★YUKAの気ままな有閑日記★

とても残念ですが、長期的にお休みします^-^*皆さま素敵な年末年始をお過ごし下さい☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ウルフマン

2010-04-24 16:32:23 | 映画【あ行】

べニチオ・デル・トロの狼男~楽しみにしていました
【story】
19世紀末、兄の恋人のグエン(エミリー・ブラント)から兄の行方不明の知らせを受けたローレンス・タルボット(ベニチオ・デル・トロ)は、帰郷して無残に切り裂かれた兄の遺体と対面する。犯人の捜索中に怪物に襲われたローレンスは、やがてウルフマンに変身し、満月の夜になると殺人を犯すようになってしまう。そんなローレンスを父ジョン(アンソニー・ホプキンス)はわざと凶行に走らせ、警察へと引き渡すが―
     監督 : ジョー・ジョンストン 『ジュマンジ』『ジュラシック・パーク3』

【comment】
 時代が醸し出す雰囲気がとっても良くて、なかなか面白かったです

面白かった―っていうと語弊があるかしら?一応サスペンス・ホラーだし。
でも、そんなに怖いって感じではなかったかなぁ~人の殺され方が内臓ドピャーで気持ち悪かったけど(汗)
で、、、ホラーを堪能するというより、ちょっと古典的な映画を楽しむような感じが心地良かったですね。
ただ単純なはずのストーリーなのに少し説明不足があるのかな?それとも私の理解力不足かな?ちょっと消化不良のところもありました~

 
★25年前の母の死をきっかけに家を出されたローレンスは、久しぶりに家に帰り父と対面する―
  どうして家を出ることになったか?
  家を出て、どこに行っていたのか?
そこら辺が大きな“謎”となっていたなずなんだけど、、、サラリとしか説明していなかったなぁ~
個人的には、それがローレンスの最大のトラウマであって、悲劇の根本であると思うから、もう少し重きを置いて欲しかった気も。
 
★妻を失い、長男を亡くしたタルボット家の当主ジョン。今、怪物になった我が子ローレンスを、わざと凶行に走らせ、警察へと引き渡す―
  冷酷とも思える父の態度の意味は?
う~~~ん、、、これがよく分かりませんでした(汗)
ハンニバルいや(汗)ジョンが説明していましたが、、、説得力に欠けた気も。
アンソニー・ホプキンスの持っている狂気を孕んだ学者然とした雰囲気で魔法にかけられたようにセリフを聞いて分かった気になっていましたが、よく考えたら意味不明で(汗)
一体何を目的としてローレンスを過酷な運命へと導いたのかなぁ~
何方かご存じの方がいらっしゃれば教えて頂けると有難いです。

 
★兄の恋人グエンと惹かれ合うローレンス―
  二人の運命は?
  グエンはローレンスを救うことが出来るのか?
兄が亡くなってスグに弟に心惹かれるのが不謹慎かどうかは別にして(汗)、ローレンスとグエンの惹かれあう様にはチョイ胸キュンでございました(照)
ただ、、、二人の関係にもう少し悲劇的な要素をビシバシと感じさせてくれても良かったような気も。
ラストでジーンときても良さそうだったのに、わりとアッケない形で終わってしまったような・・・
 
★事件の捜査にやってきたアバライン警部(ヒューゴ・ウィーヴィング)―
  切り裂きジャックは捕え損ねたが、ウルフマンはどうだ?
アバライン警部といえば、私的にはジョニーよぉ~
 『フロム・ヘル』
きゃ~ジョニーの素顔よぉ~皆さん顔が真っ白で目が緑じゃないジョニーですよぉ~
で、、、これが不思議なんだけど、全然容貌が違うヒューゴがアバライン警部を演じているのに、何故かジョニーの面差しが重なって、、、ヒューゴがいい男に見えてしまったマッドハッターショックの後遺症か
 
