷幸喜監督作品。 「めざましTV」に精力的に出演して宣伝しまくってましたね。 完全に...
「ザ・マジックアワー」これは三谷幸喜版「アメリカの夜」だ (ももたろうサブライ)
監督 三谷幸喜少しあらすじ 港町、守加護(すかご)を牛耳るボス(西田敏行)の愛人(深津絵里)に手を出したために消されそうになったビンゴ(妻夫木聡)は、ボスに伝説の殺し屋デラ富樫を引き合わせることを条件に許される。 しかし5日の期限がせまってもデラは見つ...
ザ・マジックアワー (映画鑑賞★日記・・・)
【The Magic Hour】2008/06/07公開(06/07鑑賞)製作国:日本監督・脚本:三谷幸喜出演:佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行、小日向文世、寺島進、戸田恵子、伊吹吾郎 “最後に笑うのは誰だ?” まるで映画のようなお話(笑)
ザ・マジックアワー (勝手に映画評)
三谷幸喜の監督作品第四弾。今回は、これまで以上に笑いが込められています。 ほとんど主役級の役者たちが、ほんの端役程度で出てくるのが、三谷作品の一つの見所。今回は劇中映画(そのうちの一つの監督が市川崑)が何本かあるんですが、それらには、唐沢寿明(まぁ、彼...
ザ・マジックアワー (花ごよみ)
今、メディアにこのところ、 露出しまくりの三谷幸喜が監督。 脚本ももちろん三谷幸喜。 笑い願望で見に行きました。 その結果たっぷりと、 笑わせてもらいました。 メインとして佐藤浩市、妻夫木聡。 だまされて、やくざの内輪もめに かかわってしまう羽目になった ...
『ザ・マジックアワー』 (Mooovingな日々)
ザ・マジックアワーを見ました。三谷幸喜監督、佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行、中井貴一、鈴木京香、唐沢寿明ほか。 港町・守加護すかご。知らないうちに伝説の殺し屋にされた売れない俳優村田大樹。 映画の撮影だと思いこんでいた彼にとってそ...
映画「ザ・マジックアワー」(2008年、日) (富久亭日乗)
    ★★★★★  三谷幸喜の監督4作目は、売れない俳優を 本物の殺し屋に仕立て上げるというコメディー。 タイトルの「マジックアワー」とは、 昼と夜の間の、一日で一番撮影に適した瞬間のこと。  港町、守加護ーー。 ギャングの手下でクラブ「赤い靴」の支配人、...
ザ・マジックアワー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
太陽が消えてから、周囲が暗くなるまでのほんの僅かな時間、それがマジックアワーだ。 物語:「命が惜しければ、五日以内に幻の殺し屋を見つけて来い!」街を牛耳るボス【西田敏行】の愛人【深津絵里】に手を出してしまった手下の備後【妻夫木聡】は、命を助けてもら...
ザ・マジックアワー 65点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
速水亮「弱点は、高いところと火薬!」 公式サイト 三谷幸喜脚本・監督による劇場映画最新作。初監督作の『ラヂヲの時間』からずっと、何らかの作品なりイベントなりが"出来上がるまで"の、過程に起こるトラブルとドタバタを描いているフォーマットは今回も変わらず。...
『ザ・マジックアワー』 (ラムの大通り)
----「マジックアワー」というと、 テレンス・マリック監督は『天国の日々』のイメージがあるけど、 やはりそれと関係あるの? 「うん。三谷幸喜監督が前作『THE 有頂天ホテル』のときに、 カメラマンの山本英夫から聞いたらしい。 映画通の三谷幸喜にしては珍しく、 その...
ザ・マジックアワー/佐藤浩市、妻夫木聡 (カノンな日々)
三谷幸喜さんと佐藤浩市さんが映画の宣伝で各局に出演しまくりですけど、バラエティー番組に出ている佐藤浩市さんというのはけっこう珍しくてついつい見ちゃうんですよね。しかも渋い役者のイメージなのにぶっちゃけトークが面白かったりするんですよ。まさか映画より宣伝...
●ザ・マジックアワー(42) (映画とワンピースのこでまり日記)
期待しすぎちゃったかなぁ・・・?
ザ・マジックアワー (ルナのシネマ缶)
さすがにちょっとテレビに 出過ぎでしょう!・・・って 思ってしまうくらい 宣伝をやっていた三谷幸喜ですが やはり、面白かった! 素直に笑えました。 映画好きには、 楽しめる作品だと思います。 港町、守加護の街を牛耳るギャングのボス(西田敏行)の 愛人...
