★YUKAの気ままな有閑日記★

とても残念ですが、長期的にお休みします^-^*皆さま素敵な年末年始をお過ごし下さい☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

シェルター

2010-05-22 14:36:30 | 映画【さ行】

先日の『パリより愛をこめて』に続き、またまたジョナサン・リス・マイヤーズの出演作~
【story】
解離性同一性障害(多重人格)の疾患を認定していない精神分析医カーラ(ジュリアン・ムーア)は、ある日、多重人格とおぼしき男性デヴィッド(ジョナサン・リス・マイヤーズ)に父親(ジェフリー・デマン)から引き合わされた。カーラは彼の症状を否定するために身辺調査をし始めるが、デヴィッドが25年前に亡くなった故人であることが判明し―
     監督 : モンス・モーリンド ビョルン・スタイン

【comment】
「好き・嫌いの分かれる映画だよん」―とブロガーさんからアドバイスを頂いていましたが、確かに好き・嫌いの分かれる映画ですね、これ。
で、、、私は“好き”の方でしたぁ~
ただ、、、もう少しなんだよなぁ~もう少しでガツンと大満足だったんだけど、、、チョイ描写不足なところは感じちゃいました~
 
コチラは、精神分析医カーラ。夫を3年前に強盗によって殺された彼女は、そのことによって神を信じなくなった愛娘を育てるシングルマザーだ。
彼女は、“多重人格”を否定しているが、同じ精神分析医である父親はその疾患を認めており、珍しい症例の患者を紹介される。
 
事故により下半身が不自由な患者デヴィッドは、素直にカーラの診察を受けたが、その際突如別人格アダムが現れ、カーラの目の前で立ちあがった。
それをデヴィッドの巧妙な芝居だと考えたカーラは、デヴィッドの過去を探り始める。
すると、デヴィッドは25年前に殺されている故人であることが判明したため、彼自身が何者なのかを突き止めようと調査をするが、第3、第4の人格が現れて―
 
昔、『24人のビリー・ミリガン』に夢中になり、『ファイトクラブ』や『真実の行方』(エドワード・ノートンの芝居がスゴイ)など“多重人格”物を大好きな私にとってはツボな作品でした~
で、、、「多重人格を否定する医者っているのかね?そういう学説もあるのかしら?」と、カーラの完全“多重人格”否定派の考えにイラッとして、「ほう~ら、デヴィッドはまさしく多重人格じゃない。認めなさい、カーラ」って感じでルンルン観ていたんですね。
ところが、BUT、それなのに、、、何だかチョイ変なムードが、、、「へっ?!これって“多重人格”の話じゃなくって、SFホラーっぽい“得体の知れない何かに感染する系”の話なの?」って思い始め、背中に痒みを覚えて、咳が出て、泥吐いて死んじゃった人を不審な目で観ていると、、、そのうち、神とか信仰だとかの言葉がやたらと耳に入ってきて、「もしかして、、、“神だの悪魔だの悪霊だの系”の話かしらん?」と混乱してくると、衝撃の(ってほどでもないけど・笑)結末に・・・ムフフのフ~
・・・・という事で、恐らく、やっぱり“好き・嫌い”は分かれそうですが、私は実に面白い展開だと思いました。
 
脚本は、『アイデンティティー』(“好き・嫌い”は分かれますが(笑)、面白いですよん)のマイケル・クーニーだと後から知りましたが、成程その雰囲気がありましたね。
あと、個人的には『ポルターガイスト2』なんかも思い出したなぁ~
最初考えていたストーリー展開とどんどん違っていきましたが、目が離せない面白さがありました。