★ウルフマンに噛まれてしまったために、理性のない怪物になり、人々を襲い続けてしまうローレンス。
警察に捕まった後、“狼妄想症”として実験され、追い詰められていく彼は、自分が何故このような運命になってしまったのかを知り、父と対決することになるが―
  呪われたタルボット家の秘密は?
  ローレンスの運命は?
なかなか纏まった話ではあるのですが、いかんせん説明不足で、中途半端感が否めませんでした。
タルボット家の秘密だけでなく、ジプシーとの関係、兄が所持していたコインの秘密、、、など、もうちょっと掘り下げて欲しかったところが沢山ありました~

ただ主要な登場人物を演じたデル・トロ、ホプキンス、エミリー・ブラント、ヒューゴ・ウィーヴィングがとても良かったし、古典的で妖しい雰囲気に飲まれて観ることが出来たので、結構満足致しました。

まぁ~父子の対決のところでは、何故か笑いが漏れてしまいましたが、、、ガォ~ガォ~なんだもん(笑)
あっ!でも特殊メイクは6回のアカデミー賞を受賞したリック・ベッカーだそうで、かなりリアルで見ていてドキドキしました。
ああいう変身は、命が危ないのも忘れて、最後まで見たくなっちゃう衝動に駆られますね。ヤバイヤバイ(笑)
  (3.5点)


Comments (32)   Trackbacks (58)   この記事についてブログを書く
« 【本】天使の囀り | TOP | タイタンの戦い »
最近の画像もっと見る

32 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
この作品、観る人少なく、空いてた。 (kino)
2010-04-24 17:21:56
伝説の雰囲気は、すごく楽しめる映画でした。でも、それだけのような。

>悲劇的な要素をビシバシと感じさせてくれても良かったような
そう、それよ。
普段は普通の人が、満月の夜に、野獣のような殺人鬼となってしまう。
二面的な恐怖が、狼男の特徴だと思うねんけどなぁ。
どんな悲しき結末を迎えるのか楽しみにしてたのに、はれっ?という感じでした。これは、余韻をひきづるロマンチックホラーに徹しないとだめだと思います。主演のデル・トロは、狼男が好きなんだなという気がするけど、監督さんは、狼男が好きなのかな?、そんな疑問も出ました。
アバライン警部 (ともや)
2010-04-24 17:29:37
こんにちは、由香さん♪
目の前であんな変身を繰り広げられたら、恐怖を忘れてついつい見入っちゃいますよねww。

それにしてもアバライン警部って、「フロム・ヘル」のアバライン警部と同一人物なの?
逆にそっちの方に興味を持っちゃったww。
怪奇事件のあるところアバライン警部あり。
う~む、ワクワク♪
こんにちは! (たいむ)
2010-04-24 17:40:38
由香さん、こんにちは!

>ガォ~ガォ~
ぷぷぷ。ですねー(^^;
やはりアンソニーという感じで、あの迫力はレクター博士の復活を感じました~~

デル・トロは、チェと同じ人物とは思えない感じで誰?みたいな(笑)古谷一行?とか思ったり(爆)

「フロム・ヘル」もドクドクしい作品だったけど、私も好きです♪
こんにちは^^ (KLY)
2010-04-24 17:58:34
良くも悪くも古典のリメイクだなと思いました。過激さだけで言ったら今の時代、もっとむちゃくちゃなものがありますが、作品そのものが持っている雰囲気だとか、世界観は流石にオリジナルから引き継がれてしっかりしたものがあったと思います。さすがはデルトロ自らがリメイクしたいといっただけはあるかなと。ただ、反面流石にちょっと古臭さは感じちゃいましたけど…。
変身シーンは今の技術の良さが良く出てましたよね。^^
古典ホラー (にゃむばなな)
2010-04-24 22:12:01
>ホラーを堪能するというより、ちょっと古典的な映画を楽しむような感じが心地良かったですね。

