★YUKAの気ままな有閑日記★

とても残念ですが、長期的にお休みします^-^*皆さま素敵な年末年始をお過ごし下さい☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ダイアナの選択

2010-01-14 15:08:30 | 映画【た行】

レンタルで鑑賞―
【story】
高校生のダイアナ(エヴァン・レイチェル・ウッド)は、登校後、親友のモーリーン(エヴァ・アムリ)とトイレでおしゃべりに興じていた。そんな時、突如銃声と叫び声が聞こえ、しばらくすると銃を手にしたクラスメートが乱入して来る。いきなり彼女たちは目の前に銃口を突きつけられ、死ぬのは二人のうちどちらかだと言われ―
     監督 : ヴァディム・バールマン 『砂と霧の家』

【comment】
ううううう・・・・・うう・・これは、感想が書き難い映画だぁ~

この映画は、何の前知識もなく観た方がいいと思います~
だから最善の注意を払い、ネタばれなく感想を書かなければ、、、大丈夫かな?私
 
ダイアナ(左)は17才の高校生。
自分の容姿に自信がある。勉強は嫌い。男性関係は派手で、巷では“アバズレ”などという不本意な呼び方をされている。
ダイアナの親友はモーリーン。
信仰があつく、心が広く、優しいモーリーン。
二人は田舎町の暮らしに退屈を感じながらも、一緒に楽しく過ごしていた―

ところがある日、高校で恐ろしい事件が起きる。
クラスメイトのマイケルが銃を乱射し、生徒や先生が次々と犠牲になったのだ―
その時たまたまトイレにいた二人は、やがて犯人に見つかってしまう。
そして信じられない一言を告げられる。
「お前たちのどちらかを殺す。どちらを殺すか選べ―」

ここで、我がことのように心が七転八倒してしまったわ~
皆さんだったらこんな場合どうしますか?
私なら、、、まず犯人に、「お前が死ねよ―」と言うかも。
で、、、そんな事を言って逆上されてしまい、とっとと犯人に撃たれてしまうんだろうなぁ~
 
・・・・・ってな妄想で胸を押さえ、人生に別れを告げて涙ぐんでいると、、、

事件から15年経ち、ダイアナが優しい夫と可愛い娘に囲まれてポーチのある家で幸せに暮らしている映像がババンと目の前に、、、
「ああ~そうですか、ダイアナ、、、貴女はもしかして親友を見捨てたのね?」的な物悲しさと居心地の悪さで、何とも言えない気持ちで大人になったダイアナ(ユマ・サーマン)を観ていると、、、
「ああ~そうか、ダイアナ、、、貴女は“良心の呵責”で辛い日々を送ってきたのね―」ということがヒシヒシと伝わってくる。
せ・切ない、、、切ない話ではないかぁ~

だけど、先程の、超~バカ野郎銃ぶっ放男が問いかけた究極の二者択一問題にダイアナが何て答えたのかは分かっていないので、「一体何て答えたのか?それが彼女の苦しみになっているのだろうし、、、」と、17才のダイアナと32才のダイアナの交互に見せる物語に見入ってしまいました~
 
で、、、ダイアナの現在と過去の映像は頻繁に入れ替わり、観る
人によったらウザイってほどなのですが、、、
若きダイアナの孤独、焦燥感、将来への希望や不安、そして固いモーリーンとの友情、、、
大人のダイアナ良心の呵責、一人娘が自分と同じような性格になることの焦り、、、
などを綺麗な映像に惹きこまれながら観ていると、、、

終盤で、「えっ?これって違う?何かが変だ・・・」って不自然さに気付くのですぅ~
で、、、鑑賞後には、「まてまて、これは一体どういう事なんだ?」って考えちゃいました~

個人的には、鑑賞後、一旦「何???」って困惑しましたね。
でも、その後にジワリ
とした切なさや感動も押し寄せてきて、、、
こういうオチの映画も嫌いじゃーないですし、なかなか面白かったで~す
恐らくキチンと辻褄が合っていて、伏線もチラリチラリと見せていたはずで、、、
鑑賞後に、「そう言えばあの時、、、」とかブツブツと思い浮かべたりしました。
 
