★YUKAの気ままな有閑日記★

とても残念ですが、長期的にお休みします^-^*皆さま素敵な年末年始をお過ごし下さい☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

コララインとボタンの魔女

2010-03-04 14:35:35 | 映画【か行】

1コマごとに人形やセットを動かしながら撮影するストップモーションアニメということで気になっていました~
3D吹き替えで鑑賞です―
【story】
コララインは両親と新しい街に引っ越して来るが、二人とも仕事が忙しくてちっとも自分にかまってくれず不満に思っていた。コララインは退屈しのぎに築150年のアパートの探検を始め、その最中にレンガで封印された小さなドアを発見するが―
     監督 : ヘンリー・セリック 『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』

【comment】
素晴らしい世界観に魅了されました~
子どもに振られちゃったので(笑)一人で観に行きましたが、これは息子たちも気に入ったと思うなぁ~『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』もお気に入りだし。

コララインの表情の種類は20万7336通りもあって、1分14秒の映像を作るのに1週間もかかって、、、気が遠くなる程手間が掛っている―と聞いていましたが、改めてビックリでしたね。

で、、、キャラクターやセットのデザインを担当するコンセプト・アートを手掛けたのが、日本人の上杉忠弘さんだそうですね~スゴイです
 
さて、ちょっと生意気な女の子コララインは、両親と築150年のアパートに引っ越してきた。
新しい土地でちょっぴり不安だし、親友とも離れ離れになったのに、両親は仕事・仕事で全くかまってくれず、話すら聞いてくれないぷりぷり
しかもママはご飯を作るのが苦手で、食卓にはパパが作る不味い料理が並ぶだけげんなり
庭は雑草でボーボーだし、知り合ったばかりのワイビーって男の子はストーカーみたいだし、同じアパートの住人も変だし、新しい学校の制服は地味なグレーだし、可愛いなぁ~って思った手袋さえ買ってもらえない、、、
ああ~んつまんない、つまんない、つまんないぷんぷん
 
そんな時、不思議なドアを見つけちゃったの、、、何で煉瓦で塞がれているの
ある夜、そのドアをネズミが通ったのを目撃したコララインは、恐れもせずにドアを通り抜けた―
 
そこを抜けると・・・
 
摩訶不思議な世界があったのよ~
ママがお料理作ってるっ パパがピアノなんか弾いてるっ
でも、、、
この二人ったら変っ 目がボタンだぁ~
絶対に変、、、なのよ。変なんだけど、、、この世界のパパとママはとっても優しいしぃ~お料理は豪華だしぃ~
 
庭だって完璧に綺麗だしぃ~何もかもが楽しいしぃ~
退屈な毎日よりもコッチの世界の方が断然いいじゃん。自由に遊びに行けばいいのよイヒ
 
だぁ~けぇ~どぉ~そんな都合のいいことなんてそうそうないのよ、、、少年少女の皆さん
そこは“ボタンの魔女”
が作ったマヤカシの世界だったんです~
コララインは最初っから魔女の罠に嵌められちゃっていたわけで、、、
コララインに、「コチラの楽しい世界に住むには目をボタンにしなくちゃーいけないのよん。さぁ~どうする?」なんて選択を迫ってくるのです。
おお~まるで現代の悪徳商法のような手口ではあ~りませんか
 
で、、、知恵のあるネコちゃんと協力して、こんな変な世界とは縁を切りたいコララインだったけど、、、本当の両親は魔女に捕まっちゃうし、昔魔女に捕まった目がボタンの子どもたちの亡霊から自分たちの眼を取り戻して欲しいと頼まれるし、、、
さあ、、どうするコラライン?
 
