★YUKAの気ままな有閑日記★

とても残念ですが、長期的にお休みします^-^*皆さま素敵な年末年始をお過ごし下さい☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

コントロール

2010-01-11 13:36:40 | 映画【か行】
レンタルで鑑賞― ≪オススメ映画①≫
【story】
凶暴な犯罪者、リー・レイ(レイ・リオッタ)。死刑執行室で最期の時を迎えたレイは、数時間後に目を覚ます。そして、神経薬理学者のコープランド博士(ウィレム・デフォー)が、ある新薬開発試験の被験者になれば、レイに別の人生を与えようと取引を持ちかけてきた―
     監督 : ティム・ハンター

【comment】
先日、“オススメ映画”を募集したところ沢山の映画をご紹介して頂きました~
どうも有り難うございましたご紹介頂いた映画は少しずつ観ていきたいと思います

尚、引き続きコチラの記事で“オススメ映画”を募集しておりますので、ご協力の方ヨロシクお願いしま~す。

で、、、今回は、りらの感想日記♪のりらさんオススメの映画、『コントロール』です―
 
おっと~(汗)いきなりレイ・リオッタの濃い顔がババーンと、、、

レイ・リオッタ、、、かなりクセのある役ばかりでお見かけしますが、このリー・レイ役もやはりそうでした。で、、、メチャメチャハマり役で良かったですぅ~

映画は、リー・レイの死刑執行シーンから始まります。
そのシーンで、死にゆくレイが自分の人生を走馬灯のように思い浮かべますが、、、不遇な子ども時代、荒んだ青春時代、凶悪な男となってしまった今―を見せ、「ああ~悪い人だけど可哀想でもあったんだ―」と思わせます。

その後、医学開発プロジェクトの研究対象として死を免れたレイを待っていたのは、新薬の実験台としてのモルモット生活でした。
彼に与えられた新薬は“アナグレス”。脳内分泌をコントロールすることにより行動修正をはかる薬です。

ここで私は、映画『時計じかけのオレンジ』の“ルドビコ療法”を思い出しました~
アチラも暴力的な性格を修正する―という趣旨の実験が行われましたから。

ただ、コチラの映画はそれだけにとどまらず、主要登場人物の心の動きをわりと丁寧に追っていたと思います。
で、、、そこが良かった
物語の設定や、レイ・リオッタ、デフォーの登場から、ドンデン返しで魅せるサスペンスなんだろう―と気負って観たのですが、、、そんなにあっ!と驚く展開ではないんです。ハラハラさせますが、どちらかと言うと、観ていて心がシクシク痛み、最後にはヒューマンドラマを観たような一種の感動さえありました―
 
まさに野獣のような凶暴なレイが、薬を与えられてから数カ月で穏やかになっていき、自分の行いを後悔し、涙を見せ、傷を負わせてしまった人に謝りたい!―という気持ちが起こっていく様を観ていると、同情の余地のない凶悪犯であるはずのなに、レイを擁護したくなっていってしまう。
それと同時に、本当にレイは変わったのか?という疑いも拭い切れない。

そこに、レイをつけ狙うロシアンマフィア、彼を凶悪犯とは知らずに想いを寄せる女性(ミシェル・ロドリゲス)、彼が過去に傷を負わせてしまった兄弟などの存在で物語に幅を持たせています。わりと細やかな演出が効いているのではないかしら。

更には、デフォーが演じた博士が、ただの新薬開発に必死になっている頭でっかちという設定ではなく、暴力により息子を殺された過去があること。
また、博士とリー・レイの間に、徐々に一種の友情ともいえる気持ちの芽生えがあること、、、など見所が沢山ありました。

そして、犯してしまった罪は決して消えるものではない―どんなに後悔しても、どんなに改心しても―だから凶悪犯を社会から少なくするには、人の心を操る妙ちくりんな小手先の薬などではなく、やはり子ども時代に健全で愛ある場所が必要で、、、大人になってからも人との温かい関わりが必要なのかも―なんて思わせました。

物語の最後は哀しいものでしたが、最後の最後には、、、なんというか希望が見えます。
サスペンスだけでなくヒューマンドラマとしても受け止められる面白い映画ですので、私からもオススメしま~す                     (3.5点) 

Comments (14)   Trackbacks (8)   この記事についてブログを書く
« ダウト~あるカトリック学校で~ | TOP | ダイアナの選択 »
最新の画像もっと見る

14 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
由香さんこんにちは。 (mig)
2010-01-11 14:57:42
かなり古い記事見つけてもらってありがとう

レイリオッタ、好きなんですよ~。
クセある俳優♪

はっきり言って、もう内容忘れちゃったのでなんとも言えないけどまあまあ面白かった覚えがあります

あ、ミシェルロドリゲスが出てたんですねー、あとからあの人が出てたかって気づくことも古い映画観てると多々ありますね☆

オススメしたい映画はコメディはじめもの凄くあるんだけど、、、
由香さんが観てないのがわからないから簡単に言えないのが残念ですー。

ってことでタイレポもみてね

こんばんは (バラサ☆バラサ)
2010-01-11 21:21:32
怪人が二人出ているので、絶対に悪辣なことをするに違いないと思っていたのですが、肩透かしくらった感じでしたね。
わたしは、凄くガッカリしました。
まあ、面白いんですけどね。
なんだか・・・ (マリー)
2010-01-13 22:22:19
こんばんは~~。
ストーリーを読ませていただくと、好みな感じがします・・・

脳内コントロールというと様々なシーン(精神科)などで行われてる印象があって~
それはいつも考えさせられる。
そういう風にコントロールして、1個人の人格といえるのかなぁって。
どんな展開に進んでゆくのかな~・・・

レイさん、濃いねっ!!

