隊長のブログ

中国上海に2003年12月から2008年1月まで駐在。趣味はヒップホップダンス、ジャズダンス、旅行、映画、スポーツ観戦。

映画 Film151 『網走番外地 南国の対決』

2019年12月16日 | 映画

隊長が、これまでに観た「映画」を紹介するシリーズの第151回は、『網走番外地 南国の対決』をお送りします。

 


「網走番外地シリーズ」は、1965年から1967年にかけて、製作・配給:東映、原作:伊藤一、監督・脚本:石井輝男、主演・高倉健で公開された全10作の仁侠映画(ヤクザ映画)です。


同シリーズの第6弾が、『網走番外地 南国の対決』で、公開は1966年8月。


共演者は、嵐 寛寿郎、千葉真一、谷隼人、吉田輝雄、河津清三郎、二本柳 寛、田中邦衛、大原麗子、ほか。


あらすじ:竜神一家のために命を張って、網走刑務所に送り込まれた橘真一(高倉健)は、出所の日に破門状を突き付けられました。先代親分が沖縄で事故死し、関森が強引に跡目を継いだらしい。


何か裏がありそうだ、そう考えた橘は直ちに囚人仲間の大槻(田中邦衛)と、北海道から沖縄へ向いました。神戸から沖縄に向かう途中の船で、橘は母を探して沖縄へ渡る少年・一郎と、南(吉田輝雄)と言う男と知り合いました。


沖縄に着き船から降りた途端、橘はパスポートを一郎にすられてしまいます。そのパスポートを拾ったのは、関森の秘密を握る佐竹(谷隼人)の女・夏子(大原麗子)でした。


橘は夏子から、南が豪田一家の殺し屋でありまた、竜神一家の二代目を継いだ関森が豪田(河津清三郎)と手を結んで、こともあろうに先代親分と関係の深ったギボ建設を潰そうとしていることを知らされて。。。。


感想:隊長には、50歳を過ぎてから晩年までの健さんの印象が強いのですが、この映画が公開された時は、35歳。まさに、脂がのっている頃の健さんが、画面の中で暴れ回っています。当時、健さんの映画を観終えた男たちが、映画館を出て来る時に、健さんの様な仕草で出て来ると云われたそうです。家庭のテレビの小さな画面ではなく、スクリーンの中の姿を観たら、その様な気持ちになったことが改めて分かりました。


今なら、“反社会的勢力”と云うことで、仁侠映画は作りづらくなっていると思いますが、当時の健さんの人気は並外れたものだったのでしょう。今聴いても、映画の中で健さん本人が歌う主題歌「網走番外地」骨太の曲ですね。


ただ、ストーリー展開は雑と言わざるを得ません。僅か2年間の間にシリーズ10作を撮ったのですから、細かいところまでストーリーを考証・検証する余裕などなかったのでしょう。


1966年と言えば、まだ沖縄は米軍占領下です。その頃の那覇の様子などがロケ  されていて、歴史的にも貴重な映像といえるのではないでしょうか。


最後になりますが、『網走番外地 南国の対決』に出演していた多くの方が、鬼門に入っています;


高倉健、嵐 寛寿郎、河津清三郎、二本柳 寛、大原麗子、ほか(敬称略)。


亡くなられた皆さんのご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

 


尚、「隊長のブログ」では、健さんが出演する映画を、これで13本紹介したことになります。詳細は、こちらをご参照下さい⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/87d8db4720da5f32ebd38dca0955a502

 


===「映画」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/226e9f0193a60e6a012384176360666f

Film1~140  省略

Film141 2019/4/17 『芳華-Youth-』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ba7c3d70185efca9a6a2548e2349c814

Film142 2019/5/5  『男はつらいよ 寅次郎恋やつれ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3d7b8668b52cea8fc68dc2ef910322e3

Film143 2019/5/19 『コラテラル』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d5f083dad2dfff12ddda9a2c1ef46b2e

番外編  2019/5/31 『訃報:降旗康男監督』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/788dfef3a9feda5273c9cb83a1b2c0a0

Film144 2019/6/11 『The Crossing -ザ・クロッシング- PartI』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/849e6b791556b4146f769632abbc9c5a

Film145 2019/6/19 『スティング』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4f4577d7ea995b940026fa793953ecea

Film146 2019/6/25 『The Crossing -ザ・クロッシング- Part II』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f2e6de828b75a52aec7f61f0a3b670f7

Film147 2019/8/31 『ロケットマン』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/181e562234e904a24b783105a5a56387

Film148 2019/9/12 『SHADOW/影武者』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5e2e616b5d1912cd493c64d1cfe9cfbd
1965
Film149 2019/9/29 『無宿(やどなし)』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/588d633d181aa89ced0e7e5a5baf9484

Film150 2019/10/5 『さらば、わが愛/覇王別姫』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b8f2483904c252b83ad163625b9f1258  

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 音楽 96曲 『石川さゆり 「天... | トップ | 猛虎通信 Vol.112 『2019年の... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事