・・・という事で、お話はいたってシンプルで、そんなにハラハラすることもなく(笑)想定内の展開で、可もなく不可もなくって感じでしょうか。
ただ、個人的に一つ残念だったのは、コララインが可愛く見えなかったこと。
外見がどうの・・・ではなくて、性格的に『ライラの冒険 黄金の羅針盤』のライラを思い出すキャラだったんですぅ~(あら?これってライラの悪口?・汗)
可愛げが薄いというか、、、捻くれているというか、、、最初に変な世界に行った時に普通はギャ~」となると思うんだけど、アッサリ順応して楽しんじゃっている辺りにどうも違和感があって、、、
物語の内容で、私は、『千と千尋の神隠し』や『クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険』なんかを思い出したんだけど、不思議な世界に行っちゃったら、千尋のように怖がったり不安になったりするとか、しんちゃんのようにノリで乗り切るとか、、、色んな反応があってOKなんだけど、まぁ~コララインの個性なのでしょうが、それが私には合いませんでしたね。
・・・ってなわけで、コララインという女の子に魅力を感じませんでしたが、美術の素晴らしさにはうんと魅せられました。
     コララインのセットやお人形で遊ぶと楽しそう   (3点)


Comments (21)   Trackbacks (44)   この記事についてブログを書く
« ’10.2にDVD等で観た映画★気... | TOP | パーフェクト・ゲッタウェイ »
最新の画像もっと見る

21 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
あらら~ (KLY)
2010-03-04 22:06:21
何だか写真が凄く色鮮やかで、映画で観ているよりいいなぁ…。とにかくこの色鮮やかさがXPAND方式だとやたら暗くなっちゃうんですよね…。
3D+ストップモーションアニメというのは、その良さを増してくれると思うのですが、もうおちょっと改善が必要かなと思いましたよ。
お話的には由香さんの言うとおり、いたってシンプルでまあ普通?でした。(笑)
こんばんは♪ (SOAR)
2010-03-04 23:30:14
TBどうもです。

おお~、言われて気付きました!
たしかに「クレしんヘンダーランドの冒険」に通じる世界観、雰囲気がありましたね。
で、そう考えると主人公の個性の弱さもまた気になってしまいますねぇ。
しんのすけと比べてはコラちゃんかわいそうだけど(笑)
(ちなみに私、原監督以外の劇場版クレしんで一番好きなのがヘンダーランドです~)
なんかヘンダー (クラム)
2010-03-04 23:49:06
ヘンダーランド、クレしんの中で1、2を争うくらい好きな作品です。
だからコララインの世界もハマれるはずだったんですが・・・寝ちゃいました。
妻も寝ました。
子供は怖がっていたみたいです。

コララインのかわいげのなさはわざとなんですかね~。
わが国だったらちょっといない主人公かもしれません。
おはようございます^^ (みすず)
2010-03-05 08:12:53
わたしは娘と一緒に見てきました^^
前半退屈してあくびでたけど、後半は面白かったかな^^
娘は始終身を乗り出していて、すっごく面白かったと大満足でした^^
3Dだったけど、最初の縫い物の時ぐらいしか飛び出てる~って感じなかったし・・・
2Dで普通に綺麗な映像楽しみたかったなぁー^^;

それから。
由香さんのブログをお気に入りに登録させて貰っても良いでしょうか?
よろしくお願いします
あぁあ (sakurai)
2010-03-05 22:41:47
そうかも。
なんかファンタジーの割には、違和感を感じたのですが、主人公に心からのシンパシーが湧けなかったからかな・・・。
あたし、この話、とっても日本的なものに感じたんですよ。
アメリカって、表面だけでもいかにもパパしてます!ママしてます!ということを大事にしているような気がして。
あんな素直に、仕事にまい進してる母親って、日本的だな・・って。
原作ありきですから、物語にどうのこうの言ってもしようがないでしょうが、これはやはり映像を見せる映画なんでしょうね。
あたし、ストップモーションであることも何にも知らなくて(情けない;)見たもんで、後でから凄さを認識した次第です、ハイ。
Unknown (Nakaji)
2010-03-06 00:24:33
こんにちは♪