あっ (yukarin)
2010-01-14 22:01:51
これは観てないです。
最近ウィレム・デフォーさん好きなので私もも観てみようと思います♪
migさんへ^-^* (由香)
2010-01-15 08:48:16
こんにちは~♪migさん^^

タイレポは拝読させて頂いています~
読み逃げしちゃってスミマセン~

またまた昔の記事にお邪魔しちゃったので、映画の内容を忘れてしまいましたよねぇ・・・いつもいつも申し訳ないわん(笑)

この映画はススメテ頂いて観たのですが、結構面白かったです♪
レイ・リオッタとウィレム・デフォーは二人とも好きだし♪
ラストには意外にも感動しちゃったわ~
バラサ☆バラサさんへ^-^* (由香)
2010-01-15 08:51:03
こんにちは~♪
コメントありがとうございました^^

>怪人が二人出ているので、絶対に悪辣なことをするに違いないと思っていたのですが
私ももっとどんでん返し的なことがあるのかなぁ~と思ったのですが、わりとシンプルなラストでしたよね。
それでも面白かったです!
走馬灯のシーンではジーンとしました~
マリーさんへ^-^* (由香)
2010-01-15 08:55:10
こんにちは~♪マリーさん^^
コメントどうもありがとう

この映画はそんなに有名じゃないと思うんだけど、、、面白かったですよ♪
もしかしてマリーさんも好みかも。

設定が面白いし、個性的で濃い俳優さんが出るので惹きつけられちゃうと思う。
機会があったらレンタル店で探してみてね~

私、先日オススメ映画募集したでしょ?
マリーさんのオススメは観ている映画だったけど、ベストで三国志をオススメしていたので観てみようと思っているの~アンディが渋そうで楽しみ♪
yukarinさんへ^-^* (由香)
2010-01-15 08:58:04
こんにちは~♪yukarinさん^^
記事に目をとめて下さってありがとう~

これはyukarinさんの好みの映画かも、、、
是非観てみてね~♪
わ~い♪ (りら)
2010-01-21 20:59:03
由香さん、こんばんは~♪
よかった~、面白いと思ってもらえて……ホッとしました(笑) 地味だけど、意外と細やかなストーリーで最後には切ないけれどでも希望が感じられる、そんなところが好きだったんですよね~。オススメしたかいがありました(^^)
面白かったですね! (inuneko)
2010-01-24 00:45:21
レイ・リオッタが好きなんですが、なかなか大きな役がないので貴重な作品です。でも、作中彼が壊すテレビがモックだったり、予算のなさを感じさせるとこも散見できてさみしくもあったり!
あぁいう味わい深い俳優が活躍出来る作品がもっとたくさんあるといいなぁと、レビューを拝見しながら改めて思ってしまいました。とりあえずアイデンティティーを見なおします! 

post a comment

Recent Entries | 映画【か行】

8 Trackbacks

コントロール/ CONTROL ★ウィレムデフォー (我想一個人映画美的女人blog)
人間の凶暴性をコントロールできる新薬を巡るサイコ・サスペンス。 人体実験がもたらす異常な事件の行方に、二人の演技派が挑む。 渋いサスペンス作品の多いティムハンター監督。 『羊たちの沈黙』続編『ハンニバル』で、 脳みそヤラレたレイリオッタの行方が気になって...
『コントロール』 (ラムの大通り)
------レイ・リオッタにウィレム・デフォー、 すごい顔合わせだにゃあ。 片方が凶悪殺人犯って、どっちが演ってるの? 「そう、そこそこ。そこがポイント。 どちらも強面、悪役顔。 脇役として個性を発揮する二人が スクリーンで激突しているというのが、この映画の魅力。...
「コントロール」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
コントロールアートポートこのアイテムの詳細を見る 数々の凶悪犯罪を起こし、“怪物”と恐れられた男、リー・レイ (レイ・リオッタ)。彼はついに死刑が決定し、致死注射によって 処刑が執行される。数時間後、彼は死体保管庫で目を覚ます。 彼の前に現われたコープラン...
コントロール (ダイターンクラッシュ!!)
2009年9月12日(土) レンタルDVD コントロール [DVD]出版社/メーカー: アートポートメディア: DVD 怪人ウィレム・デフォー先生とへんたいレイ・リオッタの共演。その名を聞くだけで、失禁ものだ。 ついでに微妙な作品で御馴染みのミシェル・ロドリゲスも出演。 で、...
コントロール (しーの映画たわごと)
普通だったかな。短めだったのは救いでしょうか。 あぁ老けたなぁと感じたプラトーンのウィレムデフォー。それとグッドフェローズのレイリオッタ。(ハンニバルに脳みそ食われるヤツ)
コントロール (りらの感想日記♪)
【コントロール】 ★★★★★ DVD ストーリー “怪物”と恐れられた凶悪犯、リー・レイ(レイ・リオッタ) 。彼はついに死刑が決定し、致死注
コントロール [DVD] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:CONTROL公開:2005/03/19製作国:アメリカ上映時間:105分監督:ティム・ハンター出演:レイ・リオッタ、ウィレム・デフォー、ミシェル・ロドリゲス、スティーヴン・レイ、キャスリーン・ロバートソンその薬が凶気を操る。Story:数々の凶悪犯罪を起こし、“怪...
【コントロール (2004)】 善悪 (明るいときに見えないものが暗闇では見える。)
くせ者俳優ウィレム・デフォーとレイ・リオッタという濃いぃ共演。前から観たいと思っていたものが昼に放送されていた。さすがだテレ東、グッジョブだ! 死刑囚だった男に製薬会社がその凶暴性を抑制する薬を投薬実験するという話。サイコスリラーかと思って見始めた...