★YUKAの気ままな有閑日記★

とても残念ですが、長期的にお休みします^-^*皆さま素敵な年末年始をお過ごし下さい☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

デュプリシティ~スパイは、スパイに嘘をつく~

2010-06-28 18:18:38 | 映画【た行】

レンタルで鑑賞―
【story】
MI6の諜報員だったレイ(クライヴ・オーウェン)は、フリーランスの産業スパイに転身する。彼はNYでトイレタリー用品の新興企業エクイクロム社のために、宿敵B&R社を探るスパイチームの一員として働いていた。そこでライバル社に潜入中の情報提供者クレア(ジュリア・ロバーツ)と接触しようと試みるが―
     監督 : ト二ー・ギルロイ 『フィクサー』

【comment】
ジュリア・ロバーツが好きー
少し前の『チャーリー・ウイルソンズ・ウォー』ではイマイチ魅力が出ていなかった気がしたし(汗)、『バレンタインデー』では出番が少なかったけど、
今回は主役だし、スパイ物だし、期待しちゃったんだけど、、、
 
う~~~ん悪くはない。悪くはないんだけど、、、そんなに良くもないって感じ?普通の映画だったかなぁ~

元スパイが、その腕を駆使して大企業から情報を盗もうとする―っていうクライムサスペンス的な脚本は練ってあったし、過去と現在を交互に見せる構成もなかなかだったし、そこにコメディ要素も加わっていたし、スタイリッシュな映画っぽくもあったんだけど、、、どうも中途半端で面白味に欠けた気が、、、
   
さて、元CIAのクレアは、今はエクイクロム社に雇われ、B&R社にモグラとして潜入している。
レイは元MI6。やぱりエクイクロム社に雇われている。
二人は5年前にドバイで知り合いベッドを共にした仲だが、それにはCIAの仕事が絡んでいたっていう曰くつき。
その二人がひょんな形で再会し、協力してエクイロム社のためにB&R社の情報を盗まなければならないのだ。
そんな折、B&R社が世界を驚かす新製品を開発したという情報が入るが―

まぁ~入り組んだ脚本ですので、ストレートにはいきませ~ん(笑)
クレアとレイが実は共謀していたり?、恋人同士っぽかったり?、、、だけどお互いスパイ根性が身についているので、どこに真意があるのか分かったものじゃーない。
二人の思惑のどれが本物で、会社の誰が何を考えていて、新製品の情報とはどういう物で、、、最後に笑うのは一体誰か?っていうなかなか面白そうな展開なのよ。それなのにイマイチ乗れず、ハラハラやドキドキもないわけよ(汗)
 
で、、、個人的には、脇を固めるエクイロム社の社長、ポール・ジアマッティもB&R社の社長、トム・ウイルキンソンもいい役者さんなので、何かやってくれる―って期待しちゃったし、オープニングのお茶目な喧嘩シーンが面白かったので(笑)、もっともっと二人に登場してもらって、クセのある弾けた見せ場があっても良かったと思ったなぁ~

それと、有能だったらしい元スパイ、クレア&レイのやってることが、そんなに素敵に見えなかったのがイタイかも。それに、肝心なところで間抜けなんだも~ん。ラストのどんでん返しにも驚くどころか予想がついてしまったわん。いっその事、もうちょっとコメディ色で押した方がインパクトがあったかも、、、

 
でね、あまり言いたくないんだけど、、、私、今回のジュリアを見て、、、ちょっと精彩を欠いているように思っちゃったのよ。
クライヴはすごく良かったんだけど、ジュリアが元気なく見えて、何を考えているのか分からないところがあったの。
スパイなのでそれでいいのかもだけど、個人的には、もっと爆発したり、弾けたり、オーバーアクションだったり、、、のジュリアが見たかったし、その方が面白くなったと思うなぁ~
                                        (3点)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (6)   Trackbacks (27)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タクシードライバー | TOP | 【本】流星の絆 »
最近の画像もっと見る

6 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
ん~ (miyu)
2010-06-28 19:46:18
あたしは結構楽しんだみたいなんだけど、
由香さん以上に記憶が薄れてしまってるみたいw
ジアマッティが面白かったってのはうっすらと
覚えてるんだけどなぁ~(´▽`*)アハハ
ジュリア・ロバーツ元気足りませんでしたっけ?
でも、相変わらずいい女の役がハマってたかなぁ~って
思ったんですけどねぇ。
ほむ (KLY)
2010-06-29 00:16:56
miyuさんに同じく今一つインパクトに欠けてよ
く覚えてないのが正直なところかなぁ。ハッキ
リ覚えているのは。ポールとトムの言い争いに
あれだけ時間をかけるバカバカしい面白さって
ことです。(笑)
miyuさんへ^-^* (由香)
2010-06-29 10:06:24
こんにちは~♪

miyuさんも記憶が薄れていますか?
ってことは、やっぱり印象に残らない映画だったのかなぁ~
私は、この映画をかなり前に観たんですよ。
で、、、スグに感想を書いたんだけどアップするタイミングを逸してしまって(汗)
記事が勿体ないのでアップしようと思ったのですが、内容をほとんど忘れていて焦りました(笑)
私もジアマッテイは妙に覚えていますが(笑)
KLYさんへ^-^* (由香)
2010-06-29 10:08:28
こんにちは~♪
TB&コメントどうもありがとうございました^^

