★YUKAの気ままな有閑日記★

とても残念ですが、長期的にお休みします^-^*皆さま素敵な年末年始をお過ごし下さい☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【本】ダイイング・アイ

2010-01-06 22:21:10 | 本【小説・日本】

         『ダイイング・アイ』        東野圭吾        光文社
【comment】
   まさに“ダイイング・アイ(死にゆく目)”・・・面白かったです

これは随分前に古本屋さんで買いました。

私は、そんなに東野さんの作品のファンって訳でもなくて(汗)、読んだ作品も少ないのですが、このホラー風味の効いたミステリは好みでした―

  -story-
 許さない、
 恨み抜いてやる、
 たとえ肉体が滅びても―。

記憶を一部喪失した雨村慎介は、自分が死亡事故を起こした過去を知らされる。なぜ、そんな重要なことを忘れてしまったのだろう。事故の状況を調べる慎介だが、以前の自分が何を考えて行動していたのか、思い出せない。しかも、関係者が徐々に怪しい動きを見せ始める・・・・・。

 俺をみつめるマネキンの眼。
 そいつは、
 確かに生きていた。


考えたら、、、プロローグに全ての謎のはじまりが集約されているんですよ~
交通事故によって突然断たれてしまった一つの命―
さぞかし無念であったろう、その死者の想いが、こういう物語を作り上げた。
それはそれは切なくもあり、恐ろしくもあり、、、

主人公の雨村慎介はバーテンダー。
ある日、仕事帰りに、頭を鈍器で殴られて瀕死の重傷を負います。
その犯人は、雨村が1年半前に交通事故で死なせてしまった女性の夫でした。
だけど、慎介には何故か自分が起こした人身事故の記憶が欠落してしまっていた―

一人の人間が死に至るほどの重大な事故を起こしたにも関わらず、その記憶がないことに違和感を持った雨村は、関係者から話を聞き、事故前後に関する記憶を取り戻そうとしますが、徐々に周りで不可解な出来事が起こってくる。

 同棲している成美の突然の失踪
 事故当時に雨村の雇い主だった江島の不自然な態度
 多重事故だったという事故のもう一人の加害者、木内の不可解な行動
 被害者の夫、岸中が製作していた亡き妻に似せたマネキン
 そして、謎の女、瑠璃子の出現―

一体事故にはどういう秘密があり、雨村はどういう状況になってしまうのか―
非常に興味を引きつけられました。
特に瑠璃子の行動は尋常ならざるもので、瑠璃子に会った瞬間から惹かれてしまった雨村が、彼女との過激なセックスを経て、目的不明に監禁されたりして、、、不可解でしたね~

物語は、怨念や霊や催眠術などのホラーチックな雰囲気を伴いながら進みますが、ラストには、事故についてのカラクリや皆の不自然な行動にも納得がいき、なかなか上手いミステリだったと思いました。
そこに、年間で多くの方が命を落とされる人身事故について、被害者の遺族の方は一生忘れられない傷を負い、それに比べて加害者の方はどうか?―という記述が何度か挟まれるので、被害者サイドの想いについて思いを巡らせました。

ただ、少し強引で説明不足なところはあったかな?と思います。
特に瑠璃子の行動に関しては、もう少し説明が欲しかったかなぁ~
かなり過激な性描写などもあったのですが、そこまでする意味が伝わってこなかったです。
また、マネキンの存在が非常にオカルトチックでいい味でしたので、そこをもう少し掘り下げても良かったかな、と思いました。

それを差し引いてもかなり魅力的なお話で、ドラマにもなりそうだなぁ~なんて考えました。
今まで読んだ東野さんの作品と違った味が良かったです (4点)


Comments (7)   Trackbacks (7)   この記事についてブログを書く
« ゆれる | TOP | ダウト~あるカトリック学校で~ »
最近の画像もっと見る

7 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは~! (kazu)
2010-01-06 22:52:02
瑠璃子の行動、不可解でした。
マネキンの目、ダイイング・アイ、
ひんやりとした不気味な
物語でした。

TBありがとうございました。
今年もよろしくお願いします。
今日から学校~ (latifa)
2010-01-08 08:29:12
由香さん、こんにちは!
家は今日から子供が学校に行ったわ。
朝早起きandまだ寒い部屋での弁当作りは、キツいわ~。