     ***以下は、ネタばれの感想になります***


ジュリアン・ムーアの出演作は、個人的にはイマイチなことが多いのですが(特に『ブラインドネス』)、この映画はアタリの方だと思います。
それから注目しているジョナサン・リス・マイヤーズは、かなり難しい役だったと思いますが、頑張っていましたね~
“多重人格”よりも絶対に難しいと思うもの、この役。
“多重人格”と“全くの別人”ってのは、かなり隔たりがあるはずで、、、
だから出来ればもう少しジョナサンの表情を堪能させて欲しかったなぁ~
背中をバキバキいわせながら首をのけぞらせて別人に変貌する際の見せ方に物足りなさが、、、


さて、最初に描写不足―とか生意気を言いましたが、それは、もしかして私の理解力不足かもしれません(笑)
で、、、ラスト付近で謎の多重人格男デヴィッドが何者なのかが分かりますが、結局彼は“シェルター”として存在している“100年前のインチキ牧師”そのものだったってことなんでしょうか?
牧師の魂は浮遊していて、“シェルター”となった肉体に声紋で指示を与え、“シェルター”は100年間も魂を集めていた―ってことでしょうか?
だから“シェルター”自身は人格の交代の意識はないんですよね?ただの器だから。
それから、あの謎の山奥の集落とデヴィッドは関連はあるのかしら?あの集落がデヴィッドにシェルターとしての役割を与えたの?
あと、本物のデヴィッドの家に“シェルター”の印があったのは何故でしょう?
何方か教えて頂けると有難いです。

それにしてもカーラの悲劇は凄まじいわよねぇ・・・この先彼女はどうやって生きていくんだろう?
                                    (3.5点)


Comments (10)   Trackbacks (29)   この記事についてブログを書く
« 【本】銃とチョトレート | TOP | ドラキュリア »
最新の画像もっと見る

10 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2010-05-22 21:54:51
私もこの作品結構好きです。『ブラインドネス』なんかより全然良いって所も同じです。^^

デヴィッドはインチキ牧師そのものだと思いますよ。姿かたちが同じままで100年?というのはオカルトだから仕方ないですよね。(笑)牧師の魂が指示したというより、あの呪い師の呪いってことだと思います。
人格交代の意識はないと思います。単に中の魂が表面に出てきてるだけで。

山奥の集落にインフルエンザが流行った時にデヴィッドは牧師として祈れば治るって言った訳です。でも当然治るわけないですよね。で、自分の娘にだけはワクチンを打っていた。つまり村人には祈り=信仰を説きながら、裏では科学に頼っていた。裏切られたと知った集落の人々、その中に呪い師に魂を抜き取られて呪いをかけられた。そういう流れだと思います。役割を与えたというよりも、信仰を捨てた牧師に一生魂の救済を与えない、永久に他人の魂を集め続けるけれど自分の魂は戻らない、そういう罰を与えたってことじゃないかなと。

シェルターの印に関しては何故なんだろう。ちょっとそこは考えたことがなかったなぁ。^^;
Unknown (mig)
2010-05-23 10:20:45
由香さんおはようございます☆

わたしも『24人のビリー・ミリガン』と続編のほうもかなり当時ハマって
いろいろ調べたり、多重人格系の映画も沢山観ました(笑)

で、これもそうかと思ったら結局はあっち系になってしまったのが残念でしたの~、、、

「レイジングケイン」は由香さん観ました?
古いですけど面白いです
ジョナサンの演技 (ともや)
2010-05-23 18:37:27
こんばんは、由香さん♪
先の読めない展開…とはこのことで、浮上に面白かったです♪
ジョナサンの演技もスゴかったですしね♪
あの演じ分けはワンダホ~ですわん。

多重人格モノではないけれど、デンゼル・ワシントン主演の「悪魔を憐れむ歌」が雰囲気ちょっと似てるかな?
オススめです♪♪
KLYさんへ^-^* (由香)
2010-05-28 23:23:14
こんばんは~♪

