隊長のブログ

元商社マン。趣味:ヒップホップダンス、ジャズダンス、日舞(新舞踊)、旅行、映画、スポーツ観戦。阪神タイガースのファン。

上海城市新聞 Vol.10 『九寨溝・黄龍旅遊』(その2)

2012年04月07日 | 上海城市新聞

上海城市新聞 Vol.10 『九寨溝・黄龍旅遊』(その1)はこちら⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9625dee8a0cdb36604d8ab78feca7580

        

 =写真をクリックすると拡大画像が表示されます=

 

4日目:黄龍登山

 

九寨溝から黄龍までは距離約130Km,バスで3時間かけての移動です。黄龍は全長7.5Km、幅約350mの谷間、黄龍溝を中心に広がる風景名勝区です。平均海抜が3000mを超えるため、高山病予防にあらかじめ携帯酸素ボンベ缶を購入しました。

 

黄龍も自然保護のため入場が制限されていて、入場券を購入して入山します。黄龍近辺の地下水には炭酸カルシウムが大量に含まれているため、石灰質が湖底、湖岸に付着して独特の色合いを持つ風景を作り出しています。夏から秋にかけては、周囲の高山から流れ出した雪解け水がまるで棚田を上から下に流れおちるかのように見えます。高地のためか酸素を吸入しても、息切れがして苦しい思いがしましたが、美しい景色に心が癒されました。

 

午後5時30分に下山すると、休む間もなくバスに乗り込み、また移動です。黄龍から成都までの距離は約400Km、さすがに当日中に成都まで移動するのは難しく、途中に有る茂県の県城で1泊です。

 

バスは照明がまったくない、真っ暗な道を左右に蛇行しながら下って行きます。登山に疲れたのか、真っ暗で景色も見えないためか、乗客はみな眠っています。途中の休憩所でバスを降りると、前方に白いフサフサの毛をした大きなウマのような動物がいました。この動物はウマではなく、チベット高原に生息するウシ科の「ヤク」でした。

 

ホテルについたのは午後10時。それから夕食(夜食)です。ここは九寨溝と黄龍から成都へ行く道の途中にあるので、ホテルには深夜まで次から次へと観光バスが入ってきました。

 

 Cimg1117   

       【まるで棚田のような造形美】

 

 Cimg1170
  
 【珍しい白いヤク】  

 

 

5日目:都江堰観光、成都市内

 

5日目は茂県の県城から出発し、途中「都江堰(とこうえん)」で観光をして成都まで移動です。この日もバスの出発は7時30分と早朝で、引き続き山道を下ってゆきました。途中、あちこちでダム、道路、鉄道の工事をしていました。

 

昼食をして「都江堰」に到着したのは、13時でした。都江堰は成都の北西約50Kmにある古代の水利施設で、やはり世界文化遺産に登録されています。河の途中の中洲へ行くために、吊り橋を渡って移動します。ここでは、雄大な川の流れだけでなく、南北朝時代に建てられて「ニ王廟」がおすすめです。

 

「都江堰」観光が終わり、四川省最大の都市で省都である成都市に到着しました。この5日間でいったい何時間、バスの中で過ごしたでしょうか!

 

成都の夜は「川劇」と「変臉」を楽しみました。成都には、北京の京劇に対抗するように「川劇」があります。北京の劇なので「京劇」、四川の劇なので「川劇」というわけです。ホテルのポスターに「変臉」の英語訳で "Change Mask" となっていましたので、米国俳優のジム・キャリーが出演するのかと思っていたら(笑)、川劇の俳優が色とりどりの「くま取り」を早変わりしてみせる伝統芸能でした。

 

Cimg1177  

【世界遺産「都江堰」】

 

Cimg1207
【「川劇」変臉 "Change Mask"】

 

 

6日目:上海へ

 

最終日は成都市内観光後、綿陽へ移動しました。高速道路が整備されていて快適な移動でした。そして来たときと同様に、綿陽空港から上海虹橋空港へ飛行機で戻りました。

 

皆さんも機会がありましたら、ぜひ九寨溝・黄龍へいらしてください。_________________________________________________________________________________

バックナンバー一覧http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/e4fee696c4bcd0d9e4bfd0b78bb8ea42

Vol.1 2005年 2月21日発行「2年目の春節」             Vol.2 2005年 3月23日発行「衛星放送屋さん」
Vol.3 2005年 5月10日発行「上海の室内スキー場」    Vol.4 2005年 6月24日発行「ベンツのタクシー」
Vol.5 2005年 8月 1日発行「コンビニ戦争」              Vol.6 2005年 9月23日発行「地下鉄値上げ」
Vol.7 2005年11月 7日発行「崇明島遊覧」               Vol.8 2005年12月23日発行「聖誕快楽」                                            Vol.9 2006年 4月22日発行「面包車」

__________________________________________________________________________

この記事を配信してから5年半が過ぎました。その間、2008年5月には「四川大地震」があり隊長が訪問した場所も大きな被害を受けました。現在は、復興していることを祈っています。

 

次回の「上海城市新聞」は2007年2月1日発行の『昆明旅遊』です。お楽しみに!

 


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 上海城市新聞 Vol.10 『九寨... | トップ | ブログ その7 『清明節(日本... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

上海城市新聞」カテゴリの最新記事