まさにこの一言に尽きますね。
私もホラー映画なのに安心して見れてしまいましたよ。
そういえば映像もグロかったんですね。私は全くそんなこと感じませんでしたよ。
う~ん、不感症になりつつあるのかな?
こんばんは♪ (yukarin)
2010-04-25 21:12:25
あっアバライン警部でジョニーもそうでしたね。うっかり~。「フロムヘル」好きなのにっ。
でもヒューゴはヒューゴで良かったです♪

雰囲気はかなり好みで良かったです。でも見終わった後の印象は薄いんですが^^;
ベニチオ・デル・トロさんは変身前から狼男っぽいんでハマってたと思います。
こんにちは! (kenko)
2010-04-27 17:50:12
もうすぐGWですね~ 特に予定ないけど

ウルフマン、変身シーンや惨殺シーンはよかったんだけど
同じくお話がところどころ腑に落ちませんでした。
オリジナルに忠実なんですかね?
すごーく期待していただけにちょっと残念。

最後の対決シーンは私も笑っちゃいましたよ~
アンソニー・ホプキンスの面影のこしまくりの狼男に(笑)
もうおじいちゃんなのに特殊メイクがんばったのかなーとか思ったり。
いま観て来ました (PPK)
2010-04-28 00:27:30
こんばんは。
う~ん、確かに面白かったですね。
レトロな雰囲気は好みです。
音にドキドキ心臓が止まりそうでしたがw

どうして家を出ることになったのか?

これは、母の死を見て父親を狼男だと言うから精神病棟へ入れられたのがきっかけかでは。

「また来たな」とか医者が言っていたし。
子供の頃にも同じ拷問をされていた影像が
入っていましたもんね。

父の態度は、欲望に忠実な狼男の本能。

自分の行状を息子に被せたのだと
思いましたがどうでしょうか。

いつも教えていただいている先生の
お役に立てれば幸いです。
kinoさんへ^-^* (由香)
2010-05-01 13:09:39
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^
お返事が遅れて申し訳ありません!

>余韻をひきづるロマンチックホラーに徹しないとだめだと思います
仰る通りだと思いますぅ~
ちょっと物語に散漫なところがあって、哀しみを噛みしめる暇がなかったような気が・・・
ラストにデル・トロは、ガクッという感じで息を引き取っていましたよね?そこにもビックリしました、、、、んな、ギャグのような死に方って何?って思ったの(汗)
ともやさんへ^-^* (由香)
2010-05-01 13:35:17
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございます^^
お返事が遅れてスミマセン!!

>アバライン警部って、「フロム・ヘル」のアバライン警部と同一人物なの?
恐らく同一人物と思われます。
劇中でも「切り裂きジャックを捕まえ損ねた―」ってセリフがありましたし♪
その時代を背景に描いているので、雰囲気は良かったですよね~
ところで、アバライン警部って本当は太めな方だったそうで、、、(笑)