KLYさんの記憶にもあまり残っていませんか?これ。
実は私もなの・・・miyuさんのところのお返事に書いたんだけど、かなり前に観た映画なので(笑)

>ポールとトムの言い争いに
あはは~皆さんそうなのかしら?
主役の二人よりも印象深かったですよね!
クライブが・・・汗 (マリー)
2010-06-29 20:21:41
こんばんは~
そっか~、まぁまぁ そこそこって感じかな?

私なんせクライブが苦手で~~。
彼出演ものでも時代物やアクションものならなんとか見れるんだけど(なんて失礼な)
こういうのはダメかな?と思って観なかった・・・

由香さんの評価がめっちゃおもろ~いなら観てもよかったけど~あはは・・・スルーでいいかな?
こんなコメントでごめん!!
マリーさんへ^-^* (由香)
2010-06-30 17:15:44
こんにちは~♪
コメントどうもありがとう^^

ふふふ。。。クライブが苦手なのね?(笑)
私もちょっと苦手かも。面白い作品はあるんだけど、萌えたことはありません(笑)
で、、、この作品はスルーでいいかも。
そんなに盛り上がらないのよね~
ジュリアは大好きなんだけどなぁ~

post a comment

Recent Entries | 映画【た行】

27 Trackbacks

デュプリシティ スパイは、スパイに嘘をつく (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『これは、生き残りをかけた“企業諜報合戦”』  コチラの「デュプリシティ スパイは、スパイに嘘をつく」は、監督デビュー作の「フィクサー」が、アカデミー賞7部門にノミネートされたトニー・ギルロイ監督の最新作となる5/1公開のクライム・エンターテインメントな...
デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~ (LOVE Cinemas 調布)
主演は最近ちょっと影が薄い感じのジュリア・ロバーツと『ザ・バンク 堕ちた巨像 』が好評公開中のクライヴ・オーウェン。監督は『フィクサー』や「ボーン」シリーズ、そして5月22日に『消されたヘッドライン』の公開が控えているトニー・ギルロイです。本当は仕事で行け...
『デュプリシティ~スパイは、スパイに嘘を... (NiceOne!!)
原題:DUPLICITY監督・脚本:トニー・ギルロイ出演:ジュリア・ロバーツ、クライヴ・オーウェン、トム・ウィルキンソン、ポール・ジアマッティ試写会場 : 東京厚生年金会館公式サイ...
デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~ (Diarydiary! )
《デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~》 2009年 アメリカ映画 -
デュプリシティ~スパイは、スパイに嘘をつく~ (勝手に映画評)
家庭用品メーカ間の熾烈な“情報戦”を描いた映画。“情報戦”と書きましたが、ジュリア・ロバーツが演じるクレアはCIA出身、クライヴ・オーウェンが演じるレイはMI6出身と、実際にはスパイ合戦と言うほうが正しいですね。 MI6のエージェントがプレイボーイと言うのは、0...
『デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~』 ('10初鑑賞41・WOWOW) (みはいる・BのB)
☆☆★-- (10段階評価で 5) 3月21日(日) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。
[映画『デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆往年のファミコンソフト『スパイvsスパイ(ケムコ)』を髣髴とさせるタイトルであるな^^;  企業スパイの、互いに信じられぬ男女の恋愛を絡めた、コンゲームの物語で、私は楽しんだ。  『ザ・バンク/堕ちた巨像』の主役を演じたクライヴ・オーウェンと、私的には...
デュプリシティ  スパイは、スパイに嘘をつく / Duplicity (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click またまたヘンな副題付いてる~ しかも点まで入ってるし 昨年アカデミー賞作品賞ノミネートした『フィクサー』のトニー・ギルロイ監督・脚本作品{/ee_3/} 『フ...
デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★[3/5] トイレタリー2大企業のガチンコ諜報合戦
デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~ (こんな映画見ました~)
『デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~』 ---DUPLICITY--- 2009年(アメリカ) 監督:トニー・ギルロイ 出演: ジュリア・ロバーツ、クライヴ・オーウェン、トム・ウィルキンソン、ポール・ジアマッティ トイレタリー業界最大手の老舗メーカーB&R社...
デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく◆DUPLICITY (銅版画制作の日々)
 これは、生き残りをかけた“企業諜報合戦” ちなみに、DUPLICITYとは?日本語で二枚舌という意味だそうです。 その出会いは、完璧な“計画”に変わった。 5月1日、ファーストディということもあって、早速鑑賞しました。「フィクサー」監督のトニー・ギルロイによ...
映画レビュー「デュプリシティ/スパイはスパイに嘘をつく」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