★「ザ・マジックアワー」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の週末レイトショウは、 最近、宣伝のためにテレビに出まくってる三谷幸喜監督作。
ザ・マジックアワー   (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
久々の試写会以外の鑑賞です。 国内の興行成績(具体的な金額)は発表されなくなってしまったので、 年間の統計数字でしか見れなくなってしまったが、 今のところ2週連続1位で13億円を稼ぎ出し、 最終的には50億円以上は確実と言われている。 *** 三谷幸喜監...
ザ・マジックアワー (2008) 136分 (極私的映画論+α)
 「デラ富樫」はマクガフィン?(笑)
ザ・マジックアワー (レンタルだけど映画好き)
最後に笑うのは誰だ? 2008年 日本 監督 三谷幸喜 出演 佐藤浩市/妻夫木聡/深津絵里/綾瀬はるか/西田敏行/小日向文世/寺島進/戸田恵子/伊吹吾郎/浅野和之/市村萬次郎/柳澤愼一/香川照之/甲本雅裕/近藤芳正/梶原善/阿南健治/榎木兵衛/堀部圭亮/山本耕史/市川亀治郎...
ザ・マジックアワーと田宮二郎 (音次郎の夏炉冬扇)
前作(「THE 有頂天ホテル」)は、一度たりとも笑うことが出来ずに、金返せといいたくなるほどつまらなかったのですが、なんと興行収入60億円超の大ヒットだったそうで、映画監督としても三谷幸喜をヒットメーカーの座に押し上げました。話題の新作はというと、コレ...
【ザ・マジックアワー】三谷マジックは幸せな時間 (映画@見取り八段)
ザ・マジックアワー 公開: 2008年6月 監督: 三谷幸喜 出演: 佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、西田敏行 楽しかったです やっぱり三...
「ザ・マジックアワー」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「ザ・マジックアワー」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:佐藤浩市、西田敏行、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、戸田恵子、寺島進、小日向文世、伊吹吾郎、浅野和之、市村萬次郎、柳澤愼一、香川照之、甲本雅裕、近藤芳正、梶原善、阿南健治...
ザ・マジックアワー (キューピーヘアーのたらたら日記)
主人公なんとか(妻夫木聡)は街を牛耳るボスなんとか(西田敏行)の女 なんとか(深津絵里)とできてしまったのがバレ、殺されそうになる。 命を救ってやる代わりになんとかが出してきた条件が、5日以内に 幻の殺し屋なんとかと面会させろ、というもの。 なんとかは...
ザ・マジックアワー (さくらの映画スイッチ)
仕組まれた勘違いの生むギャップが、かみ殺せない笑いを生む・・・ (-^〇^-) 
ザ・マジックアワー (あーうぃ だにぇっと)
監督・脚本: 三谷幸喜 キャスト 村田大樹☆佐藤浩市 備後登☆妻夫木聡 高千穂マリ☆深津絵里 綾瀬はるか 小日向文世 戸田恵子 寺島進 天塩幸之助☆西田敏行 伊吹吾郎
ザ・マジックアワー (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
佐藤浩市のカン違い役者ぶりが抱腹絶倒!
「ザ・マジックアワー」:豊海水産埠頭バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}こういう波止場が、ギャングたちの抗争の場になるんだろうな。 {/hiyo_en2/}そう?いまどき、そんなこと、映画の中くらいしかないんじゃないの? {/kaeru_en4/}「ザ・マジックアワー」とか? {/hiyo_en2/}うん。港町のギャングどおしの抗争に巻き込まれる売...
影で支える感謝の気持ち。『ザ・マジックアワー』 (水曜日のシネマ日記)
暗黒界のボスの愛人に手を出した男が、命を助けてもらう代償に伝説の殺し屋を探し出す物語です。
映画「ザ・マジックアワー」 (FREE TIME)
話題の映画「ザ・マジックアワー」を鑑賞しました。
ザ・マジックアワー (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年6月7日 公開 「おぉーい、よぉ~いスタートは誰が言うんだぁ?!」 おおむね満足できました! ま、三谷監督の言う「3分に10回笑える」とまではいきませんでしたが。 これはもぉ絶対に佐藤浩市で笑う映...