それにしても、、、

   
   ***以下、我慢できずにネタばれ気味の叫びをあげています***






   
    「走馬灯(もしくは妄想かな)・・・・・長っ

ああ~気を付けたのに我慢出来ずに叫んじゃってスミマセンです。(ちなみにこの叫びは、個人的な映画の解釈によるものであって、映画の趣旨とは違う可能性もあります~)
えっと~系統でいったらステイ』などを思い浮かべる作品でした(3.5点)


Comments (22)   Trackbacks (28)   この記事についてブログを書く
« コントロール | TOP | かいじゅうたちのいるところ »
最新の画像もっと見る

22 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうだね (miyu)
2010-01-14 21:06:29
あたしも自分の記事に書いたのですが、
それぞれの解釈があっていい映画だから、
そう由香さんが受け止めたならまるっきり
「ステイ」だよね~( ´艸`)
言われて思いだしたわ~。
なかなか切ないけど、面白い映画でしたよね~。
こんばんは。 (えい)
2010-01-14 21:37:17
なるほど。

そうか『ステイ』がありましたね。
そこを指摘している人、
初めてでした。
ということで思わず、コメントさせていただきました。
こんばんは♪ (yukarin)
2010-01-14 22:00:15
観たんですね~
見終わった後にじわじわくるお話でしたね。
そういえば「ステイ」もそんな感じですね。
映画1本分の走馬灯・・・長い^^;
面白い!というのとちょっと違うけれどとても余韻の残る作品でした。
ステイ・ウィズ・ミ~ (SGA屋伍一)
2010-01-15 18:02:50
由香さん、こんばんは
ダイアナといったらもちろんポール・アンカですよね! え? 知らない?

ダイアナとモーリーンの友情に和んでいると、いきなりトイレの場面に戻ったりするので、大変油断のならない?映画でありました

うちの記事でも書きましたが、由香さん公式サイトの「監督の答え」は見ましたか? そこを観たら多少はすっきりするかもするですよ
ただここを観るにはキーワードが必要なんですよね。DVDには収録されていたでしょうか。ヒントは「タイトル」「漢字二文字」です(モロバレ)
ステイでしょう! (オリーブリー)
2010-01-15 18:44:25
私もそれ思い出しました。
「何でユアンのズボン丈が短いの?」みたいに、終ればなるほど~そー言うことかって(笑)
人それぞれで良いと思いますが、果たせなかった自分の未来を…って感じだと私は捉えました。
面白かったです!

今年お初みたい(苦笑)
本年もどうぞ宜しくお願いしまーす(今更~滝汗)
Unknown (mig)
2010-01-15 23:31:48
由香さん
TBありがとです、
まだ観てなかったんですね!^^

わたしは二度観て、DVD買ってまた観たけど
好きですねー。
ラストは切なくて。単なる夢オチとか走馬灯で片付けられない感じがしちゃった。
「ステイ」も好きですー★
こんばんはっ (ボー)
2010-01-16 02:11:57
コメ&トラありがとうございます。
私が好きな作品なので、見てくれて、うれしいです。
きれいで哀しい映画という印象が強いですね。
好印象がどう変わるかわからないので再見するのが怖いけど、やっぱり見たいかも~。
おお・・そそられる。 (マリー)
2010-01-16 20:29:15
こんばんは~~。
由香さんのレビューを読んでいたら、気になって我慢できず・・・ネタバレ?読んだけど~
意味ワカンナイ・・・(笑)
良かった!って言っておこう。。。

コレ、観たいです~。
ユマが出てるのですね?
こんばんは! (アイマック)
2010-01-16 23:46:33
ラストは自分の解釈とちがっていたけど、楽しめました。
真相までじりじり待たされるのがイライラするね。笑
そうそう『ステイ』系だよね。

アンドロイドは電気羊~
本が気になってたんで、感想楽しみにしてるねー。
こんにちは! (kira)
2010-01-17 12:52:13
これは仰るとおり、途中で慌てました
ぼーっとしていた訳ではないけど、
ある瞬間から、脳がアツク、高速回転しますよね~
かなり好きな作品です。