そうなんですよね。。。
映像ばっかりすばらしいって感じになっちゃいましたね~
私も吹き替えでみたのですが。。。主人公の声もいまいちだったんですよ~
コラライン・・・ (マリー)
2010-03-06 22:38:12
そうですか~~。
息子ちゃんに振られちゃったんだ~。

そう、コララインの性格ってあんまり可愛くなかったよね。。。
でもあのママとパパじゃ小さい頃から構ってもらえず、ちょっとひねた子になっちゃったのかな?と解釈してしまった。
でも、あの世界観は素敵!
あの中で遊びたいよね~~~。

ヘンダーランドは大好き!!
ヘンだヘンだよ~ヘンダ~ランドぉ~~♪
KLYさんへ^-^* (由香)
2010-03-08 08:28:52
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

>色鮮やかさがXPAND方式だとやたら暗くなっちゃうんですよね…。
そう言えば、少し画面が暗かった気が・・・私はあまり気になりませんでしたが。普通に2Dで観た方がしっくりきたかも。

お話は普通でしたが、世界観は好きでした~♪
子どもにもみせたいです(DVDで・笑)
SOARさんへ^-^* (由香)
2010-03-08 08:32:41
こんにちは~♪
コメントありがとうございました^^

>「クレしんヘンダーランドの冒険」に通じる世界観、雰囲気がありましたね
ね?そんな感じがしましたよね~(笑)
私、ヘンダ―ランドのしんちゃんが結構好きで(笑)何度も観ています。
ちょっと通じるものがありましたよね~
しんちゃんみたいに個性的ではなくって、コララインはフツウの女の子でしたね~
でも、上杉さんのアートの世界は好きでした♪
クラムさんへ^-^* (由香)
2010-03-08 08:35:51
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