“幸” せと “喜” びの 魔法の時間●ザ・マジックアワー (Prism Viewpoints)
誰にでも、いつかは訪れるマジックアワー。 『The Magic Hour』 ザ・マジックアワー - goo 映画 港町・守加護でクラブ「赤い靴」の支配人を任さ...
「 ザ・マジックアワー / The Magic Hour (2008) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【ザ・マジックアワー】2008年6月7日(土)公開 監督 ・ 脚本 : 三谷幸...
映画 「ザ・マジックアワー」 (ようこそMr.G)
映画 「ザ・マジックアワー」 を観ました。
ザ・マジックアワー(映画館) (ひるめし。)
この街で起きたことは きっと誰かに話したくなる。
ザ・マジックアワー (C'est Joli)
ザ・マジックアワー’08:日本 ◆監督・脚本:三谷幸喜「THE有頂天ホテル」「みんなのいえ」◆出演:佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行、小日向文世、寺島進、戸田恵子、伊吹吾郎、寺脇康文、谷原章介 ◆STORY◆港町・守加護でクラブ「赤い靴」の支...
ザ・マジックアワー を観ました。 (My Favorite Things)
疲れ果てている日々ですが、やはりココロの潤いは必要ってことで、笑わせていただきました…。
[映画]ザ・マジックアワー (落とし穴には気をつけろ!)
三谷監督最新作は、凄いパワーでした とある港街で、ギャングのボス(西田敏行)の愛人マリ(深津絵里)に手を出した落とし前として、幻の殺し屋デラ・富樫を探してくるよう命じられた備後(妻夫木聡)が、三流役者の村田(佐藤浩市)を映画の撮影だと騙して連れて来たこ...
ザ・マジックアワー (りらの感想日記♪)
【ザ・マジックアワー】 (16) ★★★★ 2008/06/14 ストーリー 港町・守加護(すかご)。街を牛耳るギャングのボス・天塩(西田 
ザ・マジックアワー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価★★★ 映画を作ってる側が楽しむ映画だね。
ザ・マジックアワー (Diarydiary!)
《ザ・マジックアワー》 2008年 日本映画 港町・守加護町、ここに住む備後はボ
ザ・マジックアワー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『最後に笑うのは誰だ?』  コチラの「ザ・マジックアワー」は、「THE 有頂天ホテル」の笑激から3年、三谷幸喜監督の最新作となる6/7公開のコメディなのですが、やっと観て来ましたぁ~♪東宝系なので、当初は14日のTOHOの日に鑑賞しようと思っていたのですが、なん...
ザ・マジックアワー (だめ男のだめ日記)
「ザ・マジックアワー」監督三谷幸喜出演*佐藤浩市(村田大樹)*妻夫木聡(備後登)*深津絵里(高千穂マリ)*綾瀬はるか(鹿間夏子)*西田敏行(天塩幸之助)*小日向文世(長谷川謙十郎)*寺島進(黒川裕美)*戸田恵子(マダム蘭子)*伊吹吾郎(鹿間隆)内容暗黒界の顔役....
ザ・マジックアワー (まぁず、なにやってんだか)
友達から劇場限定の映画チケットをもらったので、「ザ・マジックアワー」を観て来ました。 最初から笑わせてくれるのかと待ち構えていたのですが、はじめは備後(妻夫木聡)とマリ(深津絵里)の危機を描いているので、至って真面目でした。 早く笑わせてくれないか...
ザ・マジックアワー (シネマ大好き)
三谷幸喜の第4作め。今までで一番笑ったかもしれない。ほんと傑作でした。 町を牛耳るギャングのボス(西田敏行)の愛人(深津絵里)との密会を見つかってしまったホテルの支配人備後(妻夫木 聡)は、伝説の殺し屋デラ富樫と知り合いだとウソをつき、彼を連れてくる...
ザ・マジックアワー (そーれりぽーと)
三谷幸喜最新作、『ザ・マジックアワー』を観てきました。 ★★★★★ 全く噛み合わないはずの勘違い会話が成立する、三谷幸喜お得意の一番笑えるシチュエーションが今回のメインテーマ。 営業の仕事をしてると、「思ってた」が一番の敵なんだけど、客観的に観るとこんな...
マジックアワー 噛み殺せない笑い ぐふぇふぇふぇ~♪ (労組書記長社労士のブログ)
 主要8カ国(G8)財務相会合が今日から大阪で開催される。 ここんとこ駅や街角に、物々しい装備を付けた強化仕様のお巡りさんがたくさん立っている姿が目立ったけど、今日はさらに数が増えていた。 梅田駅のゴミ箱も封鎖されて使えなくなっていた。 なんか突飛な行動して、...