詳しい解説をどうもありがとうございました~^^
お陰さまでスッキリ致しましたよ(笑)
>信仰を捨てた牧師に一生魂の救済を与えない、永久に他人の魂を集め続けるけれど自分の魂は戻らない、そういう罰を与えた
やはりそういう事でしたか~
そこらへんの説明がイマイチ私には分かり難くて混乱したんですぅ~
でも、こういう題材の映画って結構好きなんですよね。
この映画もなかなかだったと思うわ~
好き・嫌いは分かれそうですが(笑)
migさんへ^-^* (由香)
2010-05-28 23:25:55
こんばんは~♪

migさんも多重人格系のお話がお好きですか~
一時凄く流行りましたよね?ビリー・ミリガンの影響もあって。

コチラはちょっと違う系統にお話がいちゃったけど、それはそれで私は好きでした^^

>「レイジングケイン」
未見です!!多重人格物ですか?観てみようっと♪
ともやさんへ^-^* (由香)
2010-05-28 23:29:06
こんばんは~♪

ともやさんもお気に召したようですね^^
読んでる本の系統からいっても、、、きっとお好きだと思ったんだぁ~
私もやはり好きですね、こういうの。
ジョナサンの演技も良かった!もう一度演じ分けをみたいなぁ~

>「悪魔を憐れむ歌」
未見です。チェックしてみま~す♪
Unknown (kino)
2010-11-13 14:05:08
私も“好き”の方でしたぁ~
由香さんは、ジョナサンと対面という動機で鑑賞ですか。
役者さんとしては、やりがいのありそうな役でしたね

多重人格のかたに、対面しているような感じで、
次々と、わけのわからないものが現れ。
自分が、ふりまわされていく感覚がありました。楽しめる作品ですねー。
アイデアが、すごく面白かったと思います。
kinoさんへ^-^* (由香)
2010-11-14 18:40:16
こんばんは~♪
TB&コメントありがとうございました^^❤

kinoさんも“好き”の方でしたか~
なかなか面白かったですよね、これ。
ジョナサンの演技もなかなかでした^^V

ちょっと腑に落ちないところもあったのですが、私もアイデアが凄く面白いと思いました。
B級ホラーっぽいけど、そこがまた良かったりして(笑)
こんにちは♪ (yukarin)
2010-11-19 13:13:08
こっちでは上映なしだったんです(泣)
私も好きなほうですね~多重人格もの好き。
でもだんだん方向が違っていってしまいましたが^^;
ジョナサンが良かったですね♪
yukarinさんへ^-^* (由香)
2010-12-05 21:42:21
こんばんは~♪
ゴメンナサイ~お返事が遅れて!
ちょっと色々あってクタバッテいましたww