デュプリシティ [DVD]◆プチレビュー◆軍拡並みに熾烈なのが情報戦争。嘘をつかずにはいられない産業スパイの恋がスリリングだ。 【70点】 元MI6の諜報員レイと元CIAの諜報員クレアは、因縁の仲。退職し現在は共に産業スパイとなった二人は、互いに探りあいなが...
映画 「デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~」 (ようこそMr.G)
映画 「デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~」
デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~ (だらだら無気力ブログ)
『フィクサー』で企業の闇を描いたトニー・ギルロイ監督が、今度は産業 スパイの内情を描いたクライムサスペンス。トイレタリー業界で躍進著しい新興企業エクイクロム社は老舗のB&Rと シェア争いで激しく争っており、お互いに産業スパイを雇って相手企業の 動向に神...
特別試写会「デュプリシティ~スパイは、ス... (流れ流れて八丈島)
当直明けにうってつけの昼間の試写会に行ってきました新宿明治安田生命ホールで昼の11時半からの、マスコミ向けトークショー付き特別試写会「デュプリシティ~スパイは、スパイに嘘...
【デュプリシティ -スパイは、スパイに嘘をつく- (日々のつぶやき)
監督:トニー・ギルロイ 出演:ジュリア・ロバーツ、クライヴ・オーエン、ポール・ジアマッティ、トム・ウィルキンソン 「トイレタリー業界大手のB&R社に敵対心を燃やす新興企業のエクイクロム社はスパイを組織しB&R社の機密を入手しようと躍起になっていた。
男と女のコン・ゲーム~『デュプリシティ/スパイは、スパイに嘘をつく』 (真紅のthinkingdays)
 DUPLICITY  MI6諜報員のレイ(クライヴ・オーウェン)は、デュバイでCIAエージェントの クレア(ジュリア・ロバーツ)に騙され、民間企...
「デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~」(アメリカ 2009年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
画期的な新製品を巡っての企業の諜報戦。 最後に笑ったのは?
『デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~ 』 (ラムの大通り)
※ネタばれ注:一部、映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 (原題:Duplicity) -----この映画ってジュリア・ロバーツの復活作ニャんでしょ。 でも、全米であまり成績が芳しくなかったとか? 「うん。...
「デュプリシティ~スパイはスパイに嘘をつく~」(WOWOW) (映画鑑賞日記)
評価:★★ ストーリー(Yahoo!映画より) 以前イギリスのMI6所属の諜報員だったレイ(クライヴ・オーウェン)は、フリーランスの産業スパイに転身する。 彼はニューヨークでトイレタリー用品の新興企業エクイクロム社のために、宿敵B&R社を探るスパイ・チームの 一員と...
デュプリシティ~スパイは、スパイに嘘をつく~ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「フィクサー」のトニー・ギルロイが、監督兼脚本を務め、熾烈を極める大企業の新製品開発をめぐっての産業スパイ合戦に奔走する、男女スパイの一筋縄ではいかない恋愛模様を描いている。 物語:ニューヨークでは、トイレタリー企業の大手二社のバーケット・ランドル...
09-139「デュプリシティ スパイは、スパイに嘘をつく」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
悪巧みは楽しい  トイレタリー業界最大手の老舗メーカーB&R社と躍進めざましい新興企業エクイクロム社はシェアトップをめぐり、ライバル心むき出しの熾烈なせめぎ合いを繰り広げていた。  そんな中、B&RのCEOタリーが画期的な新製品を発売するという衝撃の情...
『デュプリシティ~スパイは、スパイに嘘をつく~』 (kuemama's_webryblog)
【DUPLICITY】 2009年/東宝東和/125分 【オフィシャルサイト】 監督:トニー・ギルロイ 出演:ジュリア・ロバーツ、クライヴ・オーウェン、トム・ウィルキンソン、ポール・ジアマッティ
デュプリシティ-スパイは、スパイに嘘をつく- (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「デュプリシティ-スパイは、スパイに嘘をつく-」監督:トニー・ギルロイ(『フィクサー』『ボーン・アルティメイタム』)出演:ジュリア・ロバーツ(『チャーリー・ウィルソンズ....
デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~ (心のままに映画の風景)
トイレタリー業界最大手の老舗メーカーB&R社CEOタリー(トム・ウィルキンソン)が、画期的な新製品を発売するという情報をキャッチしたライ...
「デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
未公開特集も動物特集も終わりで、 今回は、「今年劇場公開を見逃した作品」。 これも特集組めそうだなーーーーっ。
「デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~」 脚本家が演出をする弊害 (はらやんの映画徒然草)
原題の「DUPLICITY」というのは、「裏表二心あるということ」という意味だそ