★ザ・マジックアワー★ (CinemaCollection)
TheMagicHour最後に笑うのは誰だ?上映時間136分製作国日本公開情報劇場公開(東宝)初公開年月2008/06/07ジャンルコメディ【解説】「ラヂオの時間」「THE有頂天ホテル」の三谷幸喜監督が贈る痛快エンタテインメント・コメディ。とある港町を舞台に、映画撮影と思い込み....
ザ・マジックアワー (5125年映画の旅)
港町を牛耳るギャングのボスの愛人に手を出しボスの怒りを買った部下の備後。命を助けてもらう代わりにボスが要求したのは、伝説の殺し屋デラ冨樫を連れて来ることだった。デラ冨樫を見つけられない備後は、売れない役者を替え玉として用意し映画撮影と偽ってボスを騙...
【ザ・マジックアワー】 (日々のつぶやき)
監督:三谷幸喜 出演:佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、西田敏行、綾瀬はるか、戸田恵子、小日向文世、寺島進、伊吹吾郎 「港町守加護では二つのギャングが争っていた。ボスの愛人に手を出した備後は、命を助けてもらい代償にボスが探している伝説の殺し屋デラ富樫を
ザ・マジックアワー (愛情いっぱい!家族ブロ!)
とにかくみんな映画バカで役者バカなんだから~~! 三谷幸喜の最新作。 実は劇場で観るのは初だったりする。 本作の宣伝のため、テレビに出まくってた三谷さん、 子供向けバラエティーに出てたので息子たちは「コ―キや!!」 多分息子らの認識としては...
「ザ・マジックアワー」人生の大一番に掛けた伝説の殺し屋を演じた三流役者の主演映画 (オールマイティにコメンテート)
「ザ・マジックアワー」は三谷幸喜2年ぶりの監督作品でやくざのボスの女に手を出してしまった男がやくざのボスから伝説の殺し屋を探してくるように言われ、連れて来たのが無名の役者・・・その役者が殺し屋を演じていく奇想天外なコメディー喜劇ストーリーである。個人的...
ザ・マジックアワー (2008 映画観てきましたっ!)
突然やってきた 母を連れて 観てきました。
「ザ・マジックアワー」 (the borderland )
公開1週間前になると、出演者たちがこぞって番宣でTVに出まくるのは、見慣れた光景ですが、2週間も前から、しかも監督だけで至るところに顔を出してるのは、三谷幸喜ぐらいでしょう。驚いたのは、「ガキの使い」に出てたこと。鼻にワサビを詰められるは、頭から卵や納...
■ ザ・マジックアワー / TheMagicHour (2008) (MoonDreamWorks)
【ザ・マジックアワー】2008年6月7日(土)公開監督 ・ 脚本 : 三谷幸喜出演 : 佐藤浩市/妻夫木聡/深津絵里 他観たい度 : ★★★ → 観賞後の評価 ★★★★☆  「ザ・マジックアワー / TheMagicHour (2008)」久々だ~!こんな抱腹絶倒の面白さ!監...
映画 【ザ・マジックアワー】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ザ・マジックアワー」 三谷幸喜脚本・監督の最新作。 おはなし:ギャング組織のボス手塩(西田敏行)の愛人マリ(深津絵里)と恋仲になった事がバレた備後(妻夫木聡)は、命を助けてもらうため伝説の殺し屋”デラ富樫”を連れてくる約束をする。 監督自...
ザ・マジック・アワー (青いblog)
ネタバレなしの感想。 笑えるというより号泣してしまいました。 三谷幸喜さんの映画は役者さんや映画に対する愛情が溢れてるなぁ! オマージュなのかパ
「ザ・マジックアワー」 (てんびんthe LIFE)
6月7日「ザ・マジックアワー」TOHOシネマズ六本木ヒルズSC1で鑑賞 三谷幸喜、TV出すぎ! 実は初日鑑賞でした。 作品中にも出てきそうな勢いだったのでずっと眼を凝らしてみてたけどとうとう本人出てこなかったようですね。 DVDは落ち着いてみられないので逆に...
マジックアワー (再出発日記)
前回の「有頂天ホテル」は私としては珍しく大笑いをしたのではあるが、その年のマイベスト20からは外した。私は三谷幸喜の作品とは、相性がよろしくない。私の求める笑いとたぶん違うのだろう。私の求める笑いとは、結局悔しいことに、松竹喜劇なのだろうと思う。泣いて笑...