ふふふ・・・寝ちゃいましたか?(笑)
私は最初っから結構ハマりましたよ~
綺麗なんだもん、映像が♪好みだったわ~色彩もデザインも。

クラムさんもヘンダーランドをお好きですか?
ちょっと不思議な世界が面白かったですよね!
クレヨンしんちゃんの中で好きな作品です^^

post a comment

Recent Entries | 映画【か行】

44 Trackbacks

コララインとボタンの魔女 3D (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Coraline ニール・ゲイマン原作、ヘンリー・セリック監督、コンセプトアート:上杉忠弘。ストップモーション・アニメのファンタジー・ホラー。原題のCoralineは文字を並べ替えるとCaroline=キャロラインという一般的な女性の名になる。11歳の女の子コラ...
コララインとボタンの魔女 (Akira's VOICE)
面白い!そして怖い!  
コララインとボタンの魔女 日本吹き替え版3D (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
人形をひとコマひとコマ撮影するストップ・モーションと、最新の3D技術の合体で独特な世界観を実現している。ミシンや裁縫用語を登場人物の名前にした世界は、子供の言うことを何でもきいてくれるが自由がない。子供の自我への目覚めと親子関係の再考には最適の作品だ。
[映画『コララインとボタンの魔女/3D』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆仕事の前に無理して観に行った。  良かった。  今年のここまでで、一番に満足のいく作品だった。  人形アニメーション、その3D作品だ。  ただ、初めて見たTOHOシネマズ南大沢(だからかは分からないが)での3D映像は最低だった。  遠近感が逆だったり...
映画「コララインとボタンの魔女 3D」@TOHOシネマズ川崎 (masalaの辛口映画館)
 MovieWalkerさん主権の試写会だ。客入りはほぼ満席、作品柄小さなお子さんも多数来場している。   コララインとボタンの魔女 映画の話  コララインは両親と新しい街に引っ越して来るが、二人とも仕事が忙しくてちっとも自分にかまってくれず不満に思っていた。一....
コララインとボタンの魔女 3D/榮倉奈々、劇団ひとり、戸田恵子 (カノンな日々)
『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のヘンリー・セリック監督が贈るストップモーションアニメーションによるダークファンタジーの世界が再びスクリーンに。『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』は私の大好きな映画なんですが残念ながらあの時はDVD鑑賞だったので...
映画「コララインとボタンの魔女 3D(日本語吹替版)」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『コララインとボタンの魔女 3D(日本語吹替版)』初日第1回目にて鑑賞。観客は7~8名。 採点は★★☆☆☆(5点満点で2点)。今回の3D吹替版は1点だが、2D字幕版だったら個人的にこう言う雰囲気は好きなんで3点付きそうだから、中間を取って2点。 ざっくりストーリ...
映画を観た~コララインとボタンの魔女3D<日本語吹替版>~ (垂直落下式どうでもいい話)
本文はこちら→
コララインとボタンの魔女 3D (悠雅的生活)
小さな扉の向こうに、別のママとパパがいた・・・(日本語吹替え版)
『コララインとボタンの魔女 3D』 (ラムの大通り)
(原題:Coraline) ----これって、前から観たがっていたアニメだよね。 でも、どうして苦手な3Dを選んだの…? 「それはいろいろと理由が…(汗)。 でも、いずれにしろ日本ではこの映画は全国すべて 3Dで公開されるらしい。 まあ、二番館になったときには分からないけ...
コララインとボタンの魔女 3D (そーれりぽーと)
手放しで好きなヘンリー・セレックのストップモーションアニメ映画最新作『コララインとボタンの魔女』の3D版字幕版を観てきました。 今回はコンセプトアートを手がけた日本人作家さんがアニー賞を受賞したのだそうで、ちょっと不気味な世界観にもお墨付き、それも日本人...
甘い誘惑の裏側。『コララインとボタンの魔女』 (水曜日のシネマ日記)
毎日の生活に不満だらけの少女が新しい町で理想の世界に出会う物語です。
コララインとボタンの魔女3D / Coraline (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」のヘンリー・セリック監督最新作。 本国の公開から1年近く遅れてやっと日本公開。 「ナイトメア~」はコアなファン...
扉の向こうのもう一つの世界~『コララインとボタンの魔女 3D』 【吹替え版】 (真紅のthinkingdays)
 CORALINE  築150年の「ピンクパレスアパート」へ引っ越してきたコララインは、勝気な 女の子。ある日彼女は、壁紙で封印された小さな...
コララインとボタンの魔女 3D (LOVE Cinemas 調布)
同名のベストセラー小説を『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のヘンリー・セリック監督が3Dアニメーションで映画化。魔女が作ったパラレルワールドに迷い込んだ少女の冒険と成長の物語だ。日本語吹替え版では主人公を榮倉奈々が、他に劇団ひとりや戸田恵子が声優を...