post a comment

Recent Entries | 映画【あ行】

58 Trackbacks

ウルフマン (ゴリラも寄り道)
<<ストーリー>>19世紀末、兄の行方不明の知らせを受けて帰郷した人気俳優のローレンス(ベニチオ・デル・トロ)は、到着早々無残に切り...
ウルフマン (そーれりぽーと)
「タイトル『狼男』でいいやん」 『ウルフマン』を観てきました。 ★★★★ ぜーんぜん期待してなかったけど、意外と面白かった。 モンスターホラー映画の古典を最新のVFX技術で再構築。 リック・ベイカー本人が関わってるから、狼男に変身する場面は『狼男アメリカン...
ウルフマン (映画通信みるみる)
狼男伝説は、現代に蘇るのか。 古典ホラーに、大切なものは、格調高さでしょう。 古城が出てくるだけで、ぞくぞくしてきますね。 闇を...
ウルフマン(2010年) (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE WOLFMAN) 【2010年・アメリカ】完成披露試写で鑑賞(★★★☆☆) 1941年に公開されたユニバーサルの古典モンスター映画「狼男」をリメイク。 行方不明になり不審な死を遂げた兄の死を調査する、舞台俳優の男に降り掛かる恐怖を描いたサスペンス・ホラー。 ...
wolf「ウルフマン」みた。 (たいむのひとりごと)
特殊メイクの進化もここまできたかーという自然さ。臓物系も生々しく、食事直後には見たくない感じ?アンソニー・ポプキンス×ベネニオ・デルトロだけあって、期待どおり肉厚な作品になっているけれど、「ということ
ウルフマン (LOVE Cinemas 調布)
1941年公開の著名な古典作品『狼男(原題:The Wolf Man)』のリメイク。満月の光を浴びて狼男に変身した主人公が己の罪に苦悩するサスペンスホラーだ。主演は2人のオスカー俳優、アンソニー・ホプキンスベニチオ・デル・トロ。共演に『ヴィクトリア女王 世紀の愛』...
映画:ウルフマン THE WOLFMAN 全く予想外にgood! 久々に「古典」登場と言い切りたい。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
まず感心させられたのは、その「映像」 手を抜いたカットはまるで皆無。 「満月」が現れるストーリーに直結した部分(写真)は当然のこと、次々と。。。 1ショットごとに唸らせるまま、時間が経過していく。 で、かつ力を入れすぎた結果、暑苦しい画面になる愚(ありが...
「ウルフマン」は19世紀版アルカーイダ? (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。1941年の「狼男」(原題は同じTHE WOLFMAN)。ジョー・ジョンストン監督、ベニチオ・デル・トロ、アンソニー・ホプキンス、エミリー・ブラント、ヒューゴ・ウィーヴィング。 「シャーロックホームズ」と同じ19世紀末の科学とオカルトが入り混じったロンドンなど...
劇場鑑賞「ウルフマン」 (日々“是”精進!)
 「ウルフマン」を鑑賞してきました「トラフィック」のベニチオ・デル・トロと「羊たちの沈黙」のアンソニー・ホプキンスの2大オスカー俳優共演で贈るホラー・サスペンス。ユニバ...
『ウルフマン』 (ラムの大通り)
※ちょっと辛口な部分もあります。各ファンの方はスルーしてください。 (原題:The Wolfman) 「いやあ一瞬勘違い。 これってチャック・コナーズの テレビ『ライフルマン』を映画にしたものかと…」 ----そんなことあるはずないじゃニャい。 ん?その言い方からすると...
『ウルフマン』 (めでぃあみっくす)
クラシックホラーとVFX。怪優アンソニー・ホプキンスと名優ベネチオ・デル・トロ。まさに新旧が巧く融合した映画でした。 まぁ脚本に目新しさは特にないものの、クラシックホラーの雰囲気を大事にした演出と狼男への見事な変身シーンに、ホラーサスペンスなのに妙に安心...
ウルフマン (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
狼男といえば恐怖映画の不動のレギュラーメンバーで、ホラーにもコメディにもなる便利な素材。意外性のあるキャスティングと、格調高く正統派アプローチで描く本作は、さしずめゴシック・ホラーだ。19世紀末、人気俳優のローレンスは生家ダルボット城がある村に帰郷する。...
ウルフマン (映画鑑賞★日記・・・)