ザ・マジックアワー (メルブロ)
ザ・マジックアワー 216本目 2008-22 上映時間 2時間16分 監督 三谷幸喜 出演 佐藤浩市 妻夫木聡 深津絵里 綾瀬はるか 西田敏行 小日向文世 寺島進 戸田恵子 伊吹吾郎 浅野和之 香川照之 会場 TOHOシネマズ府中 評価 7点(10点満点)    ...
★★★ 『ザ・マジックアワー』 (映画の感想文日記)
2008年。フジテレビ/東宝。   三谷幸喜監督・脚本。  苦手な俳優の佐藤浩市主演ということもあり、あまり気乗りしなかったが、予告編にちょっと期待させる雰囲気があったので、  これまで三谷幸喜の映画を1度も面白いと思ったことがなく、全部の作品(全部見...
【映画】ザ・マジックアワー (新!やさぐれ日記)
■動機 本編が連想できない予告編に興味 ■感想 これは面白かった ■満足度 ★★★★★★★ まんぞく ■あらすじ 暗黒界の顔役・天塩幸之助(西田敏行)の愛人・高千穂マリ(深津絵里)に手を出してしまった手下の備後登(妻夫木聡)は、命の代償に伝説の殺し屋...
ザ・マジックアワー [映画] (mololog(モロログ) -映画レブーとかその他諸々)
★★★★★★★☆☆☆ http://www.magic-hour.jp/inde
「ザ・マジックアワー」 (或る日の出来事)
港の町、守加護(すかご)。クラブの支配人の備後(妻夫木聡)は、ギャングのボスである手塩(西田敏行)の情婦マリ(深津絵里)に手を出し...
映画【ザ・マジックアワー】 (ぱんどらの本箱)
守加護(すかご)の街でクラブ支配人をつとめる備後(妻夫木聡)は、街を牛耳るボス(西田敏行)の愛人・マリ(深津絵里)と深い仲になった...
「ザ・マジックアワー」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。突然舞台挨拶に 佐藤浩市と三谷幸喜が登場してびっくり!「ザ・マジックアワー」公式サイト転びそうになる演技しながら 登場した佐藤浩市、白いジャケットきてさわやかー でした。司会者の女性のテンションも高い高い三谷監督がしゃべってると...
ザ・マジックアワー(評価:☆) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】三谷幸喜 【出演】佐藤浩市/妻夫木聡/深津絵里/綾瀬はるか/西田敏行/他 【公開日】2008/6.7 【製作】日本 【ストーリー】 ...
ザ・マジックアワー (腹黒い白猫は見た!!)
2008年 195本目映画「ザ・マジックアワー」この街で起きたことは  きっと誰かに話したくなる。ストーリー街を牛耳るボスの愛人に手を出してしまった手下の備後(びんご)は、命を助けてもらう代償に、伝説の殺し屋デラ富樫を探し出す約束をする。だが、旭が迫ってもデ....
「ザ・マジック・アワー」 十三谷 (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
『アフタースクール』の後に、この映画見たから、ものすご~くアホが目立った。 西田敏行のボスはじめ登場人物、アホばっかり! この三谷作の架空のファンタジー世界=守加護(スカゴ)では、これが当たり前なんか? USJか、ディズニーランド(隣の商業施設イクスピア...
ザ・マジックアワー (ぷち てんてん)
とにかく、面白かったです^^)映画館で見て楽しんで♪☆ザ・マジックアワー☆(2008)三谷幸喜監督佐藤浩市妻夫木聡深津絵里綾瀬はるか西田敏行小日向文世寺島進戸田恵子伊吹吾郎ストーリー港町・守加護でクラブ「赤い靴」の支配人を任されている備後は、ギャングのボス・...
ザ・マジックアワー (Big Screen)
○ザ・マジックアワー/The Magic Hour/2008日本 ○コメディ/136min/2008.06.07公開(東宝)  イントロダクション【allcinema引用】 港町・守加護(すかご)。街を牛耳るギャングのボス・天塩の愛人・マリに手を出してしまった手下のホテル支配人・備後。はたして...
ザ・マジックアワー (とりあえず、コメントです)
三谷幸喜監督の最新作です。 思いっきり笑って気分爽快になれるような楽しい作品でした\(^^)/ 昔ながらの港町・守加護には、町を牛耳るギャングがいた。 そんなギャングのボス(西田敏行)の愛人・マリ(深津絵里)に手を出してしまった備後(妻夫木聡)は ボスの指令...