DVDで鑑賞されましたか~
私は劇場で観ました♪
結構好きだったな、これ。
DVDが出たのでまた観たいと思っていました。ジョナサンも素敵だったし^^❤

post a comment

Recent Entries | 映画【さ行】

29 Trackbacks

映画「シェルター」@九段会館 (masalaの辛口映画館)
 客入りは1~2階席はほぼ満席、3階席は未確認。     映画の話 解離性同一性障害(多重人格)の疾患を認定していない精神分析医カーラ(ジュリアン・ムーア)。ある日、多...
『シェルター』 (ラムの大通り)
(原題:SHELTER) ----ブログ再開の最初がまたまたホラー? 他にもいろいろあるでしょ? 山田洋次『おとうと』とか カルトムービーをヘルツォークがリメイクした『バッド・ルーテナント』。 それに、
シェルター (あーうぃ だにぇっと)
3月18日(木)@ヤクルトホール ヤクルトホールは今年初めてだ。 “インビクタス” 以来だから3ヶ月以上も来ていない。 月に最低一回は来たいものだ。 今日は、これまた今年初めて美女と待ち合わせ。 こちらは “ヴィクトリア女王” にお誘いいただいて以来。 ...
10-90「シェルター」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
不信心者の魂を隔離せよ  カーラは、解離性同一性障害疾患、いわゆる多重人格を否定する精神分析医。その病気を理由に罪を逃れようとする犯罪者たちの嘘もことごとく見破ってきた。  そんなある日、同じ精神分析医の父から、デヴィッドという患者を紹介される。カーラ...
シェルター (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。マンス・モーリンド、ビョルン・ステイン監督、ジュリアン・ムーア、ジョナサン・リス=マイヤーズ、ジェフリー・デマン、ブルックリン・プルー、フランセス・コンロイ。精神科医のカーラ(ジュリアン・ムーア)は「多重人格はハリウッド映画などが作った流行現...
シェルター(2009) (銅版画制作の日々)
 SHELTER 本作はスーパーナチュラル・スリラーというそうですが。。。。意味が分からないので、調べたら、超常現象の事を言うそうです。最近流行のサイコ・ホラーですね。難しいですね。私にはチンプンカンプンです(汗) ということでそんな作品「シェルター」を鑑賞...
シェルタ-/SHELTER (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 世界に先駆けて【先行解禁】決定! 日本で、その全貌が明らかとなる!! ジュリアン・ムーア × ジョナサン・リス・マイヤーズ 競演{/atten/} って広告、大...
シェルター (LOVE Cinemas 調布)
とある解離性同一性障害(多重人格)を患う謎の患者との出会いが、ある精神分析医を恐るべき事態に叩き落すサスペンススリラーだ。主演は『ブラインドネス』のジュリアン・ムーア。共演に『奇跡のシンフォニー』のジョナサン・リス・マイヤーズ、『ミスト』のジェフリー・...
シェルター (試写会) (風に吹かれて)
神を信じなさーい公式サイト http://www.shelter-movie.jp3月27日公開カーラ(ジュリアン・ムーア)は、解離性同一性障害疾患(多重人格)を認めていない精神分析医。ある日、同じく
シェルター/ジュリアン・ムーア、ジョナサン・リス・マイヤーズ (カノンな日々)
ジュリアン・ムーア主演のサイコ・スリラー・ムービーです。予告編は2度ほど目にしてるんですけど、どんなお話なのかはよくわからず、ただ怖そうだなぁという印象だけが強く刻まれまたのですが、その後にちょっと調べてみるとなかなか複雑そうなミステリータッチの作品で...
シェルター (だらだら無気力ブログ)
精神分析医がある多重人格者の患者の真相を究明しようとしているうちに 科学では説明できない事態が起き、やがてその事態は精神分析医の家族に 迫りくる様を描いたサスペンススリラー。 主演の精神分析医に『ブラインドネス』のジュリアン・ムーアが、共演の 多重人格者...
シェルター (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
科学では解明できない超常現象を信仰と結びつける展開がいかにも欧米らしい。カーラは、解離性同一性障害疾患(多重人格)を認めていない精神分析医。ある日、多重人格と思われるデヴィッドと名乗る男性を診察すると、彼の中から別人格が現われる。この時点では疾患を認め...
No.029 「シェルター」 (2009年 112分 シネスコ) (MOVIE KINGDOM ?)
監督 モンス・モーリンド 出演 ジュリアン・ムーア    ジョナサン・リス・マイヤーズ    ジェフリー・デマン この日は月に一度の映画ファン感謝デー「映画の日」です 千円で映画が見れる日なので平日ながらどこの劇場もそこそこ入ってるのではないでしょうか...