【THE WOLFMAN】 2010/04/23公開 アメリカR 15+ 102分監督:ジョー・ジョンストン出演:ベニチオ・デル・トロ、アンソニー・ホプキンス、エミリー・ブラント、ヒューゴ・ウィーヴィング、ジェラルディン・チャップリン今宵は満月。月が欠けるまで、悲鳴が止まらない。...
ウルフマン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★【2点】 いかにも不健康そうな顔のベニチオ・デル・トロと特殊メイクの巨匠リック・ベイカー
ウルフマン (だらだら無気力ブログ)
満月の夜になると、凶暴な獣人・狼男に変身して人々を襲う古典ホラー 『狼男』をリメイクしたホラーサスペンス。 兄の死の真相を捜査していたところをウルフマンによって怪我させられて しまい、その結果自らもウルフマンとなって人々を襲うようになった男の 運命と苦悩...
『ウルフマン』 (purebreath★マリーの映画館)
          今宵は満月。                 月が欠けるまで、悲鳴が止まらない。『ウルフマン』監督・・・ジョー・ジョンストン脚本・・・アンドリュー・...
ウルフマン /THE WOLFMAN (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click デルトロが狼男ってそのままでもイケそう!?失礼{/m_0162/} 1941年に製作された古典ユニバーサル・モンスター映画「狼男」をベニチオ・デルトロ主演、 「ジ...
ウルフマン (C note)
けっこう前から楽しみにしていたベニチオ・デル・トロの『ウルフマン』がようやっと日
ウルフマン (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
流れる雲から光る満月が顔を出したら体の中から血が沸きあがって体に剛毛が出てくる。全身に痛みが走り、いつのまにか自分が自分でなくなる。映画を見ていたら、おもわず自分が狼男になった気分になってしまった。
ウルフマン 評価:★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
「ウルフマン」試写会 (第1学区 学級日誌)
 「ウルフマン」の試写会に行ってきた。招待は女性限定で、「ウルフマンは誰だ?」正解発表会つき。公式サイトでやってたキャンペーンで、ウルフマンの特殊メイクをした有名芸能人...
ウルフマン (Diarydiary! )
《ウルフマン》 2010年 アメリカ映画 - 原題 - THE WOLFMAN
ウルフマン (C'est joli~ここちいい毎日を~)
ウルフマン’10:米◆原題:THE WOLFMAN◆監督:ジョー・ジョンストン「ジュラシック・パークIII」「遠い空の向こうに」◆出演:ベニチオ・デル・トロ 、 アンソニー・ホプキンス 、 エミリー・ブラント 、 ヒューゴ・ウィーヴィング◆STORY◆19世紀、イギリス・ブラ...
ウルフマン 怪物くんも是非ベニチオ・デル・トロで! (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=20 -7-】 昨日、ふら~っと平城遷都1300年祭のメイン会場に行ってみたけど・・・ ただただだだっ広くて・・・たくさん歩くだけで・・・せんとくんにも会えないし・・・う~んと・・・ よほどの歴史好きか、奈良時代に特別の思い出がある人にはいいのだろう...
『ウルフマン』 ('10初鑑賞64・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 4月29日(木・祝) 109シネマズHAT神戸 シアター4にて 15:00の回を鑑賞。
ウルフマン (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
満月の夜に起こる惨劇に隠された呪われた一族の忌まわしい事実とは?__。 1941年製作のホラー映画の古典『狼男』をベースに、『ロケッティア』などのジョー・ジョンストン監督がアレンジを加えてリメイク。 出演はベニチオ・デル=トロ、アンソニー・ホプキンス...
ウルフマン (悠雅的生活)
満月の夜。銀弾。苦悩する狼男。
映画「ウルフマン」@チネチッタ (masalaの辛口映画館)
 平日の昼間、客入りは悪く107席のチネ1には20名ほどの観客で客年齢が非常に高い。  【送料無料選択可!】オリジナル・サウンドトラック『ウルフマン』/サントラ(音楽:ダニ...
ウルフマン/ベニチオ・デル・トロ (カノンな日々)