ザ・マジックアワー☆独り言 (黒猫のうたた寝)
三谷監督の作品は、どうもはまるのとはまらないのがありまして^^;;;今回見事に、はずしました(爆)『ザ・マジックアワー』まいったなぁ、冒頭から結構周囲が笑ってるのに^^;どうも、この笑いが面白いと思えなくって・・・ずーーーーっとついてけなくって・・・寝...
【2008-135】ザ・マジックアワー The Magic Hour (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 最後に笑うのは誰だ?
【2008-135】ザ・マジックアワー The Magic Hour (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 最後に笑うのは誰だ?
『ザ・マジックアワー』 @ユナイテッドシネマとしまえん (映画な日々。読書な日々。)
港町・守加護でクラブ「赤い靴」の支配人を任されている備後は、ギャングのボス・手塩の情婦・マリに手を出したのがバレて大ピンチ。5日以内に幻の殺し屋・デラ冨樫を探し出して連れて来なければ命はないと脅される。が、デラの居場所に皆目見当もつかない備後は替え玉を...
映画:ザ・マジックアワー (駒吉の日記)
ザ・マジックアワー(TOHOシネマズ六本木ヒルズ) 「死ぬのは怖くない、怖いのは誇りを失ったまま生き続けることだ。」 コメディというよりは大掛かりなコント?!もちろん悪い意味ではなく、ものすごく楽しかった!!!舞台セットのような街が劇中劇のようだし、意...
ザ・マジックアワー (映画を観たよ)
期待しすぎた?
ザ・マジックアワー (映画三昧、活字中毒)
■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞ザ・マジックアワー 2008年/日本/136分 監督: 三谷幸喜 出演: 佐藤浩市/妻夫木聡/深津絵里...
映画『ザ・マジックアワー』 (頑張る!独身女!!)
きたぁ~!なにこれ。映画館でこんなに・・・えーいいの???
映画『ザ・マジックアワー』 (頑張る!独身女!!)
きたぁ~!なにこれ。映画館でこんなに・・・えーいいの???
ザ・マジックアワー (Thanksgiving Day)
映画「ザ・マジックアワー」を観に行ってきましたー!! この映画は、三谷幸喜監督の作品ということもあって、公開前からかなり楽しみにしてたんですよ。 三谷監督の作品といえば、THE有頂天ホテル以来ですかね!? 映画館に行ってみると、さすがに人気作品だけあっ...
ザ・マジックアワー (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  にじみ出る”映画愛”に極上の楽しさを味わえ♪  
ザ・マジックアワー (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  にじみ出る”映画愛”に極上の楽しさを味わえ♪  
ザ・マジックアワー (ダイターンクラッシュ!!)
6月29日(日) 17:45~ 日劇3 料金:1250円(チケットフナキで前売り券を購入) プログラム:後日購入予定 『ザ・マジックアワー』公式サイト(繋がらない) 三谷幸喜の新作。最初の15分くらいは低調で、若干不安になったが、その後は快調に話が進んだ。 個人的に...
映画『ザ・マジックアワー』 (オタマ・レベルアップ)
映画『ザ・マジックアワー』を見たよぉ~ メディア 映画 上映時間 136分 製作国 日本 公開情報 劇場公開(東宝) 初公開年月 2008/06/07 ジャンル コメディ 解説・・・ 「ラヂオの時間」「THE 有頂天ホテル」の三谷幸喜監督が贈る痛快エン...
映画「ザ・マジックアワー」 観てきました。三谷幸喜監督最新作 (THE有頂天ブログ)
ザ・マジックアワー  (2008年6月7日公開 全国東宝系 / 公式サイト) 公開初日の昨日の夜、観てきました。 三谷幸喜監督映画最新作「ザ・マジックアワー」。 架空の港町・守加護を舞台に繰り広げられるコメディー。 一応、舞台は日本なんだけど、作品全体...
『ザ・マジックアワー』 (みゆみゆの徒然日記)
 今日はレディースデーだったし、とても見たい映画だったんで久々に映画館へ行ってきました。三谷幸喜監督の最新作です。三谷監督が・・というよりも私が好きな佐藤浩市が出るし、西田局長も出るから見に行こうと思ったんですが(笑)その二人が出ていた三谷監督の前作『...