「ステイ」は未見なので、楽しみができました

post a comment

Recent Entries | 映画【た行】

28 Trackbacks

「ダイアナの選択」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
これは、ネタばれなしで書くのは難しい映画です・・見終わって反芻すること幾度・・
≪ダイアナの選択≫ (日々のつぶやき)
監督:ヴァディム・パールマン 出演:ユマ・サーマン、エヴァン・レイチェル・ウッド、エヴァ・アリーム     一人の女性、二つの人生。 「小さな町の高校で親友のダイアナとモーリーンは正反対の性格。でも二人とも大人になって町を出ることを夢みて過ごし
ダイアナの選択 (いやいやえん)
「どっちを殺す?」ハイスクールの銃乱射事件から15年、トラウマを抱えた女性の心理サスペンスもの。 高校生時代をエヴァン・レイチェル・ウッドさん、現在をユマ・サーマンさんが演じていますが、う~ん、どうだろう。クールビューティのレイチェルが15年たってもユ...
ダイアナの選択 (to Heart)
原題 THE LIFE BEFORE HER EYES 製作年度 2008年 上映時間 90分 映倫 PG-12 原作 ローラ・カジシュキー 『春に葬られた光』(ソニーマガジンズ刊) 脚本 エミール・スターン 監督 ヴァディム・パールマン 音楽 ジェームズ・ホーナー   出演 ユマ・サーマン/エヴァン...
ダイアナの選択 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『「どっちを殺す?」 彼女の答えが引き金になり、 新しい人生が始まった、はずだった。』  コチラの「ダイアナの選択」は、不安定で多感な17歳のダイアナ(エヴァン・レイチェル・ウッド)、学校銃乱射事件で、親友か自分の「どっちを殺す?」という”選択”を迫...
『ダイアナの選択』 (ラムの大通り)
※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 (原題:The Life Before Her Eyes) 「う~む。 これは日本語のタイトルのつけ方がうまい。 決して嘘を言っているわけじゃないけど、 映...
ダイアナの選択 [DVD] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:THE LIFE BEFORE HER EYES公開:2009/03/14製作国:アメリカ PG-12上映時間:90分監督:ヴァディム・パールマン出演:ユマ・サーマン、エヴァン・レイチェル・ウッド、エヴァ・アムリ、オスカー・アイザック「どっちを殺す?」彼女の答えが引き金になり、新しい人...
ダイアナの選択:THE LIFE BEFORE HER EYES (銅版画制作の日々)
これは現実?それとも夢なのか? 「どっちを殺す?」彼女の答えが引き金になり、新しい人生が始まった、はずだった。 最後のドンデン返しに正直驚いた。それまではこの物語を素直に捉えていた。ところが、そうではなかった。ダイアナは本当に存在したの?(物語の中では...
★ 『ダイアナの選択』 (映画の感想文日記)
2008年。アメリカ。"The Life Before Her Eyes".   ヴァディム・パールマン監督・製作。  ローラ・カジシュキーという詩人の書いた小説、『春に葬られた光』をもとにした作品。  原作...
ダイアナの選択 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
コネチカット洲の郊外にある小さな町の高校で銃乱射事件が起こります。その時、17歳のダイアナは親友のモーリーンとトイレにいたのですが、そこに、銃を持ったクラスメイトのマイケルが現れ、「どちらかひとりを殺す。どっちにする?」と迫ります。ダイアナは「殺さないで...
映画 「ダイアナの選択」 (ようこそMr.G)
映画 「ダイアナの選択」
ダイアナの選択 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
ダイアナの選択 [DVD]死を前に、助けてとつぶやいた主人公を誰が責められよう。だが、彼女自身の良心がそれを許そうとしない。高校内で銃乱射事件が起き、ダイアナと親友のモーリーンは、銃を構えた犯人から殺すのは二人のうちどちらか一人と告げられる。理不尽な暴力のト...
ダイアナの選択 / The Life before Her Eyes (2度目鑑賞) (我想一個人映画美的女人blog)
2007年トロント映画祭で観て来た、 永遠に大好きな女優、ユマ・サーマン主演のこの映画、ついに日本公開{/ee_3/} 今度は字幕付きで再観してきました。 都内14日から公開、全国順次ロードショー。 今回はネタバレで書くので、気になってる方は観たあとで読んでネ{/star/} ...