近年なんだか大流行りになっている感のドラキュラ物のブームに便乗してるのかどうかわかりませんが、ドラキュラの対立軸として登場することの多い狼男を主人公にしたサスペンス・ホラーです。主演にベニチオ・デル・トロ、アンソニー・ホプキンスと二人のオスカー俳優を配...
ウルフマン (迷宮映画館)
古典的正統派+スピード感で迫られた。
【ウルフマン】首飛ぶの早っっっっ・・・ (映画@見取り八段)
ウルフマン~ THE WOLFMAN ~ 監督:  ジョー・ジョンストン    出演: ベニチオ・デル・トロ、アンソニー・ホプキンス、エミリー・ブラン...
映画「ウルフマン」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2010/4/26 109シネマズ木場。 ベニチオ・デル・トロ、アンソニー・ホプキンス、エミリー・ブラント、 ヒューゴ・ウィービング *** 1891年、イギリス。 舞台俳優のローレンス(ベニチオ・デル・トロ)は、 兄のベン・タルボットの婚約者の(エミリー・ブラン...
ウルフマン (ダイターンクラッシュ!!)
2010年5月1日(土) 17:45~ TOHOシネマズプレミアスクリーン 料金:1000円(映画サービスデイ) パンフレット:600円(買っていない) 『ウルフマン』公式サイト 古臭い題材、古臭い設定、古臭いストーリーの、「いつの時代の作品だよ!」な映画。リック・ベイカー...
「ウルフマン」 凶暴なチューバッカ!? (はらやんの映画徒然草)
かつてのユニバーサル映画と言えば、「魔人ドラキュラ」「フランケンシュタイン」「狼
「ウルフマン」上野東急にて鑑賞 (流れ流れて八丈島)
東急レクリエーション株主優待券の最後の一枚で、「ウルフマン」を観てきました貴重な一枚なんで新宿ミラノの「シャッター・アイランド」にしようか上野東急の「ウルフマン」にしよ...
★「ウルフマン」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みはTOHOシネマズららぽーと横浜で2本。 その1本目。
ウルフマン (5125年映画の旅)
19世紀末の英国。兄の訃報を聞き、故郷に戻ってきた俳優のローレンス。兄は全身がズタズタに引き裂かれていた。犯人の正体は、恐るべき力を持った狼男だった。狼男に襲われ瀕死の重傷を負うローレンス。かろうじて命を取りとめたものの、彼の体にはある重大な変化が...
ウルフマン (虎猫の気まぐれシネマ日記)
ベネチオ・デル・トロの狼男物語。こういった19世紀のイギリスを舞台にした,古色蒼然正統派ホラーは,その雰囲気からして大変好みなので,期待大で鑑賞。 結果は・・・う~~~ん。そこそこ良かったけど,期待ほどではなかった・・・かな。この時代の英国の田舎の貴族の...
ウルフマン★★★+劇場54本目:デル・トロ... (kaoritalyたる所以)
お父さんと一緒に、狼男を観てきました。田舎の映画館、21:45~ってこともあり、鑑賞者は私たちを合わせてもたった3人ちょっと寂しかったですねぇ~。まだこの週末に上映が始...
「ウルフマン」鑑賞 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 古典ホラーの代表作「狼男」を、「ジュラシックパーク3」のジョー・ジョンストン監督、「チェ」「トラフィック」のベニチオ・デル・トロ、「羊たちの沈黙」「ハンニバル」のアン...
「ウルフマン」 (てんびんthe LIFE)
「ウルフマン」ユナイテッドシネマ豊洲で観賞 デルトロさま……。 好きなんです、デルトロさま。 はっきり言います。 どう見ても狼男ではなく猿の惑星でした! ホラーというほど驚かされもせず、物語も単純なのでとにかくデルトロさまだけ注目してたんですが。 デ...
狼男~『ウルフマン』 (真紅のthinkingdays)
 THE WOLFMAN  1891年、英国・ブラックムーア。シェークスピア劇の舞台俳優として活躍して いるローレンス(ベニチオ・デル・トロ)は、...
「ウルフマン」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  クラシカルなホラー映画でした。観に行った目的は出演している役者さんたちだったので、ホラーの部分はほとんど目をつぶっていました(笑)心理的な恐怖だと、まだ耐えられますがスプラッター系はどうも…。主演はベニチオ・デル・トロ。...
ウルフマン (Movies 1-800)