【MOVIE】ザ・マジックアワー (思いつくままに)
■感想など: ちょっと期待しすぎちゃったかな~ 港町、守加護で暮らす備後(妻夫木聡)は、地元のやくざのボス(西田敏行) の女(深津絵里)に手を出してしまい、殺されそうになる。その報復をなんとか 避けようと、ボスが探している伝説の殺し屋デラ冨樫を連れてくる...
露出し過ぎだっつーの、三谷さん【ザ・マジックアワー】 (犬も歩けばBohにあたる!)
監督本人が映画宣伝のために出た媒体は150を越えたそうです。 たしかに、来る日も
ザ・マジックアワー [監督:三谷幸喜] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
個人的評価:■■■■□□[6段階評価】  いつもと違いけっこう面白くまとめられた三谷幸喜の群像劇コメディ。(と面白かったのにちょっとイヤミな書き出しから始める)
ザ・マジックアワー ─ 現実と演技のギャップが笑いを生む ─ (Prototypeシネマレビュー)
─ 現実と演技のギャップが笑いを生む ─ 舞台・テレビ・映画で『古畑任三郎』『NHK大河 新選組!』『THE 有頂天ホテル』など数々の名作を発表してきたヒットメーカー・三谷幸喜の映画監督作品の第4作目となるこの作品。 感想は率直にとても面白かったです!“大爆笑...
ザ・マジックアワー (映画感想つれづれ日記)
ザ・マジックアワー (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
三谷幸喜の監督第4作目となる映画作品。これまでに、「THE 有頂天ホテル 」を映画館で、「みんなのいえ 」DVDで観ています。 どことなく、懐かしさを感じさせる港町、守加護。クラブ「赤い靴」の支配人の備後は、彼にそのクラブを任せてくれていギャングのボス、...
戯 ~「ザ・マジックアワー」~ (サナダ虫 ~解体中~)
三谷幸喜監督作品、佐藤浩市主演の、 映画 「ザ・マジックアワー」を観た。 最後に笑うのは誰だ? 感想。 ?弾、当たらなさ過ぎ!(ヘタクソだなー) ?・・当たったら当たったで凄いけど。(不死身か) ?「THE 有頂天ホテル」と同じキャラがそのまま出てるぞ...
ザ・三谷幸喜アワー~『ザ・マジックアワー』 (真紅のthinkingdays)
 The Magic Hour  売れない映画俳優の村田(佐藤浩市)は、ギャングのボスの女マリ(深津絵里)に 手を出し絶対絶命の備後(妻夫木聡)に...
「ザ・マジックアワー」 (映画のお友達)
先週、劇場鑑賞した『ザ・マジックアワー』ですが、遅ればせながら感想を載せます。 これは、脚本の勝利ですね。特に、前半の佐藤浩市と西田敏行の勘違いの絡みは、爆笑物ですね(笑) 「ザ・マジックアワー」(2008)日本 監督 三谷幸喜 出演 佐藤浩市/妻夫木聡/深...
ザ・マジックアワー☆★三谷幸喜監督最新作 (銅版画制作の日々)
  太陽が消えてから、周囲が暗くなるまでのほんの僅かな時間、それがマジックアワーだ。   8月19日、遅まきながら「マジックアワー」を鑑賞してきました。三谷幸喜さん最新作です。とにかく豪華キャストがわんさか出演しています。中には往年の俳優さんも登場...
ザ・マジックアワー <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
TVでオンエアされた 「THE 有頂天ホテル」 を見てから観に行ったので登場人物が かぶりまくってるのが分かって面白かった有頂天ホテルの登場人物で 全く同じ名前で役柄も同じで出てくる人が一人いますってことで、映画が始まってから 誰だろ誰だろと気になって...
ザ・マジックアワー (Memoirs_of_dai)
どうしても映画というより舞台に見える 【Story】 暗黒界の顔役・天塩幸之助(西田敏行)の愛人・高千穂マリ(深津絵里)に手を出してしま...
ザ・マジックアワー (LOVE Cinemas 調布)
テレビに出まくって宣伝しすぎで逆にウザがられた三谷幸喜監督・脚本作品。佐藤浩市、深津絵里、西田敏行、綾瀬はるか等がメインの出演者だが、他にも数々の著名俳優が脇役やチョイ役で登場する。映画公開時にはあまりの宣伝のウザさに、興収に貢献するのが嫌で観るのを我...