シェルター (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】 よくあるパターンのスリラーですが、撮影が凝っているので品格がある。
「シェルター」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  ジュリアン・ムーア演じる精神分析医とジョナサン・リス・マイヤーズ演じる多重人格患者の対決…サイコ・サスペンスかと思って観に行ったら、しっかりオカルト・ホラーでした(苦笑)でもそれぞれの演技が見事で、なかなか見応えありまし...
「シェルター」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 内容について一切の情報を持たずに、チケットを買う。映画ファンにとって、これに勝る博打はあるまい。 夜中に「時をかける少女」を観るつもりで広島まで出かけるも、手違いで鑑...
『シェルター』 (Shelter) (Mooovingな日々)
マンスマーリンド&ビョルンステイン監督、ジュリアンムーア、ジョナサンリースマイヤーズ、ジェフリーデマン。 すべての始まりは、ある患者の診察だった。 カーラは、解離性同一障害疾患を認めない精神分析医。ある日デヴィッドと名乗る男の診察を始めると別人格が現...
『シェルター』:キワモノ映画好き必見の怪作・快作 @ロードショウ・シネコン (りゃんひさ MyBlog~映画レビューなど)
『シェルター』って何ンぞや? 多重人格を巡るスリラー? うーむ、怪しい魅力、妖しい雰囲気がプンプンするので、期待を込めて観に出かけました。
シェルター (ともやの映画大好きっ!)
(原題:SHELTER) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) 多重人格に否定的な精神分析医が、ある患者について調べて行くにつれ、不可思議な出来事に見舞われていく様を描いたスーパーナチュラル・スリラー。 精神分析医のカーラ・ハーディング(ジュリアン・ム...
シェルター (Diarydiary! )
《シェルター》 2009年 アメリカ映画 - 原題 - SHELTER 精神分析
試写会「シェルター」 (流れ流れて八丈島)
新橋のヤクルトホールで試写会「シェルター」を観てきましたジュリアン・ムーア主演のスーパーナチュラル・スリラーという触れ込みに興味を惹かれて、2~3日前ギリギリの試写状ゲ...
シェルター (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
これは過去の清算か、未来への警鐘か__。全人類震撼のスーパーナチュラル・スリラー。ただの虚言者か、それとも現代に蘇った滅びの使者なのか__。 禁断の闇の果てに辿り着く、超常現象(シェルター)の謎__。 物語:解離性同一性障害、俗に言う多重人格を認め...
「シェルター」 (てんびんthe LIFE)
「シェルター」試写会 ヤクルトホールで観賞 最近ジュリアン・ムーアはすごく変わった作品にでているなあとまたもや思ってしまった。 解離性同一性障害の男かと前半は単純に思わせるが実は…。 そんな単純(?)なわかりやすい話ではなかった。 結局はわけがわから...
シェルター (心のままに映画の風景)
カーラ(ジュリアン・ムーア)は、解離性同一性障害疾患、いわゆる多重人格を否定する精神分析医。 病気を理由に罪を逃れようとする犯罪者...
シェルター (映画通信みるみる)
近頃、咳きこんだりしていませんか…… (;`<´)・:∴ スウェーデン出身の新鋭マンス・マーリンドとビョルン・ステインが手がけるスーパーナチュラル・スリラー。主演はジュリアン・ムーア、ジョナサン・リ...
シェルター (映画鑑賞★日記・・・)
【SHELTER】 2010/03/27公開 アメリ カPG12 112分監督:モンス・モーリンド出演:ジュリアン・ムーア、ジョナサン・リス・マイヤーズ、ジェフリー・デマン、フランセス・コンロイ、ネイト・コードリー、ブルックリン・プルー禁断の闇の果てに辿り着く、超常現象<シェルタ...
シェルター (Shelter) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 モンス・モーリンド/ビョルン・スタイン 主演 ジュリアン・ムーア 2010年 アメリカ映画 112分 サスペンス 採点★★★ ミッション系の学校には通っていたが、別にキリスト教徒のわけではない私。仏教徒でもないし、もちろんゾロアスター教徒でもない。まして...
シェルター (こわいものみたさ)
『シェルター』  SHELTER 【製作年度】2009年 【製作国】アメリカ 【監督】マンス・マーリンド/ビョルン・ステイン 【出演】ジョナサン・リース・マイヤーズ/ジュリアン・ムーア/ジェフリー・デマ...
シェルター (こわいものみたさ)
『シェルター』  SHELTER 【製作年度】2009年 【製作国】アメリカ 【監督】マンス・マーリンド/ビョルン・ステイン 【出演】ジョナサン・リース・マイヤーズ/ジュリアン・ムーア/ジェフリー・デマ...