The Wolfman (2010年) 監督:ジョー・ジョンストン 出演:ベニチオ・デル・トロ、アンソニー・ホプキンス、エミリー・ブラント、ヒューゴ・ウィーヴィング 1941年作のホラー映画「狼男」のリメイクで、19世紀末のイギリスを舞台に、失踪した兄の捜索の為、久しぶりに帰郷...
「ウルフマン」 (It's a wonderful cinema)
 2010年/アメリカ  監督/ジョー・ジョンストン  出演/ベニチオ・デル・トロ     アンソニー・ホプキンス     エミリー・ブラント  1941年のホラー「狼男」のリメイク。主演はベニチオ・デル・トロ。  兄が行方不明になり、故郷に戻ってきた舞台...
ウルフマン (ルナのシネマ缶)
正統派の古典ホラーって感じで、 可も無く不可もなくって 感じでした。 ベニチオ・デル・トロや アンソニー・ホプキンスは さすがですが、 ストーリーは正直普通かなぁ~。 荒れ果てた古城のような 豪邸は雰囲気がありました。 19世紀末、兄の行方不明の知らせ...
ウルフマン (2010 映画観てきましたっ!)
木曜レディースディは 会社帰りにユナイテッドさんにて  「ウルフマン」を 観てきましたっ!
狼男だね ジョー・ジョンストン 『ウルフマン』 (SGA屋物語紹介所)
思うんですけど狼男って英語だと「ワーウルフ(werewolf)じゃないんですかね
「ウルフマン」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                                  「ウルフマン」 J-MAX上越にて。 監督・ジョー・ジョンストン 郷里の朋友と上越のシネコンへ観に行って参りました。 まずなによりもド肝(最近よく抜かれます(笑))を抜かれたのは、ゴールデン...
ウルフマン (MOVIE-DIC)
今宵は満月、そして世界は血に染まる。 2010年(THE WOLFMAN)製作国:アメリカ監督:ジョー・ジョンストン原作:製作:スコット・ステューバー、ベニチオ・デル・トロ、リック・ヨーン、ショーン・ダニエル製作総指揮:ビル・カラッロ、ジョナサン・モーン、ライアン、カヴ...
ウルフマン (Trackback Square)
ウルフマン(The Wolfman)に関するトラックバックセンター。 ウルフマン - Wikipedia ジョー・ジョンストン ベニチオ・デル・トロ アンソニー・...
10-109「ウルフマン」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
呪いを解けるのは、愛する者だけ  1891年、舞台俳優として活躍するローレンス・タルボットは、兄ベンの婚約者グエンから兄が行方不明になったとの報せを受け、25年ぶりに英国ブラックムーアの生家タルボット城に帰ってきた。そして、母の死を機に疎遠となっていた父ジョ...
ウルフマン (夫婦でシネマ)
なぜ今、狼男なのか判りませんが、純粋なホラーとして楽しめます。
ウルフマン (まさとの素人映画レビュー)
ベニチオ・デル・トロとアンソニー・ホプキンスという名優が共演しているウルフマン。 演技力があるこの2人を同時に観られるなんて、お得な映画かも知れない。 ホラーっぽい所が若干気になるけれど、ワクワクしながら劇場へ足を運んだ。 映画の紹介を軽く読んだりし...
ウルフの鈴音 (Akira's VOICE)
「ウルフマン」 「牛の鈴音」 
ウルフマン (The Wolfman) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジョー・ジョンストン 主演 ベニチオ・デル・トロ 2010年 アメリカ映画 119分 ホラー 採点★★★ イメージってのはどうも妙な所で固まってしまうようで、ドラキュラもフランケンも狼男も、それこそユニバーサルホラーからハマーホラー、新旧問わず観まくって...
『ウルフマン』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 ウルフマン 』 (2010)  監  督 :ジョー・ジョンストンキャスト :ベニチオ・デル・トロ、エミリー・ブラント、アンソニー・ホプキンス、ヒューゴ・ ウィーヴィング、ジェラルディン・チャップリ...
ウルフマン(2010年) (mama)
THE WOLFMAN 2010年:アメリカ 監督:ジョー・ジョンストン 出演:ベニチオ・デル・トロ、アンソニー・ホプキンス、ジェラルディン・チャップリン、エミリー・ブラン ...