【映画】ザ・マジックアワー…の記事&鳥栖プレミアム・アウトレット (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
「マンマ・ミーア!」のTVスポットは流し過ぎ{/face_ase2/}だと感じているピロEKです。 さて、 まずは昨日の記事で予告した話題から… …先日15日(日曜日)の午前中は凄く天気の良かった北部九州地方{/kaeru_fine/} 2月中旬だというのに、あの陽気{/ase/}はただ事じ...
ザ・マジックアワー (to Heart)
最後に笑うのは誰だ? 製作年度 2008年 上映時間 136分 監督・脚本 三谷幸喜 出演 佐藤浩市/妻夫木聡/深津絵里/綾瀬はるか/西田敏行/小日向文世/寺島進/戸田恵子/伊吹吾郎/甲本雅裕/香川照之 暗黒界のボスの愛人に手を出した男が、命を助けてもらう代償に伝説の殺し屋を...
ザ・マジックアワー The Magic Hour (映画!That' s Entertainment)
●「ザ・マジックアワー The Magic Hour」 2008年 東宝、フジテレビほか。136分 監督・脚本:三谷幸喜 出演:佐藤浩一、妻夫木聡、深津絵里、西田敏行、綾瀬はるか、小日向文世、寺島進、戸田恵子ほか 素直に楽しませて、笑わせてもらいました。映画好きには好悪...
『ザ・マジックアワー』'08・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ暗黒界の顔役・天塩幸之助(西田敏行)の愛人高千穂マリ(深津絵里)に手を出してしまった手下の備後登(妻夫木聡)は、命の代償に伝説の殺し屋“デラ富樫”を探し出すハメに。期限の5日が迫ってもデラを見つけ出せない備後は無名の三流役者・村田大樹(佐藤浩市...
マジックアワーって… (美容師は見た…)
「夕暮れ時のほんの一瞬、世界が一番美しく見える瞬間のこと」なんですね。   そのタイトルを   終盤でも上手く魅せてくれましたわぁ。   誰にでもある”人生で最も輝く瞬間”   『ザ・マジックアワー』   めちゃ面白かったです!昨年の6月に公開されたん...
ザ・マジックアワー (えいがの感想文)
2008年 監督:三谷幸喜 出演:佐藤浩市    妻夫木聡    深津絵里 豪華ですなあ。 キャストとかセットとか。 絶妙な掛け合いが面白いですね。 脚本の妙というんでしょうか。 「デラ富樫」演じる「村田」演じる「佐藤浩市」、やたら笑える。 ナイ...
『ザ・マジックアワー』 (めでぃあみっくす)
いろんな映画に対する愛を詰め込みすぎ。しかもあまりにも範囲が広すぎて逆にそこそこ濃いはずの映画愛が薄く感じてしまう。そんな悲しさが垣間見れた映画でした。 個人的には三谷作品を面白いと思ったことはほとんどなかったのですが、今回は後半だけは面白かったです。...
ザ・マジックアワー (Yuhiの読書日記+α)
暗黒界のボスの愛人に手を出した男が、命を助けてもらう代償に伝説の殺し屋を探し出すコメディー・ドラマ。監督は三谷幸喜、キャストは佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行他。 <あらすじ> 暗黒界の顔役・天塩幸之助(西田敏行)の愛人・高千穂マリ(...
ザ・マジックアワー (シネマ日記)
「THE 有頂天ホテル」の面白さが1ミリたりとも分からず、「古畑任三郎」も好きになれないワタクシは「三谷幸喜、昔は好きやったけどなぁ」というセリフを近年何回も言っていた。この「ザ・マジックアワー」も公開のときに三谷幸喜と佐藤浩市がこれでもかっ!ってほどに宣...
「ザ・マジックアワー」 おバカになって愉快になろう (ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋)
「ザ・マジックアワー」  映画愛好家のファンタジー・コメディ。   【英題】The Magic Hour 【公開年】2008年  【制作国】日本  【...
ザ・マジックアワー (うませんの独り言)
三谷幸喜監督・脚本の映画。 デラ富樫という顔も分からない人を連れて来なければ殺されてしまう備後(妻夫木聡)は、 苦肉の策として替...
映画「ザ・マジックアワー」 (itchy1976の日記)
ザ・マジックアワー - goo 映画 ザ・マジックアワー - Wikipedia 映画 ザ・マジックアワー(公式サイト) ザ・マジックアワー@ぴあ映画生活 ザ・マジックアワー(映画.com) ○スタッフ・キャスト キャスト: 佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行、小日向...