「コララインとボタンの魔女」3D 字幕版 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  例によって近所のシネコンでは吹き替え版のみの上映だったので六本木まで観に行きました。主演はダコタ・ファニング。とても良かったです!好奇心が強くて勇気がある多感な女の子コラライン。とても魅力的なキャラクターを演じていました...
コララインとボタンの魔女 3D・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」や「ジャイアント・ピーチ」で熱烈なファンを持つ人形アニメの鬼才、ヘンリー・セリック監督の最新...
『コララインとボタンの魔女 3D』・・・ストップモーションアニメと3Dの相性 (SOARのパストラーレ♪)
ストップモーションアニメの傑作『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』が好きな方には特にオススメの作品。本作は児童文学が原作とのことでたしかに少女が奮闘する冒険活劇的なスタイルながら、その世界観はかのティム・バートンにも通じるダークなファンタジー。これ実...
コララインとボタンの魔女3D吹替え版 (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』のヘンリー・センリック監督の、人形によるストップモーションアニメです。あちらはティム・バートンの世界でしたが、こちらはまた違う雰囲気です。前に観たのも『トイ・ストーリー/トイ・ストーリー2』だったので、最近は本当にア....
コララインとボタンの魔女 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
ストップモーションアニメと3Dの組合せが個性的なダーク・ファンタジー・アニメーション。家族で引っ越してきたばかりの少女コララインは、忙しい両親にかまってもらえず、まだ友だちもいない。退屈していたある日、家の中に小さな秘密の扉をみつけ中に入る。現実とそっ...
「コララインとボタンの魔女3D」 (Con Gas, Sin Hielo)
選べない不幸とは闘いようがない。 「ナイトメアビフォアクリスマス」の監督によるダークファンタジーの最新作。 「ナイトメア~」の3D版を大分のT-JOYで観たのは1年半くらい前だろうか。あのときはかなり短い上映時間にも拘らず寝てしまった。 今回の上映時間は10...
コララインとボタンの魔女 3D字幕版 (だらだら無気力ブログ)
『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のヘンリー・セリック監督が 同名ファンタジー小説を3Dで映画化したストップ・モーション・アニメ。 偶然迷い込んだパラレルワールドに夢中になるヒロインがやがて訪れる 恐怖に直面しつつも両親を救いだす様を独特のタッチで...
「コララインとボタンの魔女」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「コララインとボタンの魔女」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *キャラクター(声優):コラライン・ジョーンズ(ダコタ・ファニング/榮倉奈々)、メル・ジョーンズ(テリー・ハッチャー/戸田恵子)、チャーリー・ジョーンズ(ジョン・ホッジマン)...
コララインとボタンの魔女 3D (みすずりんりん放送局)
 『コララインとボタンの魔女 3D』を観た。  11歳の少女コララインは、引っ越したばかりの家で、封印された小さなドアを見つける...
映画「コララインとボタンの魔女」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2010/2/26、TOHOシネマズ錦糸町。 ストップ・モーション・アニメ。3D。 「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」のヘンリー・セリック、監督、脚本。 ** コラライン・ジョーンズ(声:ダコタ・ファニング、吹き替え版:永倉奈々)の一家は、 田舎の大きい家に越...
『コララインとボタンの魔女 3D』 (kuemama's_webryblog)
【CORALINE】 2009年/ギャガ/100分 【オフィシャルサイト】 監督:ヘンリー・セリック 出演(声): ダコタ・ファニング、テリー・ハッチャー、ジョン・ホッジマン、イアン・マクシェーン、ドーン・フレンチ、ジェニファー・ソーンダース、キース・デヴィッド、ロ...
コララインとボタンの魔女 3D版 (迷宮映画館)
こうやって、どんどん3D版になって行くんでしょうか。
コララインとボタンの魔女 3D (C'est joli~ここちいい毎日を~)
コララインとボタンの魔女 3D’09:米 ◆原題:CORALINE ◆監督・脚本: ヘンリー・セリック「モンキーボーン」「ジャイアント・ピーチ」◆声の出演: 榮倉奈々、劇団ひとり、戸田恵子 ◆STORY◆ピンク色の古いアパートに引っ越して来た11歳の少女コララインは退屈し...
コララインとボタンの魔女 3D (Memoirs_of_dai)
このラインでは不満足 【Story】 コララインは両親と新しい街に引っ越して来るが、二人とも仕事が忙しく、一切かまってくれず不満に思って...
