躰道シーラカンスの整体体操

躰道を人生の道連にできるよう、健康体力の保持を願い「谷式健康体操」は、45年前初代祝嶺先生より許可、考案 20年で集大成

「躰道健康整体操講座」【1】

2021-11-20 | Facebook投稿

初日、入間市と協働事業「運動による心身の健康管理」躰道健康整体操講座実施、社会教育関係者の下で三密を避け体温計、アルコール消毒液等でコロナウイルス感染対策後。聞き慣れない「躰道」武道の紹介と説明。


身体の弱点に気づき真剣に向き合おうとする行動が、既に躰道です。

栄養、運動、睡眠、健康保持の為の3大要素に合わせ、護身、体育、生命保持が目標であ躰道。83歳の今日まで体験した一部分を話す。


中でも運動は適度と言う説明が多いが、基礎知識なく適度とは適当な運動になりかねない。

出来れば身体の状態や年代に合った適正、適切な運動法でなければならない、運動は諸刃の剣でもある事を説明する。中かでも栄養の取り過ぎ、飲み過ぎを運動に転嫁することの無いよう、話しを付け加える。

1日目は

からだの要になる腰痛予防とリハビリ

丹気膻運の呼吸と胸郭の運動で横隔膜を緩めストレス解消





両膝を胸元に引き寄せながら深く呼吸を吐く、起立筋と大臀筋のストレッチ




両膝を横に下ろし臍下丹田の呼吸で腸腰筋群を緩める




3動作を1セットとし、2度ほど繰り返しおこなって下さい。又、安静にまさるリハビリはないと言う事も有りです。

腰痛時には安静をおすすめしたい。


説明が長引き1時間ほどの実技で忙しい体操でしたが、参加して下さった皆さん爽やかなお顔になって、、、

23の質問を頂いた。

次回の体操に期待して下さった。当日、残念にも体調が悪く参加出来ない方が3名、次回参加できる事を祈りたい。



コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 小腰筋、大腰筋、外閉鎖筋の... | トップ | 4度目後期高齢者免許 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。