で、このお話。
由香さんはなかなか楽しめた様で良かった!
実は、、、もうかなりの部分を忘れちゃっていて、自分でも驚いちゃった・・・。
最近記憶が薄れる度合いがほんとに激しいわ・・。
これは・・ (hito)
2010-01-08 17:24:04
大好きな東野作品ですが、こういったミステリは苦手ですー
真相にファンタジー要素やオカルトが絡むと一気に興ざめしちゃうんですよ~(泣)

雰囲気は良かったですよね♪
kazuさんへ^-^ (由香)
2010-01-09 13:41:52
こんにちは~♪
今年もヨロシクお願いします~

>瑠璃子の行動、不可解でした
不可解でしたよね~
あまりにも不気味だったので、雰囲気に飲まれて読みました~

今年も本や映画でお世話になります!ヨロシク~
latifaさんへ^-^* (由香)
2010-01-09 13:44:56
こんにちは~♪
家も学校が8日から始まったわ~
でも、、、また3連休、、、
これが実は家にとっては有難いのよね。
終わらなかった宿題を今やらせています(泣)

本の内容を忘れちゃいましたか?
きっとlatifaさんの好みではなかったからね~
私も好みの作品でないと、とっとと記憶から消えちゃうもの(笑)
hitoさんへ^-^* (由香)
2010-01-09 13:46:55
こんにちは~♪

hitoさんは好みではない作品でしたか~

私は結構気に入ってしまった(汗)、、、
オカルトチックなところが好きで、、、
まぁ~ちょっと説明不足はありましたが、雰囲気は良かったですよね!
初投稿 (チューリップ)
2012-04-10 11:43:30
初めまして。
“ダイイングアイ”と検索すると、こちらを見つけたので、コメントさせていただきました。

私もこのタイトルの文庫版を購入して拝読してみました。小説なんて、普段滅多に読まないのですが、国民的なある俳優さんに興味を持ち始めたのを切っ掛けに、購入しました。

読んでみた感想は・・・基本はミステリーなんですが、官能的なシーンがあったり、奇妙というかなんというか・・・。要するに、車の事故で死者が年々増えているので、そう言った意味でもこれ以上、事故が多発しないよう、事故防止のための警鐘を鳴らしているための作品でもあるのかなといった、そんな感じでした。私的には、官能的なシーンにちょっと興味があります(笑)
(なにやら映画化されるみたいな話を小耳にしました。)

post a comment

Recent Entries | 本【小説・日本】

Similar Entries

7 Trackbacks

ダイイング・アイ (東野 圭吾) (花ごよみ)
許さない…。 たとえ肉体がほろびても… これから起こる出来事を 予測させるプロローグです。 結末を早く知りたい誘惑を我慢して 読み進めて行きました。 でも読み進めていくのがなんだか こわいような…。 目がキーワード。 何かを訴える目。 主人公の交通事故後の...
ダイイング・アイ (Akira's VOICE)
東野圭吾 著 
怨念~『ダイイング・アイ』 (真紅のthinkingdays)
 バーテンダーの雨村慎介は、ある夜暴漢に襲われる。一命を取り留めた慎介 だったが、自分の記憶が欠落していることに気付く。その記憶と...
本「ダイニング・アイ」 (<花>の本と映画の感想)
ダイイング・アイ 東野圭吾 光文社 2007年11月 ダイイング・アイ/東野 圭吾 『茗荷(みょうが)』でバーテンダーとして働く雨村慎介のもとに変な客が来る。その日の帰り、何者かに襲わ頭を投打...
「ダイイングアイ」「夜明けの街で」感想 (ポコアポコヤ)
交通事故で誰かを死なせてしまった際の刑の軽さと、被害者側の痛みの大きさを、推理ものとからめて描いている作品。しかしながら・・・あまりぐっと来なかった・・というか。。
本「ダイイング・アイ」東野圭吾 (日々のつぶやき)
「バーテンをする雨村慎介は、店を出たことろで襲われた。それがきっかけで自分が起こした事故についてのみ記憶が欠落してしまった。何故忘れてしまったのだろう?周りの人にいろいろ話を聞くが何か違和感を感じ独自で調べていくうちに・・」 東野圭吾さんの新刊
東野圭吾 『ダイイング・アイ』 (映画な日々。読書な日々。)
ダイイング・アイ/東野 圭吾 ¥1,680 Amazon.co.jp 記憶を一部喪失した雨村槇介は、自分が死亡事故を起こした過去を知らされる。なぜ、そんな重要なことを忘れてしまったのだろう。事故の状況を調べる慎介だが、以前の自分が何を考えて行動していたのか、思い...