隊長のブログ

中国上海に2003年12月から2008年1月まで駐在。趣味はヒップホップダンス、ジャズダンス、旅行、映画、スポーツ観戦。

映画 Film126 『旅情』

2018年05月01日 | 映画

隊長が、これまでに観た「映画」を紹介するシリーズの第126回は、『旅情』をお送りします。


『旅情』(原題:Summertime)は、1955年に製作・公開されたイギリスとアメリカ合衆国の合作映画です。


ブロードウェイでヒットしたアーサー・ローレンツの戯曲『カッコー鳥の時節』の映画化作品。


脚本は小説家のH・E・ベイツと、監督も務めたデイヴィッド・リーンとが協力して行いました。


出演は、アメリカ人女優のキャサリン・ヘプバーン(Katharine Hepburn)と、イタリア人男優のロッサノ・ブラッツィ(Rossano Brazzi)。


あらすじは、38歳で独身のアメリカ人女性ジェーン(キャサリン・ヘップバーン)は、休暇でイタリア・ヴェネツィア(ベニス)を訪れます。


ホテルに落着いた彼女は、相手もなくたった一人で見物に出かけ、サン・マルコ広場のオープンカフェで一服します。


そこで出会った骨董屋の主人レナート(ロッサノ・ブラッツィ)と、つかの間の恋に落ちてゆくのですが。。。。


「旅情」というタイトルと、主演がキャサリン・ヘップバーンということしか知らない古い映画を観たいと思ったのは、昨年の7月にヴェネツィアに行った⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/163d8c37c4e8903b98aba1fee29e26e3 からです。


観光バスで、ヴェネツィア対岸のメストレと本島を結ぶ全長約4kmの「Ponte della Libertà (リベルタ橋)」を渡っている時に、添乗員さんがこの映画の話しをしてくれました。


「旅情」のオープニングは、ジェーンが乗ったオリエント急行の列車が、リベルタ橋を渡って、目的地のサンタ・ルチア駅へ向かうシーンです。


隊長たちは、バスでしたが、車窓からは並走するユーロスターの姿が見えました。


映画では、駅に着いたジェーンは、ホームからポーターに荷物を運んでもらいます。日本でも、1950年~60年代には、赤帽と呼ばれたポーターが、駅にいましたね、


サンタ・ルチア駅の外に出ると、各ホテルのベルマンが並び、自ホテルの名を叫んでいます。


日本では、今でも温泉旅館の番頭さんが、駅で自分の旅館の旗を持ち、お客様をお迎えしていますよね。


亡き祖母から聞いた話では、戦前に旅館を営業していた頃⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9b9ff1e016962cfd51c1ab830f76d004 には、駅前でお出迎えしていたそうです。


この映画にたびたび登場し、重要な役割となるゴンドラ、隊長も本場で乗りました⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/555fc016e6c7e73c99549d9b5a999245


ジェーンはマウロ(Mauro)という少年(子役)に、しばしば助けられますが、気になったのは、マウロが常に裸足だったこと。


『ローマの休日』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0c3c4c2db8ae25498a19232f24fff4fe にも書きましたが、1950年代中頃のイタリアは貧しかったのですね。


同じ敗戦国の日本ですが、昭和30年前後に裸足の子供は、もういなかったのではないでしょうか。


最も感動したのは、ラストのジェーンがレナートに別れを告げて、サンタ・ルチア駅からの列車に乗り込み、帰国の途についたシーンです。


最後の別れをと駅のホームに駆け付けたレナートですが、無情にも列車は動きだします。レナートは、何とかプレゼントを渡そうとするのですが、それもかなわず、二人にとって思い出のクチナシの花も手から落ちてしまいます。


列車の窓から体を乗り出し、ちぎれんばかりに手を振るジェーンでした。

 

隊長も、ヴェネツィアを去る時⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7b5ca8f9d96d8566306ab48cf51cf16a には、感傷的な気分になったことを思い出しました。


映画の全編に流れる音楽も、“大人の恋の物語” に相応しく素敵でした。

 

 

 

===「映画」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/226e9f0193a60e6a012384176360666f

Film1~110  省略

Film111 2017/8/30 『80間世界一周』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ab23e821ccfa349e7da22d24a25784cc

Film112 2017/9/4  『グッドモーニングショー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e376f43c308b544ad715a893b5b0eb82

Film113 2017/9/25 『ドリームガールズ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e734eb416068eb5159759d96017e1834

Film114 2017/10/17『マイノリティ・リポート』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c5cd75014ed2cc69360f2716da755fe7

Film115 2017/10/30『男はつらいよ 花も嵐も寅次郎』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f28d0086acf890738ad7ef195998959e

Film116 2017/11/7 『バリー・シール/アメリカをはめた男』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ee83a3aab9fb7a6854b1080794857de3

Film117 2017/11/13『キャストアウェイ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/48eee46263ceed4d067b4674d472bd50

Film118 2017/11/20『あん』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/859faf62079f34ba7fd011956cf4d5e7

Film119 2017/11/25『レインマン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8dfa58ec59fb5db95581bfb98b3efebd

Film120 2017/12/23『幸福の黄色いハンカチ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3f73270c48bb92bd8eea1bb9bb652705

Film121 2018/1/23 『トッツィー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/65dd7e0a5da164f301f44c980bed7519

Film122 2018/2/14 『ALWAYS 三丁目の夕日』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bfdd3cbb4b66440b781da88024774d28

Film123 2018/3/11 『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bbc62234017de250316fad2d85d1f3df

Film124 2018/3/25 『ユー・ガット・メール』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d44f396ca54984022a2045cb0fce87ee

Film125 2018/4/9  『テルマエ・ロマエ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4b4e7feb067db9bd82c810b06964865c

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 健康・病気 その66 『ヤクル... | トップ | グルメ 235食 『水戸黄門 西... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事