ダイアナの選択 (シネマ日記)
高校での銃乱射事件が題材の作品で久々にウマサーマンの主演映画だし、見に行ってみるかという軽い気持ちでまったく予備知識もなく出かけてみると、小さな映画館だけど、思ったよりも人がいたので、そんなに話題になってったっけ?と思いながら鑑賞し始めました。32歳のダ...
ダイアナの選択 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
優しい夫に、やりがいのある仕事。理想の人生を手に入れたかに見えるダイアナだが、あるトラウマにさいなまれていた。高校時代、親友と共に銃乱射事件に巻き込まれ、死ぬのはどちらか選択を迫られたのだ・・・。 物語:コネチカット州郊外のスモールタウン、ブライア...
少女とフレンド ヴァディム・パールマン 『ダイアナの選択』 (SGA屋物語紹介所)
首都圏より三ヶ月ばかり遅れて上映。まだやってるけど、今週までです。 最近体当たり
ダイアナの選択 (心のままに映画の風景)
高校生のダイアナ(エヴァン・レイチェル・ウッド)は、退屈な毎日に不満を募らせる反抗的な不良少女。 内気でまじめなモーリーン(エヴァ...
The Life before Her Eyes /ダイアナの選択☆DEFICIT /太陽のかけら (我想一個人映画美的女人blog)
  まだまだ続く、トロントで観て来た映画レビュー。 1本づつ書いててもいっこうに終わりそうもないので{/ase/} 帰国後に観た9月の映画は保留にしてふたつまとめていっちゃいます{/atten/} 2作とも、トロント映画祭で観て来た作品{/heart_orange/} まずはユマの新作...
「ダイアナの選択」 (或る日の出来事)
これは好きだなあ。繊細で美しく哀しく衝撃的で、じわじわと泣けてしまう作品だった。
09-130「ダイアナの選択」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
どっちを殺す?  郊外ののどかな町に暮らす高校生のダイアナ。退屈な毎日に不満を募らせ、反抗的な態度で周囲も手を焼く不良少女。そんな彼女はひょんなことから内気でまじめな少女モーリーンと仲良くなる。まるで対照的な2人だったが、いつしか深い友情で結ばれていく...
「ダイアナの選択」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
良心のタイムトラベル。話の展開に戸惑うことはないがオチの解釈は難解。というか、どうとでもとれる。たとえば、延々と綴られたその後のダイアナはフィクションであり、すべてが選択の瞬間に彼女が思い描いた未来だったのかもしれない。はたまた後悔と自責の念を持ち続け...
「ダイアナの選択」 (El jardin secreto)
良心のタイムトラベル。 話の展開に戸惑うことはないがオチの解釈は難解。というか、どうとでもとれる。 たとえば、延々と綴られたその後のダイアナはフィクションであり、すべてが選択の瞬間に彼女が思い描いた未来だったのかもしれない。 はたまた後悔と自責の念...
ダイアナの選択 (映画三昧、活字中毒)
■ シネスイッチ銀座にて鑑賞ダイアナの選択/The Life Before Her Eyes 2008年/アメリカ/90分 監督: ヴァディム・パールマン 出演: ユマ・サーマ...
ダイアナの選択 (小部屋日記)
The Life Before Her Eyes(2008/アメリカ)【DVD】 監督:バディム・パールマン 出演:ユマ・サーマン/エヴァン・レイチェル・ウッド/エヴァ・アムーリ/オスカー・アイザック 「どっちを殺す?」 彼女の答えが引き金になり、 新しい人生が始まった、はずだった。 ...
ダイアナの選択 (Memoirs_of_dai)
花とゴーギャン 【Story】 高校生のダイアナ(エヴァン・レイチェル・ウッド)は登校後、いつものように親友のモーリーン(エヴァ・アムリ...
【DVD】ダイアナの選択 (新!やさぐれ日記)
▼状況 レンタルDVDにて ▼動機 あらすじを読んでちょっと面白そうだった。 ▼感想 思ったのとはちょっと違った ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ 高校生のダイアナ(エヴァン・レイチェル・ウッド)は登校後、いつものように親友のモーリーン(エ...
ダイアナの選択 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★[4/5] 「どっちを殺す?」友情を取るか自己保身に走るのか・・
★★★「ダイアナの選択」ユマ・サーマン、... (こぶたのベイブウ映画日記)
例えば、羽生善治さんやら将棋名人は、一瞬の間に何手くらい先を読んでいるものなんでしょうね?死に際に見る走馬灯のような物語で、これからの人生に思いをめぐらすダイアナの想像...