コララインとボタンの魔女☆独り言 (黒猫のうたた寝)
『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』の監督の作品キャラクターも、そういうテイスト。けして愛らしいとか可愛らしいという感覚じゃなくキモかわいい系です。CGアニメもいいのですが、どちらかといえばストップモーションアニメのほうが目が疲れません。でもこれ今回は3D...
映画* コラライン/ Coraline (有閑マダムは何を観ているのか? in California)
Caroline キャロラインではなく Coraline コララインという、変わった名前の女の子が主人公のファンタジー。 映画がスタートする前の導入部分から、凝ってますよ~!! それが、最新技術満載、最先端、モダーンな近頃のディズニーやピクサーアニメーションとはかなり...
「コララインとボタンの魔女 3D」 ヒトリボッチの世界 (はらやんの映画徒然草)
昨年末の「アバター」は3D映像をコンピューターを駆使することによってすごくナチュ
コララインとボタンの魔女 3D (菫色映画)
Coraline2009年 アメリカ 監督:ヘンリー・セリック 原作:ニール・ゲイマン 声の出演:ダコタ・ファニング      テリー・ハッチャー      ジョン・ホッジマン      イアン・マクシェーン      ドーン・フレンチ by G-Tools そこは...
映画「コララインとボタンの魔女 3D」 (Andre's Review)
  Coraline アメリカ 2008 10年2月公開 劇場鑑賞(3D字幕) 愛してやまない映画、「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」のヘンリー・セリックが手掛けるストップモーションアニメということでとても楽しみにしていた作品。別に3Dに興味はないので、2Dでも良かった...
10-58「コララインとボタンの魔女 3D」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
小さな扉を通っちゃダメ   ピンク色の古いアパートに引っ越してきたばかりの少女コラライン。まだ友だちも出来ず、忙しい両親はまったく構ってくれない。  すっかり退屈していたコララインは、ある日家の中で不思議な扉を発見する。そして、その扉を通り抜けた先でコ...
キャロラインは洋子 ヘンリー・セリック 『コララインとボタンの魔女』 (SGA屋物語紹介所)
人形や粘土を少しずつ動かしてコマ撮りするストップモーションアニメ。本当に、恐ろし
コララインとボタンの魔女 3D (5125年映画の旅)
コララインは、両親の仕事の都合で田舎に越してきたばかりの女の子。友達もおらず、両親にもかまってもらえないコララインは、部屋の壁に小さな扉を見つける。その扉をくぐった先には、目がボタンになっている両親や近所の人々が存在する不思議な世界が広がっていた。人...
当たりだった「コララインとボタンの魔女」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-)
両親が忙しくてろくに話し相手になってくれず、寂しさの裏返しから反抗的なコラライン。引っ越したての古い屋敷を探検すると、別世界に通じ...
コララインとボタンの魔女 3D 【側にいて 瞳の代わりに ボタン付け】 (猫の毛玉 映画館)
『コララインとボタンの魔女 3D』 CORALINE 2009年・アメリカ ニール・ゲイマンの2002年の児童文学をこま撮りアニメ化。  こま撮りアニメを3D...
コララインとボタンの魔女 (いやいやえん)
「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」の監督さんの新作ダークファンタジー。 楽しくて夜ごとに扉の向こうの世界へいってしまうコラライン。でもあるとき別のママが優しい声でコララインに「ずっとここに居ていいのよ。でも1つだけ条件があるの、目をボタンにしまし...
コララインとボタンの魔女 (映画通信みるみる)
扉の向こうの、別の世界。 コララインの声は、ダコタ・ファニング(日本語吹替は、榮倉奈々)。 ピンク色の古いアパートに引っ越して来...
コララインとボタンの魔女 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『扉のむこうは理想の世界。 でも気をつけて。かなえてはいけない願い事がある。』  コチラの「コララインとボタンの魔女」は、「ベオウルフ 呪われし勇者」の脚本、「スターダスト」の原作を手掛けたニール・ゲイマンの原作を3D映画化したストップ・モーション・ア...
【映画】コララインとボタンの魔女…とほぼ関係無いバトンの話 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日から夜勤の私ですが、今週って間に休みを挟んでいるから、すぐに終わっちゃうんだね 割と楽に過ごせそうでホッとしているところです…まぁあくまでも多分楽だろうという段階ですが…。 ...
コララインとボタンの魔女 (Blossom)
コララインとボタンの魔女 CORALINE 監督 ヘンリー・セリック 出演 ダコタ・ファニング テリー・ハッチャー     ジョン・ホッジマン イアン・マクシェーン     ドーン・フレンチ ジェニファー・ソーンダース     キース・デヴィッド ロバート...