隊長のブログ

中国上海に2003年12月から2008年1月まで駐在。趣味はヒップホップダンス、ジャズダンス、旅行、映画、スポーツ観戦。

上海城市新聞 Vol.29 『6年ぶりの上海』 (その5)

2019年07月22日 | 上海城市新聞

上海城市新聞 Vol.29 『6年ぶりの上海』(その4) ⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/faa8ab245c911ccff8c5075b8b103d4a


旅の2日目、長蛇の行列を通過して、駐車場に到着してから約1時間半後に、やっと「上海迪士尼乐园(上海ディズニーランド)」(略称:SHDL)に入園することが出来ました。


SHDLは、総面積は、約390haで、「東京ディズニーリゾート」の約2倍の広さの中に、米奇大街(ミッキー・アベニュー)、奇想花園(ガーデン・オブ・イマジネーション)、夢幻世界(ファンタジーランド)、宝蔵湾(トレジャー・コーブ)、探険島(アドベンチャー・アイル)、明日世界(トゥモローランド)、玩具総動園(トイ・ストーリーランド)、の7つのテーマのエリアがあります。


「米奇大街」を抜け、最初に「宝蔵湾」に向かいました。ところが、人気アトラクションは、どこも90分以上の待ち時間です。そこで、「风暴来临:杰克船长之惊天特技大冒险(アイ・オブ・ザ・ストーム:ジャック・スパロウ海賊船長のスタント・スペキュタクラー)」のショーを観ることに。11時15分の開演ですが、10時半には列に並びます。


劇場内に入ると、先ずは、観客は立ったまま、2階のベランダをステージにしたプレショーを20分ほど観ます。


そして、椅子に着席すると、スタント・ショーが始まります。


セリフは、全て中国語、字幕もないので、ストーリーを完全に理解するのは、かなり難しかったです。しかし、スタントの完成度は高く、見ごたえがありました。


その後、「奇幻童話城堡(エンチャンテッド・ストーリーブック・キャッスル)」の中を通り抜けて、「夢幻世界」へ。このお城、高さ60mで、他のディズニーパークにあるお城の中で、一番高いそうです。


「夢幻世界」の中では、待ち時間が30分と比較的短い「小飞侠天空奇遇(ピーターパン空の旅)」のアトラクションを楽しみました。

 


12時半を過ぎていて、小腹を満たすためにスタンドで売っていた“焼きトウモロコシ”を買いましたが、お値段はなんと35元(約550円)。中国の地方都市に行くと、街角で1元で売っている物が。。。おまけに、不味い!


次に、13時15分開演の「冰雪奇緣(アナと雪の女王)」のミュージカルを観ました。セリフと歌は、中国語ですが、知っているストーリーなので、楽しめました。この日は、夏休みなので、子供達が多く、一緒になって「随它吧(レット・イット・ゴー)」の曲を口ずさんでいたり、ステージと観客席の一体感がありました。

 

 


★続きは 『6年ぶりの上海』 (その6)で★

 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 上海城市新聞 Vol.29 『6年ぶ... | トップ | スポーツ No.170 『鶴竜 7場... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ゆうみ)
2019-07-22 22:49:28
hello やってきました。
Unknown (taichou-san2014)
2019-07-22 23:12:48
ゆうみさん
ソネブロから、お越し頂き、ありがとうございます。

コメントを投稿

上海城市新聞」カテゴリの最新記事